ホーム > ニッキンITヘッドラインの一覧 > 勘定系ベンダー、オープン系やクラウドで基盤を最適化
ニッキンITヘッドライン

勘定系ベンダー、オープン系やクラウドで基盤を最適化

2018/08/14

地域金融機関を中心に勘定系システムを提供するITベンダーが、システム基盤の最適化に取り組み始めている。技術の進展など環境変化に対応する。NTTデータが2020年以降に、従来のメインフレームだけでなくオープン基盤環境でのシステム提供を可能にするほか、日本ユニシスはパブリッククラウドサービスの実用化に向けて動きだした。〔2018年8月3日号13面〕

ページ上部へ