FITフォーラム

ホーム > FITフォーラム > 【2/26東京開催】顧客接点強化セミナー

FIT東京フォーラム
顧客接点強化セミナー
~デジタル化で創出するリレーションシップ~

 昨年末に話題を呼んだQRコード決済を始め、スマートフォンを起点とした金融サービスの拡大が勢いを増しています。デジタル化によって地域差が徐々になくなっていく中、金融機関の業務はどう変革していくべきなのでしょうか。
 本セミナーでは、従来からの課題であった“事務効率化”や“顧客情報活用の高度化”から、最新テクノロジー「AI(人工知能)」まで、顧客接点強化を目指す金融機関のためのソリューションについてご紹介します。

カテゴリ
FITフォーラム
受講資格
ONLY
金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません
イベント開催日
2019年02月26日 (火)
開始時間
開始時刻:10:00(受付00:30~)
終了時刻:16:30
会場
東京會舘LEVEL XXI(レベル21)
東京都千代田区大手町2-2-2 アーバンネット大手町ビル21F



■JR東京駅丸の内北口から徒歩5分 ■地下鉄 大手町駅・A5、B2a出口から徒歩1~5分 丸の内線/東西線/千代田線/半蔵門線/都営三田線 ※A5・B2a出口が便利です
申込締切
2019年02月25日 (月)17:00
受講料
無料
募集人数
80人 (先着順・事前登録制、定員になり次第締め切り)
主催
日本金融通信社(ニッキン)
共催
金融ジャーナル社

セミナースケジュール

※講演タイトル、講師等は予告なく変更する場合があります。予めご了承下さい。

09:55
開会のご挨拶
10:00
|
11:00
ローンナビシステム活用による営業力強化・ローコストオペレーションの実現について

 ローンナビシステム「LEASING PLUS」を活用し、「個人ローン業務の担い手拡大(営業力・顧客接点強化)」ならびに「電子サインによる申込・契約手続の完了」、「申込・契約書類等のペーパレス化・疎明資料の電子保管による営業店・本部の業務負担軽減」、「完全自動審査をはじめ手作業のシステム化による業務効率化」等のローコスト化への各種取組みについて導入事例を交えながらご紹介いたします。

(株)みちのく銀行
与信企画部 次長 安部 紀男

11:10
|
12:10
顧客接点で創出した情報をデータで蓄積し、
高い精度で収益機会に繋げる仕組みのご提案

 来店顧客との接点には自動受付発券機システム(Enterprise Serialna)を、法人顧客との接点では事業性評価のサポートシステム(Super Owl)と提案営業サポート(Super Woodpecker)を。
 そこから得られたデータを渉外活動の効率化に役立てるシステムにはSFA(セールス・フォース・オートメーション)ソフト、LaXiTera(ラクシテラ)をご提案します。

昌栄印刷(株)
社長室 社長室長 安芸 弘幸

日鉄日立システムエンジニアリング(株)
産業流通ソリューション第一事業部 柴谷 保幸

12:10 - 13:00
昼 食(ご用意しております)
13:00
|
14:00
AIを活用し顧客動向を捉えた
金融サービス高度化を実現するDXプラットフォーム

 マーケティングやカスタマーサービスなど、お客様と直接コミュニケーションする業務においてデジタル改革が加速しています。
 AIを活用して顧客情報や行動履歴を分析し、導出したネクストベストアクション(次にとるべき最適な行動)をチャネル横断で展開、一貫性のあるコミュニケーションを実現できるプラットフォーム、Pega Infinityについて、グローバル金融機関における先進事例を交えながらご紹介します。

ペガジャパン(株)
シニア ソリューション コンサルタント 金井 盛隆
営業部 部長 塩谷 亮
営業部 部長 嶋田 雅男

14:10
|
15:10
金融業界の営業を変革するセールス・イネーブルメント
-事例で見る営業活性化の手法-

 働き方改革が進む現在、金融業界においても営業スタイルの変革とともに、営業の効率化、営業担当者のスキルの向上、業務の標準化、そして担当者の早期育成が課題となっています。
 これらを解決に導き、現場の営業活動を円滑に進めるSalesTech/セールス・イネーブルメントを、導入事例とともにご紹介し、営業の活性化を実現に向けた取り組みのポイントを解説します。

アステリア(株)
ネットサービス本部 マーケティング部
エバンジェリスト 松浦 真弓

15:10 - 15:30
コーヒーブレイク
15:30
|
16:30
感情認識AIを活用した新たな顧客接点強化!
~「心sensor」で感情を解析~

 お客様が何かを決定する際に、「感情」は非常に重要な要素となります。また、近年ではAIによる画像認識技術の精度が上がり、映像から一瞬で様々な情報が特定できる時代になりました。
 画像から感情を認識できる感情認識AIを活用した新たな顧客接点強化策として、マーケティング調査から、コミュニケーションスキル向上のための表情トレーニングまで、当社で開発したサービスや事例を紹介します。

(株)シーエーシー
ビジネス統括本部 デジタルソリューションビジネスユニット デジタルITプロダクト部
セールスディレクター 丹治 由佳

ページ上部へ