経営分野へ営業分野事務分野へ

営業分野スペース営業分野

スペース製品紹介スペース
業務カテゴリ→渉外・営業支援

Wealth Management Workstation

全資産を「見える化」すると最適な相続対策が見える!!

「Wealth Management Workstation」は、顧客から頂いたインタビューシートを元にデータを入力することで、全資産と見えざる債務(相続税)を短時間で「見える化」し、相続対策の立案を提供する統合的資産管理プラットフォームです。これにより、見えざる負債である相続税が資産全体に占める割合や、相続税の納税準備資金が準備できているかどうかを把握することができるほか、配偶者相続割合最適化分析や暦年贈与額最適化分析などが可能となり、資産管理ビジネスに関わる様々なノウハウや知識を標準化、共有化することができます。

問い合わせ先
キャピタル・アセット・プランニング
コンサルティング部
[TEL]03-6433-9155
[URL]http://www.wealthmanager.jp/
資料請求番号:2001
業務カテゴリ→渉外・営業支援

事業用建物オーナー情報提供サービス

共同住宅・複合ビルなどの事業用施設に特化したアパートローン等の借換ターゲットデータ!

お客様が指定した地域にあるマンションやアパートなどの共同住宅、テナントビル等の複合建物など事業用施設の所在、物件概要から所有者、債権者情報までをリスト化し営業支援データとしてご提供いたします。
これらの情報から、抵当権の設定があれば、与信や審査基準が住宅ローンより難しい反面、融資金額が大きいアパマンの借換を効率よく進めることが可能になり、アパートローン等の借換ターゲット情報としてご活用できます。
また、借入がない物件でも、収益物件の所有オーナーとして、富裕層や地主と想定されます。
よって投資信託等の金融商品や、節税対策、耐震対策、リフォーム等の新規融資先の営業ターゲットに繋がるなど、様々な場面で無駄のないマーケティングが可能になります。

【導入効果】
ご提供のデータからは、物件所在≠オーナー居住地の物件の抽出や築年数、建物の構造、大きさ、抵当権の金額などの絞り込みによる優先的渉外活動等、従来は発見ができなかった角度からのアプローチが可能になります。また、借換の成約以外に法人オーナーへの事業性融資などの見込み客にも利用できます。

【導入実績】
ターゲットを絞り込んでの効率的営業によるアパートローンシェアの拡大・事業性融資の新規顧客獲得が行えたとのご評価を頂いております。

問い合わせ先
JON
東京第三
[TEL]03-3269-1220
[URL]http://www.jon.co.jp/
資料請求番号:2002
業務カテゴリ→渉外・営業支援

住宅ローン借換支援サービス

高確度な情報活用で営業効率を大幅アップ!
借換営業先候補をピンポイントで捕捉

住宅ローンの借換については、現状では収益が確保しにくい金利情勢下にあります。さらに働き方改革にスポットが当たり始めた昨今では、今までよりも借換活動の効率化が必要になってきます。
本製品は、住宅ローンが設定されている物件を抽出し、いつ・どこで・誰が・いくら借りたかが分かるサービスです。提供データ内には、住宅ローンの設定年や物件所在地、債権額等の債権者情報などが記載されています。さらにオプションとして債務者情報などもご提供することができます。

【導入効果】
ご提供データから、「営業エリア内で数年前に住宅ローンを組んだ物件」や「他金融機関の債権情報(債権者・物件など)」を網羅することができます。さらに、住宅ローンの借換えの可能性が高い物件所有者を高精度かつ速やかに捕捉することが可能です。従来の謄本取得調査やローラー営業に比べ、見込み客発掘の費用対効果も高く、営業先の探索・整理が容易になることでターゲットを絞った効率的・効果的な住宅ローンの借換提案が可能になります。

【導入実績】
地方銀行様を中心に90を超える金融機関に導入されています。住宅ローン借換支援データに基づく、残高表やシミュレーションの早期提出で成約期間の大幅短縮や有効面談率、成約率のアップの成果が出ています。さらに、新規開設支店のエリアにおいては、借換えによる新規顧客の獲得に威力を発揮しています。

問い合わせ先
JON
東京第三
[TEL]03-3269-1220
[URL]http://www.jon.co.jp/
資料請求番号:2003
業務カテゴリ→渉外・営業支援

MINDセキュアモバイルマネジメントサービス

スマートデバイスをビジネスの武器とし、
ワークスタイルの変革を!

MINDセキュアモバイルマネジメントサービスは、スマートデバイスを
①企業が管理しセキュリティを担保した業務領域
②エンドユーザーに管理を委ね利便性を重視した個人領域
に分けて管理することで、高い「セキュリティ」と「利便性」を両立したサービスです。
会社支給デバイスによる外出先や在宅での業務にとどまらず、BYOD(個人所有デバイスの業務利用)といった利用シーンにも対応することが可能です。この仕組みにより、場所、時間にとらわれないワークスタイル変革の後押しをいたします。
システムの運用管理やデバイスや紛失時の業務領域のロック・ワイプといった日常運用は、24時間365日MINDが代行し、お客様管理者の業務負荷を軽減します。

問い合わせ先
三菱電機インフォメーションネットワーク
戦略営業推進部
[TEL]03-6771-4806
[URL]http://www.mind.co.jp/service/network/network/securemobilemanagement.html
資料請求番号:2004
業務カテゴリ→渉外・営業支援

相続案内

営業エリア内の相続情報が地図上で閲覧可能に!

Web配信サービス『相続案内』では、地図上で相続情報の閲覧ができ、相続登記が行われた場所が一目で分かります。また地図上にあるポイントをクリックすると、物件情報と全部事項のPDFファイル、地番の分かる図面が閲覧可能です。
さらに、地積での検索や名寄せ検索も可能です。どのような物件が誰から誰に相続されたか全体の内容を把握するのに最適です。営業エリア周辺で起きている相続情報を網羅的に知ることができます。

問い合わせ先
JON
東京第三
[TEL]03-3269-1220
[URL]http://www.jon.co.jp/
資料請求番号:2005
業務カテゴリ→渉外・営業支援

Gift & Money for SMS

顧客へのギフト送付を効率化。在庫管理や郵送作業の省力化とコストダウンを実現。

各種アンケートへの回答のお礼やキャンペーン当選者向けギフトに商品券やクーポン券を提供するには、金券の在庫管理や郵送作業の手間やコストが大きな負担となります。
弊社のデジタルギフトソリューション『Gift & Money for SMS』を利用し、お客様への各種ギフトをデジタル化しSMSを使ってご案内することで、大幅なコストダウンが実現できます。
ギフトとしてお贈りするための商品や金券の事前購入も不要なため、払い戻しの手間も発生しません。ギフトにはコンビニのコーヒーなどの電子商品券から通販サイトやWebサイトで利用可能な電子ギフト券まで豊富なラインナップを揃えておりますので、様々なシーンでご利用いただくことが可能です。SMSで配信するためE-mailアドレスが不明でも配信可能です。SMSの開封状況およびギフトの受け取り状況が把握できる機能を標準装備しております。デジタルギフトのSMS配信作業は当社が対応致します(平成30年1月現在)ので、在庫管理や配信作業などの付帯業務の手間の削減にもつながります。

問い合わせ先
ジンテック
ソリューション営業本部
[TEL]03-5276-3731
[URL]http://www.jintec.com/
資料請求番号:2006
業務カテゴリ→渉外・営業支援

Push!Auto Call

SMSと連動したローコストな自動音声応答システム。架電業務の効率化を支援。

Push!Auto Callは、事前に声優が吹き込んだ音声を、対象電話番号に自動で発信するシステムです。受電されたお客様が電話機の番号をプッシュすることで、アンケートへの回答や要望に合わせたオペレーターとの音声通話への切替も可能です。新サービスを紹介したサイトのURLや振込先情報などを別途SMSで配信することで、より詳細な情報提供が可能です。
通話料は、弊社で保有しております通信キャリアを介さない専用回線の貸し出しによりローコストで提供が可能です。また発信前に弊社のTACS-DB(電話番号履歴)と連動させることで、誤連絡のリスクを最小化いたします。
チャネル数に応じて集中的な架電にも対応しており、短時間で効率的な架電業務を実施可能。地域・時間設定により対象者に効率的に運用できます。督促連絡やDMの到着確認および開封依頼、新サービスのご案内など日常の幅広い架電業務にご利用いただけます。
貴行保有の電話番号(フリーダイヤルの場合に限る)を発信番号に設定できますので、体制を変えることなく本サービスをご利用いただけます。
売り手市場により、電話オペレーターの確保も難しくなってきている昨今、自動音声応答システムを使うことで、拠点設営やオペレーター確保の手間も削減できます。

問い合わせ先
ジンテック
ソリューション営業本部
[TEL]03-5276-3731
[URL]http://www.jintec.com/
資料請求番号:2007
業務カテゴリ→渉外・営業支援

SMS送信システム「e-SMS」

自行顧客へSMS(ショート・メッセージ・サービス)の一括送信が可能です。

SMS(ショート・メッセージ・サービス)は、顧客の携帯電話番号に対して、返電依頼やキャンペーン告知などの簡易なメッセージ送信が可能です。メールや架電、文書に比べて、即時性や視認性に優れ、新たな顧客コンタクト手段としての活用が広がっています。SMS送信システム「e-SMS」は、自行顧客に対して、システム上からSMSを個別・一括送信することが可能です。ブラウザ画面から直接入力またはファイルのアップロードにて、簡易にSMSの一括送信を実現します。

《SMS送信》
①SMSの個別送信および大量一括送信が可能。
②メッセージのテンプレートを保持し、自社でメンテナンスが可能。
③顧客からのメッセージ受信が双方向で可能。
④オンプレミス型で、セキュアな環境下(自社内)からのSMS送信が可能。
《アプリ連携》
⑤債権管理システムと連携が可能。
⑥送信対象先の条件抽出および基本画面からの送信、交渉記録への自動書き込みが可能。
⑦反応率や入金率の統計資料を提供。

※本システムはセキュアな仕組みが認められ特許を取得しています。(特許番号:第6202877号)

問い合わせ先
アイティフォー
フィナンシャルシステム事業部
[TEL]03-5275-7905
[URL]https://www.itfor.co.jp/solutions/finance/e-sms.html
資料請求番号:2008
業務カテゴリ→渉外・営業支援

情報資産プラットフォーム SPIRAL

安い!早い!安全!
WEBアプリ構築クラウドで施策を実現!

便利なクラウドシステムやASPサービスが多数登場したことで、一見、業務スピードや成果はアップしたように思われがちです。
しかし、メールマガジンやセミナー受付、SFAやCRMなど、目的に合わせたシステムを無作為に導入すると顧客情報が各システムに分散し、思わぬ手間や機会損失が起きてしまいます。

SPIRAL(スパイラル)は様々なWEBアプリケーションを構築できる「PaaS」であるため、情報を分散させることなく、必要なアプリケーションを一つのサービス上で稼働させることができ、一つの大きなオリジナルWEBアプリとして利用できるサービスです。

アプリは「WEB」「DB」「メール」の基本パーツをノンプログラミングで組み合わせるだけで構築することができ、アイデア次第で必要な機能を追加していくことが可能です。

プログラムによるカスタマイズや、APIによる外部システムとの連携が可能なため、複雑な業務アプリの構築から、シンプルな問合せフォームまで、幅広いアプリ構築に対応しております。

◆無料トライアルもご用意しております。

問い合わせ先
パイプドビッツ
金融・保険ソリューション第二事業部
[TEL]03-5575-6601
[URL]https://www.pi-pe.co.jp
資料請求番号:2009
業務カテゴリ→渉外・営業支援

不動産インデックス

最新の不動産異動データから不動産の動きと個人のイベントに合わせたマーケティングが可能

不動産インデックスは、所在地番、登記処理年月、登記目的などの項目で構築されたデータベースで作られており、いつ、どこで、どのような不動産に、どのような登記が行われたかを、簡単に閲覧・検索できるWEBサービスです。
毎月、様々な登記の変化が起こった物件情報を配信しますので、「相続」、「差押」、「所有権移転・売買」、「抵当権の設定」等、多様なイベントを発見できるビジネスチャンスの源となります。新規顧客開拓、顧客のライフサイクルに合わせた提案が可能となります。

【活用方法】
各種ターゲットの発見やEBMとして活用することができます。
融資対象となる潜在顧客の抽出、財産の評価額を圧縮する節税対策、投資商品や金融商品の専門的な運用アドバイス、遺産分割協議を複雑にさせないための対策、納税資金を作るための対策等の提案が可能となります。

問い合わせ先
JON
東京第三
[TEL]03-3269-1220
[URL]http://www.jon.co.jp/
資料請求番号:2010
業務カテゴリ→渉外・営業支援

モバイルプリンター MW-145BT/145MFi

文庫本サイズの薄型モバイルプリンターです。

USBまたはBluetoothインターフェイスを持つ、薄型(17.5mm)、軽量(300g)のモバイルプリンターです。Androidのスマホ、タブレット、Windows CEのハンディーターミナル、Windowsのタブレットなど様々な機器と組み合わせて、ご利用いただけます。

用紙サイズに合わせてA7のMW-145BT、A6のMW-260 TypeAとプリンターのラインアップを揃えています。独自のカセット給紙方式により、用紙の交換操作が簡単で、用紙の紙詰まりはほとんどございません。
さらにiPhone/iPadとBluetoothで接続できるモデル、MW-145MFi、MW-260MFiもございます。

感熱方式のためにモノクロ印刷と限られてしまいますが、高保存タイプの感熱紙をご利用いただくことで、帳票の長期保管が可能となります。

MW-145BTは、全国の信用金庫様、信用組合様をはじめとする、多くのお客様に渉外支援業務にて、預り証の発行などでご利用いただいております。プリンターは非常に小さく軽量で持ち運びしやすいことから、ご好評をいただいております。評価機のご用意もございますので、ぜひお気軽にお尋ね下さい。

問い合わせ先
ブラザー販売
ビジネスソリューション事業部ソリューション推進部プレセールスG 金融担当宛
[TEL]03-3274-7607
[URL]http://www.brother.co.jp/product/mwprinter/navi/index.html
資料請求番号:2011
業務カテゴリ→渉外・営業支援

モバイルプリンター PJ-773/763MFi/763

A4サイズまで印刷できる、折り畳み傘サイズの小型モバイルプリンターです。

USBおよびBluetoothのインターフェイスを持つPJ-763と、BluetoothでiPhone/iPadとも接続できるPJ-763MFi、USBまたはWi-Fiのインターフェイスを持つPJ-773と、幅広いラインアップを持っています。A4サイズの用紙に印刷が可能で、小型、軽量(約620g)です。

PJ-763は、Androidのスマホ、タブレット、Windows のタブレットなどの機器と組み合わせてご利用いただけます。PJ-763MFiは、iPhone/iPadとのBluetooth接続も可能です。PJ-773は、Android、Windows、iPhone/iPadでご利用いただけます。

タブレットを活用した営業を強化している金融機関様では、ローンのシミュレーション、投資信託のご案内をタブレットの画面を使って説明されています。プリンターがあれば、その結果や、申込書、目論見書などをその場でお客様のご要望に応じて印刷することが可能です。

導入事例としてご紹介している東邦銀行様をはじめ、A4サイズまで印刷できるPocketJetシリーズをご検討いただく金融機関様が増えています。

評価機のご用意もございますので、ぜひお気軽にお尋ね下さい。

問い合わせ先
ブラザー販売
ビジネスソリューション事業部ソリューション推進部プレセールスG 金融担当宛
[TEL]03-3274-7607
[URL]http://www.brother.co.jp/product/mwprinter/navi/index.html
資料請求番号:2012
業務カテゴリ→渉外・営業支援

モバイルプリンター RJ-2050/RJ-3050

安心の防塵防滴性能を兼ね備えた、ロール紙対応モバイルプリンター

『RJシリーズ』は、ロール紙に対応した2インチ/3インチ/4インチプリンターです。機種ごとにWi-Fi/Bluetoothなどのインターフェイスを持ち、Windowsの他にもAndroidやiOSなどの機器とも組み合わせて、ご利用いただけます。

RJ-2050は、持ち運びに最適なコンパクト性は維持しつつも、堅牢性に優れた設計で、防塵・防滴性能にも対応した2インチモデルのレシートプリンターです。Wi-Fi/Bluetooth両方のインターフェイスを搭載することで、お客様の端末に合わせた接続が可能な上、使いやすい2.4インチモノクロ液晶によりプリンターの状態が一目で確認できます。

またRJ-3050も、小型堅牢性に優れつつ高速印刷にも対応しており、渉外支援業務にも最適な3インチモデルのレシートプリンターです。使えるロール外径も大きく、外出先では煩わしい用紙交換も減らしていただくことが可能です。

この他にも、4インチサイズのレシート印刷に対応したRJ-4030/RJ-4040など、合計8モデルと豊富なラインアップで、あらゆるお客様の印刷ニーズにお応えします。

評価機のご用意もございます。是非お気軽にお尋ね下さい。

問い合わせ先
ブラザー販売
ビジネスソリューション事業部ソリューション推進部プレセールスG 金融担当宛
[TEL]03-3274-7607
[URL]http://www.brother.co.jp/product/mwprinter/navi/index.html
資料請求番号:2013
業務カテゴリ→チャネル

KAL 海外クレジットカード対応ソリューション

ATM 代替機「RTM」でEMV準拠の
外国クレジットカード対応をローコストで実現

2017年は、訪日外国人数が過去最高を記録し、今後に迫るオリンピックや様々な国際イベントに向けて、ますますこの数は増えていくと想定されております。
その中で各金融機関様は海外クレジットカードの対応を加速していかなければならない状況と考えております。

KALのATM代替機『RTM』は、EMVに準拠しておりVISA、MasterCardを使用するインターナショナルカードに対して現金引き出しを可能にする端末です。

RTMは現金装填部分を持たないATMとなり、現金の代わりにチケットを発券し、それを現金と交換する仕組みです。
現金装填が不要なことと、メカニカルなメンテナンスを削減できることから、従来のATMと比較して最大で10分の1程度のコストで運用することも可能になります。銀行店舗だけでなく、キャッシュアウトが解禁になった現在、ホテル、駅などの様々な場所に設置も容易になると思います。

問い合わせ先
KAL
日本事務所
[TEL]03-6890-0611
[URL]http://rtm.kal.com/index.php/ja/
資料請求番号:2014
業務カテゴリ→チャネル

KAL マルチベンダーATMソフトウェア

80ヶ各国以上で稼働実績を誇るATMソフトウェア
運営費用を削減し収益向上を実現

KALは、グローバルに活動するマルチベンダー、マルチプラットフォームATMソフトウェアのリーディング企業です。
KALの包括的な製品は、各々のベンダーより提供されるATMのハードウェア、ソフトウェア、サービスに完全な共存性をもたらします。KALのATMソフトウェアは、ソフトウェアの供給化を実現し、銀行主導によるコスト削減を可能にします。この結果、より大きな競争優位をもたらし、さらに質の高い顧客体験を実現して頂くことができます。
KALのソフトウェアは、30ヶ国語以上の言語で動作認証されており、80ヶ国以上のATMで使われております。

◆マルチベンダーにより、単一ベンダーに囲い込まれることなく、最適なベンダー選択をできるためATM購入費用の削減が可能
◆統一ソフトでATMを運用できるため、ATMソフトの更新を迅速・低価格に実現
◆EMVなど、日本のATMソフトにはないセキュリティ技術の採用が容易なため、高い安全性確保が可能

問い合わせ先
KAL
日本事務所
[TEL]03-6890-0611
[URL]
資料請求番号:2015
業務カテゴリ→チャネル

KAL リテール向け現金預け払い機 RTM

キャッシュアウトサービス解禁
現金装填不要の現金自動預け払い機でローコストに対応

欧米では、小売店でのキャッシュアウトによる現金入手はすでにスタンダードな手法となっています。日本におきましても、昨春キャッシュアウトが解禁になり、現在実サービスの展開が待たれております。
KALのRTMは、現金装填部分が不要なATMです。現金の代わりにチケットを発行し、それを小売店などのレジ(キャッシュポイント)へ持参して現金と交換する仕組みになります。
現金装填部分がないので、本体費用の低減、および現金装填コストやメカニカルなメンテナンスの削減が可能となり通常のATMと比較しても最大で10分の1の費用で運営が可能になります。このため、1日の処理件数が少ないエリアには最適なソリューションです。
また、KALはATMソフトウェア開発がメイン業務ですので、このRTMにはATMと同じソフトウェアを採用しております。出金(出金はレジにて)のみならず、振込等の通常のATMと同等の機能も備えています。さらに、海外クレジットカード対応に関してもハードウェア、ソフトウェアともグローバルベースの認証をサポートしているので問題なく対応可能です。 
すでに海外市場では、小売店を始め様々な店舗へのRTMの設置が進んでおり、ATM機能だけでなく、KIOSK端末との融合も可能になることで、新たな金融サービス端末として活躍し始めています。

問い合わせ先
KAL
日本事務所
[TEL]03-6890-0611
[URL]http://rtm.kal.com/index.php/ja/
資料請求番号:2016
業務カテゴリ→チャネル

AIチャットボットサービス

KDDIエボルバでは、業務設計からAI+有人チャット対応までをワンストップで提供

KDDIエボルバでは、AIチャットボットのシステム提供だけでなく、お客さまニーズに合わせた業務の全体設計から人工知能システム導入、キャラクター・インターフェース制作までをワンストップ提供することが可能です。さらに、運用開始後のチューニング作業・有人チャット対応などトータルソリューションを提供します。また、スマートフォン利用のお客さまに最適な窓口(電話・チャット・FAQなど)を選択頂ける「ビジュアルIVR」もパッケージ製品としてご提供いたします。企業の顧客接点基盤の構築・運用をサポートし、企業の新たな価値創出と持続的成長に貢献します。

問い合わせ先
KDDIエボルバ
法人のお客さまお問合せ窓口
[TEL]0120-926-736
[URL]https://www.bpo.k-evolva.com/
資料請求番号:2017
業務カテゴリ→チャネル

小型磁気カードチェッカー SV-40

磁気飛び状態がグラフで見える磁気カードチェッカー・磁気カードエンコーダー・マグミエカ

近年、スマホケースの止め磁石によりキャッシュカードの磁気飛びが頻発し、大きな問題になっています。解決策のご案内です。
●SV-40は小型磁気カードチェッカーで、カードを差し込むだけで出力グラフが表示されます。磁気飛び状態がよく分かるので再発防止に役立ちます。
●AD-70は小型磁気カードエンコーダで、磁気データの書込みが出来ます。スタートアップカード方式により、セキュリティと利便性を両立しています。
●マグミエカは磁石を検知すると色が変わる磁気検知カードで、隠れた磁石を発見できます。ノベルティー用に名入れも出来ます。

問い合わせ先
ケンプラス
営業部
[TEL]03-3725-3641
[URL]http://www.kenplus.co.jp
資料請求番号:2018
業務カテゴリ→チャネル

チャットボットによるFAQ回答システム・家計管理

定型問合せ回答自動化により生産性向上を実現
対話型の家計簿入力・家計分析を実現

○チャットボットによるFAQ回答システム
バックオフィス業務の社内問合わせ対応や営業サポート業務をチャットボット化し、業務効率化を実現します。
FAQ回答システムでは、企業独自の業務プロセスや用語を辞書化しルールベースエンジンを構築するため、業務プロセスの変更や追加などにも容易に対応可能です。

○チャットボットによる家計管理・生涯資金繰り管理
食費、日用品など日々支出を行う変動費目、家賃、光熱費など月間の固定支出となる固定費目に分け、固定支出は毎月一度入力見直しを行うだけにするなど、入力負荷を削減します。また、入力は音声での入力にも対応しております。
入力した内容は月間の収支/支出推移、選択した月や統計値との比較、ゴールに対する進捗管理を行うことができます。
さらに生涯資金繰りを試算し、ゴール達成・資金繰り改善のためのソリューションとしての金融商品活用を提案します。

問い合わせ先
キャピタル・アセット・プランニング
システムソリューション事業本部
[TEL]03-6433-9150
[URL]
資料請求番号:2019
業務カテゴリ→チャネル

パーソナライズド動画「individeo」

お客様とのエンゲージメントを高め、顧客本位の業務運営を支援します。

お客様の属性や取引内容により、最適な情報をご案内する「パーソナライズド動画」サービスです。お客様ごとに異なるニーズに応えるOne to Oneの「個客」コミュニケーションを実現します。ギミックを凝らしたプロモーションも、対話型の解説動画もindivideoなら驚くほどのエンゲージメントが期待できます。

【individeoが選ばれる理由】
①顧客満足度向上
動画による、直観的で素早い理解を促し、期待を超えた満足を提供します。
②完全なパーソナライズ
お客様一人ひとりに最適な情報を発信することで、特別感を高め、訴求力のあるご案内ができます。
③セキュアな運用基盤
金融機関のコンピュータシステムに求められる安全対策基準に対応した専用のセキュアプラットフォームを構築しています。動画内での情報入力や、ログ収集機能、APIを利用した統計情報も安全かつシームレスにご利用いただけます。
さらに、金融機関における顧客本位の業務運営を後押しするため、顧客満足度アンケートを簡単に実施可能な機能もあります。「individeo」は、一層の顧客サービス向上、PDCAサイクルの改善に貢献します。
◆特設サイト
http://individeo.jp/

問い合わせ先
イセトー
営業企画部
[TEL]03-5644-1855
[URL]http://www.iseto.co.jp/
資料請求番号:2020
業務カテゴリ→チャネル

メガバンク、地銀で多数採用「RemoteOperator」

非対面チャネル強化に銀行業界で選ばれる
画面共有ソリューションの決定版

「RemoteOperator」は、双方向の画面共有で非対面チャネル強化を実現します。
 ■非対面の資産運用相談
ご来店いただけない若年層のお客様に対して、アプリダウンロード不要でPC・タブレットにPDFやPPTなどの資料を提示することができます。従来郵送で行っていた営業活動にスピード感を持たせることができ、お客様とのリレーションを大幅に強化します。
 ■お客様サポート・操作支援
お客様からのお問い合わせ対応の際、一目でお客様の状況を把握し、ポインターで操作案内ができるため、オペレーターの負担軽減、CS向上に繋がります。

問い合わせ先
インターコム
営業本部 CSグループ
[TEL]03-3839-6307
[URL]https://www.intercom.co.jp/remoteoperator/enterprise/
資料請求番号:2021
業務カテゴリ→チャネル

移動店舗・ATM車

ATMと銀行窓口を搭載したトラックで店舗のない
地域に幅広い金融サービスを提供します

移動店舗・ATM車は、既存店舗から離れた地域、過疎地、新興住宅地、イベント会場などへ巡回し、広範囲に金融サービスを提供します。振込・現金引き出しに便利なATMはもとより、車内に設けた相談窓口ブースでより細やかな金融サービスも行いますので地域住民の方々への利便性が向上します。また、災害時には臨時店舗としての活用のほか、搭載した発電機による外部への電源供給も出来ます。
車両の屋根や壁面パネルに熱伝導率が極めて低い素材を採用し、快適な室内でお客様にご利用いただけます。
床にはATM等の精密機器保護のための免震装置も組込みしています。また、お客様の用途・ご要望に合わせた製品ラインアップをご用意しております。
北海道から九州まで、全国11箇所に支店・営業所及び当社ネットワークによるメンテナンスサービス協力工場を配置し、きめ細かいアフターサービスを提供しています。

問い合わせ先
北村製作所
特殊車両事業部
[TEL]03-3518-8860
[URL]https://www.kitamurass.co.jp/seihin/tokushusharyo/hansoku/idotenposya/
資料請求番号:2022
業務カテゴリ→チャネル

音声マイニングで顧客の真の声を見抜く!

VOC詳細分析、テキスト自動要約、FAQリコメンドの
導入から運用を支援いたします!!

マーケティング活用や業務効率化など貴社の目的に合わせて通話音声データを効果的に活用することができます。

1.VOC詳細分析・応対品質分析
⇒手入力の対応履歴では拾い切れなかった顧客の声をあますことなく抽出し分析できます。

2.自動要約
⇒音声から対応内容を自動で要約します。対応履歴を入力していた時間を短縮し、生産性向上を支援します。

3.FAQリコメンド
⇒会話内容を自動で判別して対応中に適したFAQを表示させます。オペレーターの自己回答を支援することで生産性向上だけでなく、回答までの時間を短縮し、CSの向上を図ることができます。

4.各種システムの導入・運用支援
⇒当社センターでの運用実績を基に導入から運用まで貴社に合わせた支援をし、導入効果をより高めます。

問い合わせ先
アグレックス
営業統括部
[TEL]03-5990-5210
[URL]https://www.agrex.co.jp/service/detail/customer013
資料請求番号:2023
業務カテゴリ→チャネル

コンタクトセンターシステム

コンタクトセンターにおけるイン・アウトバウンド業務を支援するシステムです。

コンタクトセンターシステムは、インバウンドとアウトバウンド、営業店とコンタクトセンターなど様々なチャネル・業務を統合するシステムです。SIPベースにより短納期、低価格のシステム構築を実現します。インバウンド、受電集中、アウトバウンド、BLOCS(法人テレマ)などのアプリケーションにより構成されています。

【インバウンド】
テレバン、資料請求、ローン受付などのインバウンド業務全般を支援します。

【受電集中】
営業店の受電をセンターに転送し、営業店負荷の軽減、応対品質の標準化を図ります。

【アウトバウンド】
DMフォロー、年金口座獲得などのテレマ業務など、アウトバウンド全般を支援します。

【BLOCS(法人テレマ)】
センターから行うビジネスローンのアウトバウンド業務の推進を支援します。

問い合わせ先
アイティフォー
フィナンシャルシステム事業部
[TEL]03-5275-7905
[URL]http://www.itfor.co.jp/solutions/finance/tcc/
資料請求番号:2024
業務カテゴリ→チャネル

店舗軽量化ソリューション

店舗と重要物保管設備の新しいカタチ。店舗軽量化をワンストップソリューションで実現。

コンテナサイズのフレームユニットで、高いクオリティと最短50日という短工期を両立し、店舗計画の簡略化を実現する建築モジュール「モバイル店舗」。
組立式のコンパクトな構造に可動性と堅牢性を両立させたユニット型金庫室「モバイル金庫」、ユニット型書庫室「モバイル書庫」。
防盗・耐火金庫を備え、ICカードや暗証番号による認証制御でアクセス管理を実現するスマートな壁面収納庫「セキュアユニストレッジ2」。
計画調査から設計施工、運用後のサポートまでお客様の店舗戦略をワンストップでサポートします。

問い合わせ先
クマヒラ
企画本部 企画部
[TEL]03-3270-4388
[URL]http://www.kumahira.co.jp/
資料請求番号:2025
業務カテゴリ→チャネル

INC-300

見やすさ、わかりやすさが進化した
受付番号呼出システム

大きく見やすいタッチパネルディスプレイで、お越しいただいたお客様をストレス無くご案内。
順番が来たら見やすい白色LEDの番号表示とともに、音声でお呼び出しいたします。

ホスピタリティーを損なうことなく、窓口業務を効率化できるシステムです。

発券機・アナウンス表示器・操作器の3点で構成され、お客様に合わせたフレキシブルな運用が可能です。

またオプションとして、発券機の無線LAN接続や、データの一括管理、お呼び出し状況の大型ディスプレイ表示などもご利用いただけます。

さらに、株式会社生活革命との協業により、ソフトバンクロボティクスが提供・開発する人型ロボット「Pepper」を活用したシステムもご提供。※
PepperとINC-300を連携させ、「受付画面の表示」「受付番号の発券」「受付番号の呼出」等の一連の受付業務をPepperが行います。

ご来店されたお客様へのおもてなしに、ぜひご利用下さい。

※ソフトバンクロボティクスのPepperを活用し、自社が独自に実施しているものです。

問い合わせ先
ローレルバンクマシン
営業企画部
[TEL]03-3502-3311
[URL]http://www.lbm.co.jp/
資料請求番号:2026
業務カテゴリ→チャネル

コミュニケーションスタンド「コミニスタ」

ロボコットの利便性はそのままに、実務を
重視したAIコミュニケーションスタンド!

コミニスタは金融機関での利用を考慮した機能やサービスを備えております。
<運用、管理>
・コミニスタの搭載コンテンツや稼働シナリオの変更はクラウド経由で簡単に設定でき、本部から各営業店にあるコミニスタの管理が可能。
・自動起動、自動終了、各種スケジュール登録ができるので、営業店での面倒な操作もなく、運用することができます。
<コミュニケーション>
・IBM Watsonとの連携ができ、自然言語対話や各種分析の活用などが可能。
・IBM Watsonの能力を発揮するため、高度音声認識、ノイズ除去、単語短文の認識補助などを装備。
・対話と画面表示を連携させることで、利用者にわかりやすい案内や説明を実施。
・多言語対応も可能。しかも、日本語を登録するだけで、コミニスタが勝手に多言語で対話。
<導入、サポート、など>
・Windowsアプリの搭載が可能につき、既にお持ちのアプリをコミニスタに搭載、連携ができ、既存資産の有効活用が可能。
・全国のサポートが可能な販売パートナー様より購入頂くことで、地域に関係のないサポートを提供。
・利用用途に合わせたラインナップ、高いカスタマイズ性、お求めやすい価格。

問い合わせ先
タケロボ
営業部
[TEL]03-6821-9751
[URL]http://www.takerobo.co.jp/cominista/
資料請求番号:2027
業務カテゴリ→チャネル

サービスロボット「ロボコット」

クラウド連携やIBM Watson連携も可能!
簡単な運用、操作にて、高い効果を実現!

ロボコットは金融機関での利用を考慮した機能やサービスを備えております。
<運用、管理>
・ロボコットの搭載コンテンツや稼働シナリオの変更はクラウド経由で簡単に設定でき、本部から各営業店にあるロボコットの管理が可能。
・自動起動、自動終了、各種スケジュール登録ができるので、営業店での面倒な操作もなく、運用することができます。
<コミュニケーション>
・IBM Watsonとの連携ができ、自然言語対話や各種分析の活用などが可能。
・IBM Watsonの能力を発揮するため、高度音声認識、ノイズ除去、単語短文の認識補助などを装備。
・対話と画面表示を連携させることで、利用者にわかりやすい案内や説明を実施。
・多言語対応も可能。しかも、日本語を登録するだけで、ロボコットが勝手に多言語で対話。
<導入、サポート、など>
・Windowsアプリの搭載が可能につき、既にお持ちのアプリをロボコットに搭載、連携ができ、既存資産の有効活用が可能。
・全国のサポートが可能な販売パートナー様より購入頂くことで、地域に関係のないサポートを提供。
・利用用途に合わせたラインナップ、高いカスタマイズ性、お求めやすい価格。

問い合わせ先
タケロボ
営業部
[TEL]03-6821-9751
[URL]http://www.takerobo.co.jp/robocot/
資料請求番号:2028
業務カテゴリ→融資支援

信用情報照会システム e-AcrisⅢ plus

個人信用情報を取扱うパイオニア
支えられて29年

個人信用情報を審査に有効活用するには、まず各信用情報機関毎の「独特」なデータ定義から、本人の債務情報を正確に把握し、さらに審査基準に則った個人信用力の判定が欠かせません。当システムは、個人信用情報機関毎の「独特な」回答フォーマットに替わり、誰が読んでも分かり易く統一化されたフォーマットにし、加えて信用力の判定結果を出力します。審査担当者に「優しく」、「属人性を排除した」システムです。また、自動化することにより審査スピードの向上と正確性に寄与し、個人ローンのように件数が多い商品の審査を行う際、大いに力を発揮します。

問い合わせ先
Profit Cube
信用情報ソリューション部
[TEL]03-4330-3034
[URL]
資料請求番号:2029
業務カテゴリ→融資支援

総合債権管理システム

個人・事業性融資の正常、初期延滞から代弁および償却までを一元管理するシステムです。

【個人融資債権管理システム(CMS)】
個人融資の延滞債権の督促業務をセンター集中方式で行うことにより、効率的な債権管理業務を実現し、延滞率や代弁率の減少、営業店負荷の軽減を目的としたシステムです。
効果的な債権振分や、オートコール機能の活用、本人ヒット予測、再コール機能などによりヒット率や回収率の向上を実現、督促状や住民票請求、事故報告書、代位弁済請求などの文書発行・期日管理業務を正確に実施し、督促漏れ・代弁漏れを防ぎます。本システムは7割超の地銀で導入されています。
【法人融資債権管理システム】
営業店で行われている法人融資債権の管理を、本部主導により強化・効率化を図るシステムです。部分直接償却処理や未収利息の管理強化、自己査定システムなどの関連システムと連携することにより、情報を一元管理します。
【営業店Web連携】
営業店端末で延滞先の情報照会・入力が可能となるほか、従来はFAXなどで行われていた「調査依頼」「個別面談」などの連絡がオンライン化されます。

*本製品は、2018年春に「CMS Ver.5」としてバージョンアップされる予定です。全面Web化のほか、回収ガイダンス機能や回収業務を見える化する機能などにより、「誰もがプロフェッショナルになるシステム」としてリニューアルします。

問い合わせ先
アイティフォー
フィナンシャルシステム事業部
[TEL]03-5275-7905
[URL]http://www.itfor.co.jp/solutions/finance/cms/
資料請求番号:2030
業務カテゴリ→融資支援

SCOPE 個人ローン業務支援システム

個人ローン業務の申込受付から契約実行までをトータルに管理します。

【個人ローン業務支援システム】
融資審査業務のスピードアップや標準化を目的としたシステムです。インターネットやタブレット経由での申込受付から、審査の申込入力、外信照会結果との連携、審査判定、契約書印刷までをトータルで管理します。無担保ローン審査、住宅ローン審査、途上与信などのモジュールで構成されており、本部集中化や保証会社、営業店との各種連携を実現します。照会対応や自主規制などの制度変更にも迅速に対応します。融資審査業金融機関で70を超える導入実績を有します。
【審査モデル構築サービス】
審査モデルを活用し、初期審査から途上管理、住宅ローンの収益管理などを実現します。また、アラームシステムは、顧客の属性や取引内容に現れた変動から延滞が発生する可能性を事前に把握し、顧客への適正な対策を早期に行うことで、延滞を未然に防ぎます。
【住宅ローン申込Web受付システム】
Webサイト上からの住宅ローン仮申し込みを24時間受付し、審査結果をメールで回答します。顧客接点の拡大によるローン申込の増大を図ります。

問い合わせ先
アイティフォー
フィナンシャルシステム事業部
[TEL]03-5275-7905
[URL]http://www.itfor.co.jp/solutions/finance/scope/index.html
資料請求番号:2031
業務カテゴリ→融資支援

自動ローン審査システム QUANTUM

個人信用情報照会システムと連携
金融機関が蓄積しているデータを活用

本システムは、昨今脚光を浴びている個人向け融資業務において、当社の個人信用情報照会システムe-AcrisⅢplusと連携して金融機関が審査を行えるよう、審査業務を支援するものです。金融機関が保有する申込者の情報量や条件に応じて、自動的に最適な審査モデルを選択し、適正な審査を進めることができます。また、申込時の情報と取引実行後の情報を紐づけてデータベースに格納することができるため、審査モデルの構築やその見直しにも活用が可能です。更に操作面では、ワークフローを実現、申込入力が完了すると、「ワンクリック」で自動的に審査判定を実行します。

問い合わせ先
Profit Cube
信用情報ソリューション部
[TEL]03-4330-3034
[URL]
資料請求番号:2032
スペース