I- 05 10/08 (木) 15:20-16:10   

【大手銀行で進行中】マネロン対策が本業まで変える!継続的な顧客管理によるDX実現

概要

 AML分野では、FATF審査団による第四次対日相互審査の審査結果が本年12月頃に公表される見通しであり、継続的な顧客管理の対応方法についても対策を練られているかと思います。  弊社では、継続的な顧客管理でご利用頂ける2つのプラットフォームを提供しております。  本人認証プラットフォーム「proost(プルースト)」はオンライン共同利用型の窓口として、口座開設や住所変更等の各種手続きをDX化することでコスト削減も実現できるプラットフォームです。  不正検知プラットフォーム「Detecker(ディテッカー)」は、銀行口座開設時において、金融庁が新たに求めるIPアドレス、ブラウザ言語等の不自然な動きを検知し、不正の「未然防止」を実現できます。  本セミナーでは、大手銀行で進行中の案件も引用しながら、「コスト削減」と「AML観点での顧客格付け」の2点を踏まえた運用方法をご提案差し上げます。

講演者情報

株式会社ACSiON
事業開発グループ
CSO
竹内 進

※後日配信あり※