ホーム > 金融ジャーナルの一覧 > 2021年 変容する金融サービス -新常態で価値が高まる業務、習慣とは
金融ジャーナル

2021年 変容する金融サービス -新常態で価値が高まる業務、習慣とは

2021/03/12

新型コロナウイルス感染拡大に伴い激変した働き方・新たな生活様式への対応は、2021年も引き続き求められる。この歴史的な転換期に、これまでの働き方や習慣を、どう見直していくことが望ましいのか。ウィズコロナという新常態に移行する中で、『価値が高まる』『価値が下がる、見直す』業務、習慣、ツールについて、ワーク・ライフバランスの松久晃士コンサルタントとともに考えてみた。(「金融ジャーナル」2021年1月号)

ページ上部へ