FITフォーラム

ホーム > FITフォーラム > 【7/28開催 セキュリティ】FITフォーラムonウェビナー

FITフォーラムonウェビナー
セキュリティセミナー
システム安定に向けた最新の防衛事情

  サイバー攻撃の高度化・複雑化が進む中、サイバーセキュリティの確保は金融システム全体の安定のために喫緊の課題となっています。デジタライゼーションの加速度的な進展を踏まえた対応が求められています。
 本セミナーでは、システムの防御能力を検証し、セキュリティーに対する認識向上への取り組みのほか、最新のマルウェアに対する理解を深め、ログ活用や可視化による対応についてお話します。

カテゴリ
FITフォーラム
受講資格
ONLY
金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません
イベント開催日
2020年07月28日 (火)
開始時間
開始時刻:10:00(受付09:30~)
終了時刻:17:20
会場
7月27日(月)に、ご登録メールアドレス宛に視聴用URLをお送りします。
セミナー開始時刻になりましたら、視聴用URLへアクセスして下さい。
※視聴のために、ソフトウェアをダウンロードする必要はございません。
※このページ下部にある推奨環境をご確認下さい。

当日は、セミナー画面にアンケートを用意しておりますので、ご協力をお願いします。

FAXでのお申し込みを希望される方は、下記のリンクより申込書(PDF)をダウンロードして、記載のFAX番号までお送り下さい。

FAXでのお申し込みはこちら

お申し込みは、このページからも可能です。
下の「申し込み」ボタンより、お申し込み下さい。




申込締切
2020年07月27日 (月)12:00
受講料
無料
募集人数
50人 (先着順・事前登録制、定員になり次第締め切り)
主催
日本金融通信社(ニッキン)
共催
協賛
クオリティア、キーサイトテクノロジー、トレンドマイクロ、
電通国際情報サービス、インフォサイエンス、エムオーテックス(配信順)
終了しました

セミナースケジュール

※講演タイトル、講師等は予告なく変更する場合があります。予めご了承下さい。

10:00
|
10:50
サンドボックスを使った最新の標的型メール攻撃対策と金融での活用事例

 緊急事態宣言の解除後、リモートワークを推進する環境においてコミュニケーションの基本になっているメールのセキュリティがとても重要になっています。
 近年、日本の商習慣に合わせてわざわざパスワード付き添付ファイルで攻撃を仕掛け、全セキュリティチェックを無力化する攻撃が増加。パスワードファイルを解凍しサンドボックスを適用、感染を未然に防ぐ業界唯一の方法と、一般の行職員でも“怪しい”と気付ける機能を分かりやすくご紹介。金融機関の運用例も交えてお話します。

(株)クオリティア
営業本部ソリューション営業部
部長 辻村 安徳

11:10
|
12:00
先回り防御とセキュリティ対策の有効性評価でリスクを軽減する方策とは

 コロナ禍に乗じたサイバー攻撃の増加により、組織のセキュリティリスクが一層高まっています。また、リモートワークの普及に伴い、シャドーIT問題、通信経路の変化、社員が普段とは違う行動になりがちになる、といった課題を抱える企業が増えています。このような状況で組織のセキュリティを強化するには、ネットワークセキュリティという観点からの出入口対策の強化や、組織のセキュリティ防御能力がきちんと機能しているかを自動的・継続的に検証して、改善点があれば直すという施策が有効です。
 本セミナーでは、これらの施策を通してセキュリティ運用効率を向上させる施策について説明いたします。

キーサイト・テクノロジー(株)
キーサイト グローバル マーケティング
マーケット イニシアティブ マネージャー
小圷 義之

13:00
|
13:50
金融機関様向けテレワーク環境下のリスクと最新エンドポイントセキュリティのご紹介

 新型コロナウイルスの影響を受け、金融分野においても急速にテレワーク環境が浸透しつつあります。
 一方で金融機関においてはそのネットワーク構成から特有の課題が存在します。本セッションではトレンドマイクロの金融分野での取組とご支援メニューに加え、金融機関のテレワーク環境におけるリスクおよび対処方法について弊社のソリューションと合わせてご紹介いたします。

トレンドマイクロ(株)
業種営業推進部 エキスパートグループ
伊藤 祐樹

14:10
|
15:00
人の脆弱性をつく攻撃に対応する為には?
人から始まる新しいセキュリティ対策とは

 サイバー攻撃の発生リスクは拡大の一途を辿り、その手口も年々複雑化・巧妙化しています。一方、これらの被害を受ける側にも「油断」があります。少し慎重に対処していれば、避けられた被害も少なくありません。
 セキュリティリスクの認識(Awareness)を向上させ、セキュリティ「文化」を醸成するにはどのようにしたらよいか。世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4社も交えてご説明します。

(株)電通国際情報サービス
金融ソリューション事業部
営業ユニット営業企画部
戦略アライアンスグループ
主査 赤澤 卓真


KnowBe4 Japan(同)
日本代表マネージングディレクター
根岸 正人

15:20
|
16:10
ログを活用したサイバー攻撃対策。
金融業界で必要とされる統合ログ管理とは

 サイバー攻撃は、入口・出口対策やアンチウイルスソフトなどによる防御・検出だけでは完全に防ぐことができないため、侵入を前提とした対策が必須です。金融機関でも侵入の早期発見としてSIEM(ログ管理)が注目され導入検討が進められていますが、その運用の難しさから自社内での運用を断念される事例が数多くでてきております。
 情報システム部門にて運用管理できるログ活用方法の具体的な課題と解決策をご紹介いたします。

インフォサイエンス(株)
プロダクト事業部 サイバーセキュリティコンサルティングチーム
シニアコンサルタント
堀江 翼

16:30
|
17:20
金融機関で238%増加?!
コロナに便乗したサイバー攻撃に最小工数で対抗する方法

 調査結果によると、新型コロナウイルスが急拡大した2~4月にかけて、金融機関を狙ったサイバー攻撃が238%も急増したと言われています。
 その中でも昨今猛威を振るっているのがマルウェア「Emotet(エモテット)」。
 今回は最恐のマルウェアともいわれるこのEmotetの危険性を解説し、対策の強化につながるヒントをお伝えします。またテレワーク環境下での課題対策全般についてもお伝えします。

エムオーテックス(株)
マーケティング本部 マーケティング部
部長 山岸 恒之

視聴環境

ご利用のPCやスマートフォン、タブレット端末がFITウェビナーの視聴に対応しているかは、下記ボタンより動作確認ページへアクセスし確認できます。
動作確認ページで再生試験用動画を再生できれば、FITウェビナーの視聴が可能です。
再生できない場合は、確認ページ下部のFAQをご参照下さい。

FITウェビナー・プレーヤ動作確認ページ

また、詳細なシステム要件や必要な回線速度などは、こちらからご確認下さい。


受講画面のイメージ

※画面は開発中のため変更される可能性があります。

セミナー映像には、講師およびスライド画面が表示されます。
また、セミナー中にチャット欄を使用し、匿名の質問などが可能です。

終了しました
ページ上部へ