トップページ >  ニッキンITヘッドラインの一覧  > ISDN回線終了で金融機関はどうなる?
2023.05.17

ISDN回線終了で金融機関はどうなる?

facebook twitter
記事を保存する

会員の方のみご利用になれます。

日本電信電話(NTT)が長年提供してきたISDN回線の「ディジタル通信モード」が2024年1月にサービス終了する。
ISDN回線は、一つの電話回線契約で二回線分利用できることが特徴で、電話とファクスやデータ通信の同時利用で活躍してきた背景がある。
金融機関では、エレクトロニックバンキングや館内放送などの用途で広く利用されてきた。NTTは補完策として、27年頃までは即座に利用停止しないとしている。しかし、回線遅延や障害発生のリスクなど品質低下が案内されており、早急な切り替えが必要だ。
本特集では、今回の終了に伴いISDN回線からの代替サービスへ切り替えを支援するソリューションを紹介する。

facebook twitter
記事を保存する

会員の方のみご利用になれます。

ニッキンの購読のお申し込みはこちらから。

関連記事の一覧

カテゴリ
タグ






ホワイトペーパーの
ダウンロードは
こちらから

今すぐダウンロード





導入事例のご紹介は
こちらから

ページ上部へ TOP