C- 02 03/12 (木) 11:30-12:20

不正抑止・顧客本位営業の確立へー対面を含む全⾳声の⾃動コンプライアンスチェック

概要

金融庁が2018年6月に検査・監査基本方針で示したように、各金融機関が経営レベルで、顧客本位の営業を履行する態勢を整えることが求められています。ベリントは、これまで、数パーセント以下のモニタリングが現実だったコンプライアンスチェックを100%に引き上げ、外交営業、コンタクトセンター、オフィス内での金融取引のコミュニケーションのすべてを、可視化・分析・自動監査する、金融コンプライアンス・リスク管理パッケージをご紹介します。  ソリューションの活用でプロアクティブに情報漏洩・不適切販売防止の態勢を強化 ■情報漏洩防止 すべての顧客対応の通話録音と業務端末の操作画面を一元的に記録し、問題ある対話を検知し情報漏洩を自動監視します。 ■不適切販売防止 対面販売(窓口/外交)での営業会話を録音し、ベリント分析エンジンを用いて、これまで見えなかった取引対話のすべてを把握し改善につなげます。

講演者情報

ベリントシステムズジャパン株式会社
シニアセールスマネージャー
内田 嘉彦