G502- 01 10/24 (木) 10:30-11:30

東北労働金庫が実現したサイバー攻撃・個人情報漏洩の根本対策

概要

これまで東北労働金庫では、サイバー攻撃への対応として入口・出口対策を中心に対策を行ってきました。 ただ、これら対策方法でも完璧に防御することは現段階では保証されていません。 個人情報を含むデータが流出した場合の防御策として、ファイル暗号化システムのDataClasys(データクレシス)を導入し保存文書ファイルを暗号化、さらにPC上の暗号化されていない個人情報を減らす目的で、個人情報検出・管理ソリューションのP-Pointer File Security(ピーポインター ファイルセキュリティ)を導入しました。 本セミナーでは、東北労働金庫での実際の活用事例を中心に紹介します。

講演者情報

東北労働金庫
融資部
課長代理
長川 翔子
東北労働金庫
業務部
髙橋 一真
株式会社DataClasys
営業本部 アライアンス営業部
小林 眞楠