トップページ >  ニッキンITヘッドラインの一覧  > 城南信用金庫が登記情報システムを導入 担保台帳の作成工程を半減
2021.12.23

城南信用金庫が登記情報システムを導入 担保台帳の作成工程を半減

facebook twitter
記事を保存する

会員の方のみご利用になれます。

城南信用金庫(東京都、川本恭治理事長)は、12月から「オンライン登記情報システム」を全店に導入した。取得した登記情報をデータ化し、各種書類への手入力や転記ミスなどを解消。登記情報の二重取得も防止する。今後、同信金の不動産担保評価システムと連携させ、2022年4月から担保台帳の自動作成も予定する。〔ニッキン2021年12月10日号8面〕

カテゴリ
タグ






ホワイトペーパーの
ダウンロードは
こちらから

今すぐダウンロード





導入事例のご紹介は
こちらから

ページ上部へ TOP