L- 08 10/09 (金) 11:20-12:10   

元国税袖山氏による最新法令解説!電子帳簿保存法に対応した諸届・伝票のスキャナ保存

概要

店舗軽量化、事務効率化等の課題により文書のペーパーレス化は金融機関にとって喫緊の課題です。 一方で「イメージ化後の紙文書を廃棄しても良いのか」「どの文書が法定文書なのか」「電子帳簿保存法がわからない」という声もお聞きします。 本セミナーでは元国税庁勤務の袖山税理士による電子帳簿保存法の最新法令解説と金融機関の業務にあわせたスキャナ保存の取組をご紹介します。 電子帳簿保存法を理解した上で取組のゴールを決め、ペーパーレスの取組をはじめませんか? コクヨではステップ1「イメージ化」で効果と課題を検証しながら、ステップ2で「電子帳簿保存法対応」と段階を踏んでの取組もご提案いたします。 電子帳簿保存法を見据えた電子化を実現するコクヨのクラウドサービス、入力システムについてもご紹介いたします。 コクヨのクラウドサービスなら、既存システムとのデータ連携や多種多様な文書の一元管理を実現できます!

講演者情報

SKJ総合税理士事務所
所長・税理士
袖山 喜久造
コクヨ株式会社
事業推進センター
ドキュメントソリューション事業部
グループリーダー
小川 知也

※後日配信あり※