金融機関では、クラウドサービスの利用促進やモバイル端末の普及、AI(人工知能)などの技術革新、IoT機器の導入検討が進んできました。こうしたIT戦略の重要性が一段と高まっているなか、セキュリティ面の対策強化は避けて通れない課題です。2017年に金融庁が実施した2度目のサイバー演習、日本銀行が対策強化や体制整備を促して、金融機関に警鐘を鳴らす一方で、新たなサイバー犯罪が猛威を振るっています。
そこで、本セミナーでは金融機関が対策を講じるために必要な製品・ソリューションについて金融機関の採用事例を交えて紹介します。

会期
2018年2月6日(火)
時間
10:00~16:10 (9:30受付開始)
会場
受講料
無料
申込締切
2月5日(月)15:00
定員
60人(先着順・事前登録制、定員になり次第締め切り)
受講資格
金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません
主催
共催
協賛
プロット、マクニカネットワークス、エムオーテックス、エンカレッジ・テクノロジ、ラネクシー(講演順)
お申し込み受付は終了しました。

セミナースケジュール

※講演タイトル、講師等は予告なく変更する場合があります。予めご了承下さい。

10:00
|
11:00
デモで分かる!最新の防御トレンド「ファイル無害化」と「分離環境下のファイル交換」
詳細を表示

地方自治体を中心に、標的型攻撃への対策として急速に浸透し始めた「ネットワーク分離」。しかし分離した後に、必ず発生するネットワーク間でのファイルの交換をいかに安全にできるかが重要になります。重要ネットワークを守る最新の防御手法の一つである「ファイルの無害化」のデモを交えながら、安全なファイル交換手法をご紹介いたします。

(株)プロット
常務取締役
坂田 英彦
11:10
|
12:10
急増するSSL通信悪用の脅威~情報資産を守るための重要なポイントとは~
詳細を表示

近年、Webサイトの約半数以上がSSLによって暗号化されるほどSSL通信は普及しています。しかし、それを逆手にとったサイバー攻撃が急増していることも事実です。本セッションでは、SSL通信を悪用した攻撃の実態をご紹介し、既に導入済みのセキュリティ製品のパフォーマンスを落とさずに対策するポイントを、金融機関の事例を交えてご説明します。

マクニカネットワークス(株)
Symantec事業統括部 担当
田中 優作
中野 悟
12:10
|
13:00
昼 食(ご用意しております)
13:00
|
14:00
なぜサイバーセキュリティにAIソリューションを採用したのか?
詳細を表示

セキュリティ対策は「多層防御」という考え方が当たり前になりました。しかしながら、リソース面・スキル面が不足している我々の様な小規模兼任CSIRTでは理想的な多層防御の実現には「コスト」・「マンパワー」・「スキル」といった様々な課題があり、実現が難しいのが現実です。
攻撃者目線で現在のセキュリティトレンドの再検証を行い、それを踏まえて数ある対策の中からAIを活用したエンドポイントソリューション「Cylance Protect」を採用した理由とその導入効果をご紹介します。

エムオーテックス(株)
経営企画本部 MOTEX-CSIRT
丸山 悠介
14:10
|
15:10
内外のセキュリティ脅威からシステムを守るネットワーク分離とアクセス管理の勘所
詳細を表示

今、巧妙化するサイバー攻撃や内部者・委託先の不正など多様化するセキュリティ脅威に対する根本対策としてネットワーク分離が注目されています。しかし多様なセキュリティ脅威から重要情報を守るには、単にインターネット環境を分離するだけでなく、アクセスレベルに応じた分離と個々のネットワークにおける適切なアクセス管理を徹底する必要があります。本セッションは、その考え方と対応ソリューションについて具体的に解説します。

エンカレッジ・テクノロジ(株)
事業推進部 取締役事業推進部長
日置 喜晴
15:10
|
15:30
コーヒーブレイク
15:30
|
16:10
金融セクターの厳格なセキュリティ要件を満たすITシステム監査ソリューション
詳細を表示

世界の金融機関は、多様化する情報セキュリティ脅威への対策とコンプライアンス準拠を定期的に証明するといった課題に迫られています。本セッションではこの課題を解決するための手段として、ITインフラ上のリソースに蓄積された様々な変更ログを一元管理し、セキュリティ情報や稼働情報などのレポートを自動生成することで、低コストで効率的なIT統制、セキュリティ監視を実現するソリューションをご紹介します。

(株)ラネクシー
第1ソフトウェア事業部 マネージャー
坂下 知宏

金融機関では、クラウドサービスの利用促進やモバイル端末の普及、AI(人工知能)などの技術革新、IoT機器の導入検討が進んできました。こうしたIT戦略の重要性が一段と高まっているなか、セキュリティ面の対策強化は避けて通れない課題です。2017年に金融庁が実施した2度目のサイバー演習、日本銀行が対策強化や体制整備を促して、金融機関に警鐘を鳴らす一方で、新たなサイバー犯罪が猛威を振るっています。
そこで、金融機関が対策を講じるために必要な製品・ソリューションについて金融機関の採用事例を交えて紹介します。

会期
2018年2月2日(金)
時間
10:00~16:30 (9:30受付開始)
会場
一般社団法人 大阪銀行協会 別館4階/第2研修室
大阪府大阪市中央区 谷町3-3-5
受講料
無料
申込受付期間
2月1日(木)15:00
定員
50人(先着順・事前登録制、定員になり次第締め切り)
受講資格
金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません
主催
共催
協賛
エムオーテックス、サイバーソリューションズ、エンカレッジ・テクノロジ、プロット (講演順)
お申し込み受付は終了しました。

セミナースケジュール

※講演タイトル、講師等は予告なく変更する場合があります。予めご了承下さい。

10:00
|
11:00
【基調講演】
金融機関におけるサイバー攻撃対応態勢について
詳細を表示

サイバー攻撃は、日々高度化・巧妙化が進んでおり、金融機関においてもサイバー攻撃対応態勢を整備することが求められています。各種統計や具体的事例を交えて最近のサイバー攻撃動向を紹介するとともに、FISCの「安全対策基準」や「コンティンジェンシープラン策定のための手引書」等の各種ガイドラインから態勢整備のための要点・考慮事項等について解説します。

公益財団法人 金融情報システムセンター
監査安全部 次長
亀水 宏次
11:10
|
12:10
沖縄銀行様で採用、次世代アンチウイルスの効果
詳細を表示

沖縄銀行様が採用されたAIを活用した次世代のエンドポイントセキュリティは従来のシグネチャーを用いません。
未知のマルウェアを防ぐには振る舞い検知、サンドボックスなどの技術が必要です。プロテクトキャット Powered byCylanceではAIを用いた実行前検知だけでなく、LanScope Cat Ver9.0との組み合わせでより効果的に活用頂けます。

エムオーテックス(株)
営業本部 営業推進部 部長
金子 大輔
12:10
|
13:00
昼 食(ご用意しております)
13:00
|
14:00
企業存続を脅かす標的型攻撃を根本的に阻止する新たなメールセキュリティ対策とは?
詳細を表示

金融・ITの融合が推進され多くの情報連携が進む中、同時に標的型攻撃やランサムウェア等のサイバー攻撃も多発し、世界的に被害が増加しています。 既に従来型の対策では攻撃阻止することは難しく、金融機関においても、今後、新たなる対策が求められています。先般の自治体強靭化向上対策からの多くのノウハウ、 また、既に先行する金融機関の事例も交えて、インターネット分離“メール無害化”で情報基盤の強化策をご提案します。

サイバーソリューションズ(株)
クラウドセールスグループ グループマネージャー
國分 隆博
14:10
|
15:10
内外のセキュリティ脅威からシステムを守るネットワーク分離とアクセス管理の勘所
詳細を表示

今、巧妙化するサイバー攻撃や内部者・委託先の不正など多様化するセキュリティ脅威に対する根本対策としてネットワーク分離が注目されています。しかし多様なセキュリティ脅威から重要情報を守るには、単にインターネット環境を分離するだけでなく、アクセスレベルに応じた分離と個々のネットワークにおける適切なアクセス管理を徹底する必要があります。本セッションは、その考え方と対応ソリューションについて具体的に解説します。

エンカレッジ・テクノロジ(株)
事業推進部 取締役事業推進部長
日置 喜晴
15:10
|
15:30
コーヒーブレイク
15:30
|
16:30
デモで分かる!最新の防御トレンド「ファイル無害化」と「分離環境下のファイル交換」
詳細を表示

地方自治体を中心に、標的型攻撃への対策として急速に浸透し始めた「ネットワーク分離」。しかし分離した後に、必ず発生するネットワーク間でのファイルの交換をいかに安全にできるかが重要になります。重要ネットワークを守る最新の防御手法の一つである「ファイルの無害化」のデモを交えながら、安全なファイル交換手法をご紹介いたします。

(株)プロット
常務取締役
坂田 英彦

金融機関では、クラウドサービスの利用促進やモバイル端末の普及、AI(人工知能)などの技術革新、IoT機器の導入検討が進んできました。こうしたIT戦略の重要性が一段と高まっているなか、セキュリティ面の対策強化は避けて通れない課題です。2017年に金融庁が実施した2度目のサイバー演習、日本銀行が対策強化や体制整備を促して、金融機関に警鐘を鳴らす一方で、新たなサイバー犯罪が猛威を振るっています。
そこで、金融機関が対策を講じるために必要な製品・ソリューションについて金融機関の採用事例を交えて紹介します。

会期
2018年2月27日(火)
時間
10:00~16:30 (9:30受付開始)
会場
一般社団法人名古屋銀行協会
愛知県名古屋市中区丸の内2-4-2
受講料
無料
申込受付期間
1月25日(木)9:00~2月26日(月)15:00
定員
60人(先着順・事前登録制、定員になり次第締め切り)
受講資格
金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません
主催
共催
協賛
サイバーソリューションズ、プロット、エムオーテックス、エンカレッジ・テクノロジ (講演順)
お申し込み受付は終了しました。

セミナースケジュール

※講演タイトル、講師等は予告なく変更する場合があります。予めご了承下さい。

10:00
|
11:00
【基調講演】
金融機関におけるサイバー攻撃対応態勢について
詳細を表示

サイバー攻撃は、日々高度化・巧妙化が進んでおり、金融機関においてもサイバー攻撃対応態勢を整備することが求められています。各種統計や具体的事例を交えて最近のサイバー攻撃動向を紹介するとともに、FISCの「安全対策基準」や「コンティンジェンシープラン策定のための手引書」等の各種ガイドラインから態勢整備のための要点・考慮事項等について解説します。

公益財団法人 金融情報システムセンター
監査安全部 サイバーセキュリティ対策室 室長
三好 克幸
11:10
|
12:10
企業存続を脅かす標的型攻撃を根本的に阻止する新たなメールセキュリティ対策とは?
詳細を表示

金融・ITの融合が推進され多くの情報連携が進む中、同時に標的型攻撃やランサムウェア等のサイバー攻撃も多発し、世界的に被害が増加しています。 既に従来型の対策では攻撃阻止することは難しく、金融機関においても、今後、新たなる対策が求められています。先般の自治体強靭化向上対策からの多くのノウハウ、 また、既に先行する金融機関の事例も交えて、インターネット分離“メール無害化”で情報基盤の強化策をご提案します。

サイバーソリューションズ(株)
代表取締役社長
秋田 健太郎
12:10
|
13:00
昼 食(ご用意しております)
13:00
|
14:00
デモで分かる!最新の防御トレンド「ファイル無害化」と「分離環境下のファイル交換」
詳細を表示

地方自治体を中心に、標的型攻撃への対策として急速に浸透し始めた「ネットワーク分離」。しかし分離した後に、必ず発生するネットワーク間でのファイルの交換をいかに安全にできるかが重要になります。重要ネットワークを守る最新の防御手法の一つである「ファイルの無害化」のデモを交えながら、安全なファイル交換手法をご紹介いたします。

(株)プロット
常務取締役
坂田 英彦
14:10
|
15:10
沖縄銀行様で採用、次世代アンチウイルスの効果
詳細を表示

沖縄銀行様が採用されたAIを活用した次世代のエンドポイントセキュリティは従来のシグネチャーを用いません。
未知のマルウェアを防ぐには振る舞い検知、サンドボックスなどの技術が必要です。「プロテクトキャット Powered byCylance」ではAIを用いた実行前検知だけでなく、「LanScope Cat Ver9.0」との組み合わせでより効果的に活用頂けます。

エムオーテックス(株)
営業本部 中部営業部 部長
西島 修
15:10
|
15:30
コーヒーブレイク
15:30
|
16:30
内外のセキュリティ脅威からシステムを守るネットワーク分離とアクセス管理の勘所
詳細を表示

今、巧妙化するサイバー攻撃や内部者・委託先の不正など多様化するセキュリティ脅威に対する根本対策としてネットワーク分離が注目されています。しかし多様なセキュリティ脅威から重要情報を守るには、単にインターネット環境を分離するだけでなく、アクセスレベルに応じた分離と個々のネットワークにおける適切なアクセス管理を徹底する必要があります。本セッションは、その考え方と対応ソリューションについて具体的に解説します。

エンカレッジ・テクノロジ(株)
事業推進部 取締役事業推進部長
日置 喜晴

金融機関では、商品の多様化や事務の複雑化が大きな課題となっています。そうしたなか、長時間労働の是正や個々の生産性を向上させる「働き方改革」への取り組みが進んでいます。当セミナーではDM等の封入・発送業務の合理化から、遠隔コミュニケーションによる顧客接点強化、セキュアなモバイル活用、A I融資・審査システム等、各種業務の自動化・効率化による営業支援施策について金融事例を交えて紹介します。

会期
2018年2月20日(火)
時間
10:00~15:20 (9:30受付開始)
会場
受講料
無料
申込受付期間
1月19日(金)9:00~2月19日(月)15:00
定員
60人(先着順・事前登録制、定員になり次第締め切り)
受講資格
金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません
主催
共催
協賛
ピツニーボウズジャパン、VidyoJapan、楽天コミュニケーションズ、レコモット、竹橋経営コンサルティング (講演順)
お申し込み受付は終了しました。

セミナースケジュール

※講演タイトル、講師等は予告なく変更する場合があります。予めご了承下さい。

10:00
|
11:00
封入・発送業務の合理化が実現する金融機関の働き方改革
詳細を表示

金融機関による各種通知物の発送業務は残り続けており担当者の大きな負担となっている一方で業務省力化が求められている。しかし単に労働時間短縮だけでは組織力の向上が見込めない。本セッションでは、発送業務のシステム化による誤送付対策や送付履歴の記録によるコンプライアンス対策だけでなく、複数の通知物やDMの同梱による郵送費削減と販促の場としての活用についても提言し、働き方改革を後押しするソリューションについて解説します。

ピツニーボウズジャパン(株)
SMBソリューションズ本部 ディレクター
堀内 朗
11:10
|
12:10
「収益を早急に向上せよ」顧客接点強化の最後の砦:欧米に見る遠隔ビデオコール戦略の勘所
詳細を表示

顧客のライフスタイルや日本の人口構造が徐々に変化する中で、金融機関の営業戦略も大きく変えざるを得ない状況です。欧米の金融機関では数年前より非対面チャネル、特にビデオコールによる顧客接点の変革が進んでおり、顧客・店舗収益向上に大きく貢献し始めています。本セッションでは世界トップの金融機関から小規模な信用金庫まで、ビデオコール利用の戦略立案の背景や導入の成果、構築のポイントについてご紹介します。

VidyoJapan(株)
代表
垣貫 己代治
12:10
|
13:00
昼 食(ご用意しております)
13:00
|
14:00
金融機関における働き方改革を推進するワークスペースのモビリティとセキュリティ
詳細を表示

働き方改革には欠かせないモバイル活用。どこでも仕事をするためには、社内の様々なシステムにセキュアにアクセスできる環境の整備と、ビジネスコミュニケーションツールの活用が重要です。今回は金融機関への導入実績も多く、端末に業務情報が残らないセキュアMAM【moconavi】と、通話サービス【モバイルチョイス“050”】との連携により、顧客の課題を解決した事例についてご説明致します。

楽天コミュニケーションズ(株)
IPコミュニケーションビジネス部 マネージャー
神谷 昌呂

(株)レコモット
代表取締役CEO
東郷  剛
14:00
|
14:20
コーヒーブレイク
14:20
|
15:20
企業の資金繰り計画から財務改善までを自動化! ~B/S改善AIシミュレーションツールの紹介
詳細を表示

弊社は政府系金融機関出身者で構成し、資金繰りを中心に10年間、企業と深い対話をしてきました。その中で特許取得のB/S・資金繰り改善AIシミュレーションツールICAROS-Vを開発しました。決算で業績に問題ないと見える企業でも、資金繰りは不安定です。また、中小企業の多くはB/Sが脆弱で、事業継続上のリスクを抱えています。金融機関の融資審査業務の最適化や、渉外担当者のスキル平準化を実現し、企業支援を円滑に行うための解決策をご紹介します。

(有)竹橋経営コンサルティング
取締役社長
古尾谷 未央

当セミナーでは、北國銀行専務取締役の杖村修司氏を招き同行の働き方改革をテーマに基調講演を行います。
各セッションでは、DM等の封入・発送業務の合理化から、A Iによる融資・審査システム、行職員の業務状況を把握するツールなど、各種業務の自動化・効率化による生産性向上への最適解について金融事例を交えて紹介します。

会期
2018年2月23日(金)
時間
10:00~15:00 (9:30受付開始)
会場
一般社団法人 大阪銀行協会 別館4階/第2研修室
大阪府大阪市中央区 谷町3-3-5
受講料
無料
申込受付期間
1月19日(金)9:00~2月22日(木)15:00
定員
50人(先着順・事前登録制、定員になり次第締め切り)
受講資格
金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません
主催
共催
協賛
ピツニーボウズジャパン、竹橋経営コンサルティング、ラネクシー (講演順)
お申し込み受付は終了しました。

セミナースケジュール

※講演タイトル、講師等は予告なく変更する場合があります。予めご了承下さい。

10:00
|
11:00
【基調講演】
北國銀行における働き方改革とビジネスモデルの変革について
詳細を表示

近年、生産性向上が叫ばれていますが、北國銀行は約10年前からその取組みを進めています。行内無線LANを整備し全行員にSurfaceとスマートフォンを配付、またグループウェアを活用することで業務の完全ペーパーレス化を実現しました。それにより時間と場所に縛られない働き方が可能となり、行員の労働時間は大幅に短縮、生産性は飛躍的に向上しています。生産性向上の真の目的、そして北國銀行が目指す姿をご紹介します。

(株)北國銀行
専務取締役
杖村 修司
11:10
|
12:10
封入・発送業務の合理化が実現する金融機関の働き方改革
詳細を表示

金融機関による各種通知物の発送業務は残り続けており担当者の大きな負担となっている一方で業務省力化が求められている。しかし単に労働時間短縮だけでは組織力の向上が見込めない。本セッションでは、発送業務のシステム化による誤送付対策や送付履歴の記録によるコンプライアンス対策だけでなく、複数の通知物やDMの同梱による郵送費削減と販促の場としての活用についても提言し、働き方改革を後押しするソリューションについて解説します。

ピツニーボウズジャパン(株)
SMBソリューションズ本部 ディレクター
堀内 朗
12:10
|
13:00
昼 食(ご用意しております)
13:00
|
14:00
企業の資金繰り計画から財務改善までを自動化! ~B/S改善AIシミュレーションツールの紹介
詳細を表示

弊社は政府系金融機関出身者で構成し、資金繰りを中心に10年間、企業と深い対話をしてきました。その中で特許取得のB/S・資金繰り改善AIシミュレーションツールICAROS-Vを開発しました。決算で業績に問題ないと見える企業でも、資金繰りは不安定です。また、中小企業の多くはB/Sが脆弱で、事業継続上のリスクを抱えています。金融機関の融資審査業務の最適化や、渉外担当者のスキル平準化を実現し、企業支援を円滑に行うための解決策をご紹介します。

(有)竹橋経営コンサルティング
取締役社長
古尾谷 未央
14:00
|
14:20
コーヒーブレイク
14:20
|
15:00
「働き方改革」をサポート! ログ管理で実現する「現状把握」と「業務改善」
詳細を表示

働き方改革を推進するためには、まず「現状把握」が必要になります。そのためには、テレワークなど働く場所・時間が多様化する環境でも、正確に業務状況を管理者が把握する課題があります。また把握できたとしても、生産性の向上や長時間労働の是正などの「業務改善」も大きな課題です。
このセッションではこれらの課題解決をサポートする方法として、操作ログを利用したソリューションをご紹介します。

(株)ラネクシー
第2ソフトウェア事業部 マネージャー
猪狩 大介