トップページ >  ニッキンITヘッドラインの一覧  > 地銀の広域連携「TSUBASAアライアンス」が手続き電子化推進
2021.12.28

地銀の広域連携「TSUBASAアライアンス」が手続き電子化推進

facebook twitter
記事を保存する

会員の方のみご利用になれます。

広域連携「TSUBASAアライアンス」に参加する千葉銀行など地域銀行10行は、手続きのオンライン化を進める。電子化の基礎となるeKYC(電子本人確認)サービスを2022年以降、共同で導入する。連携のフィンテック戦略を担う共同出資会社のT&Iイノベーションセンターが、生体認証プラットフォームのLiquid(リキッド)と業務提携を結んだ。〔ニッキン2021年12月17日号4面〕

facebook twitter
記事を保存する

会員の方のみご利用になれます。

ログイン(要会員登録)で、本文の閲覧や記事のお気に入り登録ができます。
ニッキンの購読のお申し込みはこちらから。

関連記事の一覧

カテゴリ
タグ






ホワイトペーパーの
ダウンロードは
こちらから

今すぐダウンロード





導入事例のご紹介は
こちらから

ページ上部へ TOP