ホーム > ソリューション紹介の一覧 > 「AIによる会話分析」ってどうやるの?暗黙知を見える化する唯一無二の技術とは
ソリューション紹介

「AIによる会話分析」ってどうやるの?暗黙知を見える化する唯一無二の技術とは

2019/09/09 コグニティ

顧客の開拓やニーズのヒアリング、フォローや話し方など、様々なコミュニケーションスキルが求められる営業という仕事。社内では、ロールプレイングなどで成績上位者が下位者に指導するなどが行われていますが、属人的で非効率になりがちです。これらをAIによって省力化し、改善に役立てることができるツールも登場していますが、なかでもコグニティが提供する会話分析ツール「UpSighter(アップ・サイター)」には、ほかのAIとは一線を画すある技術があります。一体どんなものなのか、ご紹介します。

ご質問やご要望、お見積り依頼など
どんなことでもお気軽にご相談下さい。
この記事を書いた投稿者
コグニティ facebook twitter
「認知バイアスを取り除く」ためのソフトウェアを開発。独自の知識表現ルールフレームワーク「CogStructure」を使い、文脈解析に強みを持つ。営業や人事部門の管理者が抱える「指導コストの多さ」や「評価ブレ」に対して、コグニティが展開する「UpSighter(アップ・サイター)」は、営業トークや面談などビジネスコミュニケーションをAI技術によって定量化して比較・解析。
関連記事の一覧

ページ上部へ