E1- 09 10/25 (金) 14:40-15:40   

マイクロサービスの活用で、金融機関向け「超高速開発」モデルの導入のための処方箋

概要

昨今はシステム開発において「超高速開発」が求められる一方で、それ自体が「リスク」として捉えられ、保険業界のみならず金融機関全体でも「超高速開発」の取り組みがなかなか進まない状況が推測されます。 とりわけ保険業界でのペーパーレスシステムではフロント部分の複雑な処理や、多数の項目が存在する膨大なページ数の帳票が、システム構築のスケジュール上のボトルネックになる傾向があります。 SBI生命様では、銀行様向けの団体信用保険のペーパーレスシステムを「超高速開発」手法で、わずか7ヶ月足らずで複数行への導入を実現しました。 本セミナーでは、開発ベンダーであるシンプレクスとミック、そして発注主のSBI生命様との3社でセッションおよびデモンストレーションで、銀行様向けの団体信用保険のペーパーレスシステムの開発の処方箋をお話させていただきます。

講演者情報

SBI生命保険株式会社
IT部、お客様サービス部、団体保険部担当執行役員
SBIインシュアランスグループ 執行役員CTO
池山 徹
シンプレクス株式会社
金融フロンティアディビジョン  
プリンシパル
鏡 義弘
株式会社ミック
代表取締役
細川 謙三