FITフォーラム

ホーム > FITフォーラム > 【6/14大阪開催】セキュリティセミナー

FIT大阪フォーラム
セキュリティセミナー
~脅威に立ち向かう最新の取り組み~

 デジタル化の波は、効率化や利便性をもたらすととも、新たな脅威も運んできました。金融界では一層のセキュリティ強化が求められています。
 本セミナーでは、こうした脅威に対抗する最新の取り組みを事例を交えて紹介します。
 また、基調講演に金融庁 サイバーセキュリティ対策企画調整室の稲田拓司氏を迎え、「金融分野におけるサイバーセキュリティ強化に向けた取組方針」のアップデートの背景など詳しく解説頂きます。

カテゴリ
FITフォーラム
受講資格
ONLY
金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません
イベント開催日
2019年06月14日 (金)
開始時間
開始時刻:10:00(受付09:30~)
終了時刻:16:30
会場
一般社団法人 大阪銀行協会 別館4階/第2研修室
大阪市中央区谷町3-3-5



■地下鉄谷町線・中央線 谷町四丁目駅
 6番出口すぐ
申込締切
2019年06月13日 (木)15:00
受講料
無料
募集人数
50人 (先着順・事前登録制、定員になり次第締め切り)
主催
日本金融通信社(ニッキン)
共催
金融ジャーナル社
協賛
クオリティア
エムオーテックス
トレンドマイクロ
ラネクシー
(講演順)
終了しました

セミナースケジュール

※講演タイトル、講師等は予告なく変更する場合があります。予めご了承下さい。

09:55
開会のご挨拶
10:00
|
11:00
【基調講演】
金融分野のサイバーセキュリティ強化に向けた金融庁の取組み

 金融庁では、デジタライゼーションの急速な進展や2020年オリンピック・パラリンピック東京大会の開催等、金融機関のサイバーセキュリティを巡る環境変化に対応するため、2018年10月、「金融分野におけるサイバーセキュリティ強化に向けた取組方針」をアップデートしました。
 本講演では、アップデートに至った背景のほか、アップデートによって当局の目線はどう変わったのか、詳しく説明します。

金融庁 総合政策局 秘書課 情報企画調整官
兼 総合政策局 総合政策課 サイバーセキュリティ対策企画調整室
稲田 拓司

11:10
|
12:10
金融機関が持っている情報を狙う
「標的型メール攻撃」から身を守る独自技術のご紹介

 昨今、パスワードを掛けた添付ファイルに悪意あるコードを組み込み、全セキュリティチェックを無力化する攻撃が増加。自社がダイレクトに狙われるケースや自社を踏み台として攻撃するケースも無視できません。
 本講演では、まずパスワードファイルを解凍し、サンドボックスを適用してからクライアントに取り込むことで感染を未然に防ぐ業界唯一の対策に加え、一般の行職員でも怪しいと気付ける機能をご紹介。金融機関の実際の運用例を交えてお話します。

(株)クオリティア
営業本部 ソリューション営業部
部長 辻村 安徳

12:10 - 13:00
昼 食(ご用意しております)
13:00
|
14:00
Windows10時代にベストマッチ!
~エンドポイントの統合管理とは?~

 セキュリティ対策は「多層防御」が当たり前になりました。しかし多層防御の実現には「コスト」「マンパワー」「スキル」といった様々な課題があり、実現が難しいとされています。
 地方銀行が運用するAIを活用したエンドポイントソリューション「Cylance Protect」の採用理由と導入効果について具体的に解説。更にWindows10からのPC管理~セキュリティまで統合管理の観点も踏まえてご紹介します。

エムオーテックス(株)
マーケティング本部
部長 山岸 恒之

14:10
|
15:10
2020年に向け金融機関に求められるサイバーセキュリティ対策の見直しについて

 2020年に向けて、ますますサイバーセキュリティ対策の実装および見直しについて、関心が高まっています。
 本セミナーでは、これまでの業界動向を踏まえながら、サイバー攻撃に着目したリスク評価、弊社製品を活用した外部情報の活用ならびに脆弱性の対応を中心に、サイバーセキュリティ対策の高度化について説明します。

トレンドマイクロ(株)
業種営業推進部 金融営業推進グループ
伊藤 祐樹

15:10 - 15:30
コーヒーブレイク
15:30
|
16:30
今だからこそ情報漏洩対策の基本を抑える。
証跡管理&DLPソリューション

 金融業界において様々な情報漏洩リスクがありますが、依然として内部要因による情報漏洩は大きな脅威です。
 内部漏洩の予想から金融企業が行うべきセキュリティ対策として利便性と安全性の両立を実現し、多数の導入実績を持つ最新の「証跡管理&DLPソリューション」とその活用方法をご紹介します。

(株)ラネクシー
第2ソフトウェア事業部
チームリーダー 清水 勇佑
チームリーダー 前田 智治

終了しました
ページ上部へ