ホーム > ニュースリリースの一覧 > 金融機関向けにAIによる営業トーク解析・診断パッケージ提供開始 〜ロープレ研修のオンライン化を実現、お客さま本位の営業スタイル定着をサポート〜
ニュースリリース

金融機関向けにAIによる営業トーク解析・診断パッケージ提供開始 〜ロープレ研修のオンライン化を実現、お客さま本位の営業スタイル定着をサポート〜

2020/12/28 コグニティ

 営業トークなどのビジネスコミュニケーションのAI解析技術を持つコグニティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役: 河野 理愛 以下「当社」)は、金融機関向けに営業トーク解析・診断サービス『UpSighter for Finance(アップ・サイター フォー ファイナンス)』の提供を開始します。

 2019年10月に提供を始めた金融機関向けサービス『UpSighter for Finance』をパッケージサービスとして大幅リニューアル。商談やロープレの音声データをもとに模範社員とその他のトーク傾向の違いを解析、担当者一人ひとりに対しフィードバックレポートを還元します。自分のトーク傾向と、当社が保有する金融機関のトーク傾向や、社内の模範社員のトーク傾向とを比較することができ、模範社員の話法例をもとに営業トークを改善することができます。銀行出身の社員が開発に携わっており、金融機関における営業プロセスに合わせたフィードバックが実現するレポートとなっております。

>>サービス概要資料:
http://cognitee.me/pr/wp-content/uploads/2020/12/a7fe2e1a96349c25f672496c79585eb9.pdf

>>サービス紹介動画:※リンクまたはトップ画像のQRコードより
https://www.youtube.com/watch?v=vG0kfjHv-b8&feature=youtu.be

>>開発秘話:
http://cognitee.me/pr/wp-content/uploads/2020/12/0b2131f304910ffc7b154c84a3f8f44e-2.pdf

ご質問やご要望、お見積り依頼など
どんなことでもお気軽にご相談下さい。
この記事を書いた投稿者
コグニティ facebook twitter
「思考バイアスを取り除く」ためのソフトウェアを開発。独自の知識表現ルールフレームワーク「CogStructure」を使い、文脈解析に強みを持つ。営業や人事部門の管理者が抱える「指導コストの多さ」や「評価ブレ」に対して、コグニティが展開する「UpSighter(アップ・サイター)」は、営業トークや面談などビジネスコミュニケーションをAI技術によって定量化して比較・解析。
関連記事の一覧

ページ上部へ