ホーム > ニッキンITヘッドラインの一覧 > 京都銀行が海外拠点との交流にビデオ会議システムを活用
ニッキンITヘッドライン

京都銀行が海外拠点との交流にビデオ会議システムを活用

2021/07/06

【大阪】京都銀行は、海外駐在員とのコミュニケーションにビデオ会議システムを活用している。海外展開を志向する取引先企業をオンラインでつなぎ、駐在員が現地工場内をリモートで案内する。国際営業部が関わった案件は2020年度に約100件あり、「21年度も多くのニーズがある」(中嶋隆宣執行役員国際営業部長)。行内でも、支店長や新人向け研修などでリモート機能を利用する。〔ニッキン2021年6月25日号6面〕

ページ上部へ