FITフォーラム

ホーム > FITフォーラム > 金融機関のためのデジタル改革フォーラム

金融国際情報技術展「FIT2019」同時開催
金融機関のためのデジタル改革フォーラム
RPAの一歩先へ ~AI、OCR、IAの最新トレンドを展望~

 業務効率化やコスト削減の観点から、RPAの普及が急速に進んできました。しかし、大胆なビジネスモデルの転換や新たな顧客体験の提供を目指すためには、オペレーションの効率化にとどまらない、デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現が求められます。
 本フォーラムでは、先進的な取り組みを行う金融機関やソリューションベンダー各社の講演を通じて、デジタル化の方向性を探ります。

***途中入・退場可***

カテゴリ
FITフォーラム
受講資格
ONLY
金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません
イベント開催日
2019年10月24日 (木)~2019年10月25日 (金)
開始時間
開始時刻:09:20(受付08:50~)
終了時刻:17:10
会場
東京国際フォーラム ホールC
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号



【JR線】・有楽町駅より徒歩1分 ・東京駅より徒歩5分 (京葉線東京駅とB1階地下コンコースにて連絡) 【地下鉄】東京メトロ有楽町線有楽町駅D5出口より徒歩1分(B1階地下コンコースにて連絡)
申込締切
2019年10月23日 (水)12:00
受講料
無料
募集人数
600人 (先着順・事前登録制、定員になり次第締め切り)
主催
日本金融通信社(ニッキン)
共催
金融ジャーナル社、CMC
協賛
アビームコンサルティング、プリマジェスト、オートメーション・エニウェア・ジャパン
DataRobot Japan、Kofax Japan、Vymo Japan、SBI Antworks Asia
Tableau Japan、Box Japan、ペガジャパン(講演順)

【初日】10/24(木)

9:20
|
9:50
ITを活用した金融の高度化とDX(デジタルトランスフォーメーション)

――→クリックすると講演の詳細をご確認いただけます←――  日本銀行金融高度化センターでは、金融機関の業務効率化やDXを支援する取り組みとして、「ITを活用した金融の高度化に関する連続ワークショップ」を2014年以降、三期にわたって開催している。また、直近では、特にAIにテーマを絞って掘り下げたワークショップを開いている。
 本講演では、こうした活動を通して浮き彫りとなってきた、日本の金融機関におけるITの現状やDXを進めるうえでの課題・道筋について解説する。

日本銀行 金融高度化センター 企画役 中山 靖司

10:00
|
11:00
RPA展開の最前線 -日本企業におけるデジタル化の阻害要因と対応策-
講演詳細  多くの大企業、さらには中堅・中小企業でもRPA導入の取り組みが進んでいます。 しかしほとんどの企業で、期待していたほどの大きな成果は出ていません。
 本講演では、金融機関のRPA業務改革事例をまじえながら、弊社の圧倒的なRPA導入実績・企業変革コンサルティング実績を元に、欧米と日本企業の違いから来るデジタル化の阻害要因を明らかにし、日本型のデジタル化推進方法をご紹介いたします。

アビームコンサルティング 戦略ビジネスユニット
執行役員 プリンシパル 安部 慶喜

11:15
|
12:15
RPA活用に不可欠なイメージ化ソリューション、デジタル化の現実と方向性

講演詳細  RPAによる業務効率化には紙文書のデジタル化が必須となる。AI-OCRの登場により認識率向上へ期待は高まるが、これを単体で導入するだけでは大きな効果は見込めず、業務フロー全体を捉えての検討が必要である。定型大量処理と少量多品種の混在、ペーパーレスが進む中での紙の残存、OCRの不読への対応等々、当社が長年培ってきたイメージ化ソリューションのノウハウや業務運用現場の事例を交えながら方向性を考える。

プリマジェスト ソリューション開発本部
デジタルサービス企画部 部長 櫻田 隆司

12:15 - 13:00
 休憩時間 
13:00
|
13:30
<先端IT活用に向けて>RPAから始めるデジタル改革
~現場主体で取り組む業務プロセス改善/デジタル化~

講演詳細  多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指して様々な取り組みを行っています。
 その中でもRPAは迅速・容易に導入できる打ち手の1つであり、「業務プロセス廃止、改善」、「システム開発/導入」などのアプローチと組み合わせることで大きな効果を獲得できます。
 RPA導入を端緒に業務プロセス改善/デジタル化を進める日本生命の事例をご紹介します。

日本生命保険 デジタル推進室 デジタル推進担当部長 高倉 禎

13:40
|
14:40
できるRPA全社展開~信頼性高く、簡単な内製化を実現するための勘所とは~

講演詳細  多くの金融機関で既に導入が進んでいるRPA。併せて聞こえてくるのが、限られた部分導入による効果の最大化、全社展開の難しさです。
 本セッションでは、全社展開を効率的に展開する上で求められる「内製化」を、オートメーション・エニウェアがいかに信頼性高く、簡単に実現し、同時にTCO (総保有コスト) の削減をご支援できるかについて解説し、全社展開を成功させるポイントをお伝えします。

オートメーション・エニウェア・ジャパン
セールスエンジニア 大森 信介

14:55
|
15:55
「RPAに審査もさせる」RPAとAIの住み分けをクリアに。

講演詳細  業務効率化の観点でRPAとAIの導入が急激に進んでいますが、それらの明確な違いがわからず、ビジネスへの適用に対してどちらを選ぶべきか混乱している方も少なくありません。
 本講演では機械学習をAIの一部とした時に、RPAとの住み分け、連携をどのようにするべきかを明確にします。また、審査業務におけるRPA+AIの具体的な活用事例についてもデモンストレーションを交えてご紹介させていただきます。

DataRobot Japan データサイエンティスト 小川 幹雄

16:10
|
17:10
広島銀行におけるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)への取組みについて

講演詳細  広島銀行におけるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)への取り組みについてご紹介します。

広島銀行 デジタル戦略部 デジタル戦略室 担当部長 矢吹 一真
Kofax Japan 代表取締役社長 荒川 勝也
Kofax Japan セールスエンジニア 高山 祐磨

【2日目】10/25(金)

9:20
|
9:50
<ポストRPA/AI時代>SMBCグループが描く
RPAを起点とした生産性向上の先にある未来

講演詳細  SMBCグループにおいて実現した圧倒的な生産性向上の実績とノウハウの要諦を解説。
 SMBCバリュークリエーションが描く「ポストRPA/AI時代」の先の働き方についてのVisionを語る。

SMBCバリュークリエーション 代表取締役社長 山本 慶

10:00
|
11:00
10万人の金融営業マンが使うセールス強化アプリ
「Vymo(バイモ)」の活動予測分析AIとは

講演詳細  住友生命とSOMPOホールディングス、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命が実証実験するAIモバイルアプリケーション「Vymo」。金融営業マンの日々の活動を支援し、最大35%の売上向上をもたらしているこのソリューションはマッキンゼーのコンサルタントが提唱し、Googleのエンジニアが設計。ガートナーのクールベンダー、マイクロソフトのアワードを受賞し、50社を超える金融機関が採用。
 「Vymo」は営業マンの活動の全てをビッグデータとし、クラウド上で活動予測分析を行い、次の一手をAIが示唆することで営業の潜在的なパフォーマンスを引き出せます。

Vymo Japan カントリーマネージャ 河上 勝

11:15
|
12:15
次世代の業務自動化ソリューションとは?―ANTsteinのご紹介

講演詳細  Antworks社は、次世代の統合型業務自動化ソリューションであるANTsteinを独自に開発したソフトウェアメーカーです。ANTsteinには、従来のRPA機能はもちろん、CMR機能(Cognitive Machine Reading:フラクタル理論を用いた最先端のパターン認識)、そしてAIが一体となって搭載されています。SBIグループ内における導入成功事例についても併せてご紹介いたします。

SBI Antworks Asia CEO 山田 聡

12:15 - 13:00
 休憩時間 
13:00
|
13:30
FFGにおけるデジタルトランスフォーメーションの取組み
~DXを加速する2wayアプローチ~

講演詳細  ふくおかフィナンシャルグループでは、今年8月に「みんなの銀行設立準備株式会社」を設立いたしました。同社では、今年4月に設立したシステム開発子会社「ゼロバンク・デザインファクトリー株式会社」において研究開発中の次世代バンキングシステムを活用し、2020年度中のモバイル専業銀行(デジタルネイティブバンク)開業を目指して準備を進めております。
 既に取り組んでいる既存ビジネス(AsIs)の高度化と合わせて、“全く新しい”将来の銀行像(ToBe)をゼロベースで追求する取組みのご紹介を通じて、FFGのDXを加速する“2wayアプローチ”(両利きの経営)について講演いたします。

ふくおかフィナンシャルグループ 取締役執行役員
みんなの銀行設立準備会社 代表取締役 横田 浩二

13:40
|
14:40
デジタル時代における金融業界のデータ利活用とデータドリブン文化の醸成

Tableau Japan 社長 佐藤 豊

14:55
|
15:55
業務変革を支えるセキュアな情報共有基盤

講演詳細  セキュリティへの要求が厳しい金融業界において、Boxを活用したクラウド環境を展開し始めた金融機関のお客様が増えてまいりました。今後は業務変革や働き方改革を目指すデジタル化施策への適用についてboxがコンテンツ基盤を支える機会が増えてくると想定しております。
 金融業界における box 利活用の可能性について外部共有基盤、現行業務における効率改善など具体的な事例を踏まえご紹介をいたします。

Box Japan アカウントエグゼクティブ 丸山 渉
Box Japan Box Platform 担当部長 浅見 顕祐

16:10
|
17:10
Pega Infinity~RPA の限界を乗り越え、真のデジタル改革を断行せよ

講演詳細  デジタル改革への取り組みの必要性が話題となり、金融業界各社においても最新のテクノロジーを取り入れ様々な取り組みを行うものの、なかなか思うように進められていないこともあるようです。
 その場しのぎではない、「真のデジタル改革」とは何かを議論し、そしてそれを、エンドツーエンドの業務プロセス自動化と顧客エンゲージメントの双方において実現するため、ペガがどのようにお役に立てるのかをご紹介します。

ペガジャパン 代表取締役社長 渡邉 宣彦

ページ上部へ