トップページ >  ニッキンITヘッドラインの一覧  > 地方銀行が現金レス店へ移行、地域特性で機能を見直す
2023.10.17

地方銀行が現金レス店へ移行、地域特性で機能を見直す

facebook twitter
記事を保存する

会員の方のみご利用になれます。

地方銀行で、現金業務を取り扱わない「キャッシュレス店舗」へ移行する動きがじわり広がっている。スルガ銀行は12月、静岡南支店を2カ店目のキャッシュレス店舗に変える。山陰合同銀行は2024年1月、兵庫県内3カ店で現金を伴う取引をやめる。いずれも地域特性に応じた店舗機能見直しの一環で、アプリなど非対面ツールの活用を促す。既存店舗の形態変更を検討中の地銀もあるとみられ、展開が加速する可能性がある。〔ニッキン2023年10月6日号5面〕

カテゴリ
タグ






ホワイトペーパーの
ダウンロードは
こちらから

今すぐダウンロード





導入事例のご紹介は
こちらから

ページ上部へ TOP