トップページ >  ニッキンITヘッドラインの一覧  > NTTデータがデータ利活用基盤構築、京都・西日本シティ銀行に提供
2024.02.01

NTTデータがデータ利活用基盤構築、京都・西日本シティ銀行に提供

facebook twitter
記事を保存する

会員の方のみご利用になれます。

NTTデータは、地域金融機関のデータ利活用基盤「Service Innovation Core」を構築し、2024年度に提供を開始する。勘定系やサブシステムとの連携を可能にし、グループ全体で顧客情報の一元管理を実現する。第1弾で京都銀行と西日本シティ銀行が採用を決定した。情報にもとづいた戦略を立案する「データドリブン経営」を後押しする。《写真:データ利活用基盤(左)で様々な副次効果(右)を可能にする(NTTデータ提供)》〔ニッキン2024年1月19日号12面〕

facebook twitter
記事を保存する

会員の方のみご利用になれます。

ログイン(要会員登録)で、本文の閲覧や記事のお気に入り登録ができます。
ニッキンの購読のお申し込みはこちらから。

関連記事の一覧

カテゴリ
タグ






ホワイトペーパーの
ダウンロードは
こちらから

今すぐダウンロード





導入事例のご紹介は
こちらから

ページ上部へ TOP