ホーム > ニュースリリースの一覧 > セキュアブレイン、Webサービス・決済サービスを伴うモバイルアプリケーションに不正利用を検知する機能を組み込むことが可能なSDK(開発キット)、Scam Radar Mobile SDKの販売を開始
ニュースリリース

セキュアブレイン、Webサービス・決済サービスを伴うモバイルアプリケーションに不正利用を検知する機能を組み込むことが可能なSDK(開発キット)、Scam Radar Mobile SDKの販売を開始

株式会社セキュアブレイン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:青山 健一、以下「セキュアブレイン」)は、Webサービス・決済サービスを伴うAndroid・iOS用モバイルアプリケーションに、なりすましによる不正ログインや不正利用を検知する機能を組み込むことが可能なSDK(開発キット)「Scam Radar Mobile SDK(スキャム・レーダー・モバイル・エス・ディー・ケイ)」を開発し、金融機関やECサイト向けに本日より販売を開始します。

ご質問やご要望、お見積り依頼など
どんなことでもお気軽にご相談下さい。
この記事を書いた投稿者
セキュアブレイン
株式会社セキュアブレインは、インターネット上の脅威が多様化する中、Webサービスを提供する事業者や企業にITセキュリティを届ける、サイバーセキュリティ専門会社です。「ネット犯罪からすべての人を守る」というミッションのもと、信頼性の高いセキュリティ情報と高品質なセキュリティ製品・サービスを提供する、日本発のセキュリティの専門企業です。
関連記事の一覧

ページ上部へ