トップページ >  ソリューション紹介の一覧  > Cohesity、ランサムウェア攻撃対策の新機能を提供、発見から修復まで早期に対応
2022.01.21

Cohesity、ランサムウェア攻撃対策の新機能を提供、発見から修復まで早期に対応

facebook twitter
記事を保存する

会員の方のみご利用になれます。

 データ管理ソリューションを提供する、Cohesity(コヒシティ)は、サイバーセキュリティー対策のため新機能「Security Advisor(セキュリティーアドバイザー)の提供を開始した。

 データ管理のプラットフォーム「Cohesity Helios(コヒシティ・ヘリオス)」の利用者をランサムウェア(身代金要求型ウイルス)攻撃といったリスクから保護するもの。サイバー攻撃を発見し、修復まで一貫して対応でき、データ流出などの被害を最小限に抑えることができる。

 同社の製品は、国内の大手保険会社が採用するなど、金融界をはじめ様々な業種でバックアップやファイルサーバーとして活用されている。IT運用の効率化が進むなか、近年はリモートワークの拡大を機に、ランサムウェア攻撃を中心とするサイバー攻撃被害も急増。さらに企業内の人為的なミスも考慮し、セキュリティー体制の強化が求められている。

 新機能「Security Advisor」は、利用者に無償で提供され、データを保護しつつセキュリティー体制の評価を容易に実現。すでにアメリカの医療機関が受けた被害を防ぐなどの事例も出ている。

カテゴリ
タグ






ホワイトペーパーの
ダウンロードは
こちらから

今すぐダウンロード





導入事例のご紹介は
こちらから

ページ上部へ TOP