トップページ >  ニッキンITヘッドラインの一覧  > 各国の中央銀行と民間銀行が新・国際決済インフラ構築、資産「トークン化」見据え
2024.05.21

各国の中央銀行と民間銀行が新・国際決済インフラ構築、資産「トークン化」見据え

facebook twitter
記事を保存する

会員の方のみご利用になれます。

世界の中央銀行と金融機関はあらゆる資産がブロックチェーン上でトークン化された世界を見据え、新たな越境決済プラットフォームの構築を加速させる。Swift(スイフト=国際銀行間通信協会)は、これまで培ってきた国際送金網のノウハウを生かし、中銀デジタル通貨(CBDC)を相互につなぐ。国際決済銀行(BIS)は、ホールセール分野で分散型台帳技術(DLT)を活用した決済インフラ構築を模索する。〔ニッキン2024年4月26日号1面〕

カテゴリ
タグ






ホワイトペーパーの
ダウンロードは
こちらから

今すぐダウンロード





導入事例のご紹介は
こちらから

ページ上部へ TOP