トップページ > FIT事例ウェビナー・その他イベント > 【1月25日開催】厳選した金融事例のオンラインセミナー
2022.12.21

【1月25日開催】厳選した金融事例のオンラインセミナー

金融事例だけの1日!
オンラインセミナー「FIT事例ウェビナー」

ニッキンが厳選した珠玉の金融事例をオンラインセミナーでお届けする「FIT事例ウェビナー」を2023年1月25日(水)に開催します。
京都信用金庫や八十二銀行の講師が登壇するセミナーに加え、セキュリティ分野の地銀事例を紹介するセミナーなどをお届けします。

事例紹介のある金融機関(講演順)
※金融機関名をクリックすると事例セミナーの詳細へジャンプします。

京都信用金庫のノーコード開発

地方銀行の次世代セキュリティ

八十二銀行のDX

ネットバンクや損害保険会社のチャネル強化

お申し込みはこちら


FIT事例ウェビナーの特長
・参加は無料
・会場に行かなくても、オフィスや家で受講可能
・当日は都合が悪くても、あとから視聴可能(事前申込者限定・期間限定)
 配信期間:1月31日(火)~2月7日(火)

受講資格
受講は金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定です。

申込受付期間
2022年12月21日(水)~2023年1月23日(月)18:00

カテゴリ
FIT事例ウェビナー・その他イベント
受講資格
ONLY
金融機関および金融機関系列会社にお勤めの方限定
※メーカー、ベンダー、その他の方は受講できません
イベント開催日
2023年01月25日 (水)
開始時間
開始時刻:10:00(受付10:00~)
終了時刻:14:40
会場
1月24日(火)夜までに、ご登録メールアドレス宛に視聴用URLをお送りします。
セミナー開始時刻になりましたら、視聴用URLへアクセスして下さい。
申込締切
2023年01月23日 (月)18:00
受講料
無料
募集人数
50人 (先着順・事前登録制、定員になり次第締め切り)
主催
日本金融通信社(ニッキン)
共催
協賛
ネオジャパン
マクニカ
プリマジェスト
モビルス
終了しました

セミナースケジュール
2023年1月25日(水)

※講演タイトル、講師等は予告なく変更する場合があります。予めご了承下さい。
※ 本イベントで配信するセミナーの録音・録画・撮影はご遠慮ください。

10:00
|
10:40
京都信用金庫
【京都信用金庫ご講演】事例にみる、ノーコード開発ツールを使った業務改善とは?

「2025年の崖」といわれる問題点の回避に向け、急速的に業務のDX推進が求められる今、紙やExcelに依存している業務の改善や、未だ猛威を振るう新型コロナウイルスの感染対策のような、急を要する在宅勤務へのシフト対応など、臨機応変な業務改善の対応が求められるケースがここ数年目立っています。
そんな中、積極的にITを活用した業務改善を行い、効果を上げられているのが京都信用金庫様です。
グループウェアやビジネスチャット、そして昨今注目を集めている「ノーコード開発ツール」を活用しながら、様々な業務課題の改善を進められてきました。
本セミナーでは、京都信用金庫様にご登壇をいただき、ITを使って具体的に実践されている業務改善の方法について、ご紹介をいただきます。どのような業務改善が進められてきたのか、是非ご参考ください。

京都信用金庫
事務統括部
代理
八島 桐葉

京都信用金庫
事務統括部
代理
平井 将吾

ネオジャパン
マーケティング統括部
担当課長
市村 英二

11:00
|
11:40
地方銀行
地方銀行の事例で学ぶ アイソレーションを軸とした次世代セキュリティのスタンダード

セキュリティを考える上で、日々高度化する脅威への対策は欠かせません。
一方で、未知のマルウェアを全て検知し防ぐことは難しく、アラート数の増加や製品運用の負荷増大がセキュリティ対策上の課題となっています。
その課題を解決するためには、脅威の”検知”ではなく脅威の”排除”という考え方が重要です。
”脅威の排除”つまり「インターネット分離」に関しては、2015年以降IPAや総務省も推奨しており、官公庁や金融機関を中心に導入が広がっております。
このようにインターネット分離を検討する企業が多い中、最近では今後のゼロトラスト化を踏まえたシステム構成を検討する金融機関も増えており、何から着手すべきなのか悩まれている事も多いようです。
本セミナーでは、そのような課題を感じられる方向けに、地方銀行の事例を踏まえてアイソレーションを軸とした対策で提供する価値についてご紹介致します。

マクニカ
営業部
高橋 聖矢

13:00
|
13:40
八十二銀行
【八十二銀行様】DXソリューション導入事例
事務集中共通基盤で実現する業務効率化

八十二銀行様の事務センターでは、部門や業務ごとに分かれていた複数のファイリングシステムを、多様な業務で利用できる「プリマジェスト ファイリングシステム」へ更改いただいき、システムの「共有化」を実現されました。
利用する機器の数や、帳票を移動させる場所をコンパクトに纏めるハード面での改革にとどまらず、情報の一元化・共有化により、職員の業務への関わり方や意識といったソフト面にも変化が現れたようです。
今後は、プリマジェストのシステムを活用され、順次共有化できる業務を増やしていかれる予定とのこと。
拡張性のある「事務集中共通基盤システム」としてご導入に至った経緯や、将来の展望など、業務改革へのお取り組みについてお話しいただきます。

八十二銀行
業務統括部 業務合理化グループ
調査役
江尻 一哉

14:00
|
14:40
ネットバンク・保険など事例で紐解く顧客起点DX〜チャット&ボイスボットでCX重視の業務効率化〜

スマートフォンの普及やコロナ禍による生活の変化によって、金融機関と顧客の接点でも、デジタルシフトが進んでおり、従来の支店などの対面接客ではなく、WEBやスマートフォンにおけるデジタルの顧客接点の重要性が比例して高まっています。
口座や契約などの顧客獲得のための販促も重要ですが、問い合わせなどによる顧客状況の把握や、手続き等の利便性を高めることによる満足度向上なども、顧客の引き止めの観点でも、とても大切です。
今回は、各社利用のすすむチャットによる問い合わせ窓口と、従来の顧客の利用が依然多い電話窓口の、対応効率化と利便性向上について、ネットバンクや損保企業様の事例だけでなく、他業種での進んでいる取組みについても紹介を交えながら、効果を出していくポイントを解説していきます。

モビルス
執行役員
柏原 学

ご利用のPCやスマートフォン、タブレット端末がFIT事例ウェビナーの視聴に対応しているかは、下記ボタンより動作確認ページへアクセスし確認できます。
動作確認ページで再生試験用動画を再生できれば、FIT事例ウェビナーの視聴が可能です。
再生できない場合は、確認ページ下部をご覧下さい。

FITウェビナー・プレーヤ動作確認ページ


終了しました
カテゴリ






ホワイトペーパーの
ダウンロードは
こちらから

今すぐダウンロード





導入事例のご紹介は
こちらから

ページ上部へ TOP