経営分野営業分野へ事務分野へ

経営分野スペース経営分野

[業務カテゴリー]
スペース製品紹介スペース
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

Scudoシリーズ 簡易型防水板 Simplight

ゲリラ豪雨の際にも
素早い設置で浸水を防ぎます。

ここ数年、気象状況は毎年のように異常気象と言われ、集中豪雨、高潮等により各地で浸水による被害が多発しております。また、都市では都市機能の充実を図る為、地下空間の有効利用は不可欠であり地下空間の浸水対策が重要となっております。そこで『より簡単に』を基本コンセプトに、浸水防止を目的とした『簡易型防水板 Simplight(シンプライト)』を発売しました。
【製品特長】
・室外側支柱に固定金具を取り付けるだけで簡単に施工できます。
・軽量パネル採用で持ち運びの負担を軽減し、約1分の作業で1人でも簡単に設置できます。

問い合わせ先
オカムラ
セキュリティ製品部
[TEL]03-5549-7641
資料請求番号:1001
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

UPS機能付き低価格蓄電池 ESS-P1S1

平時も被災時も役に立つ蓄電池(2kWh)
スマホ20台が同時に充電出来るアダプター付

通常はサーバー等の大容量UPS(無停電電源装置)としてご利用いただき、被災時はスマホの充電等、多目的蓄電池としてご利用いただけます。
配線工事不要、瞬断時間10mS、軽量38kg、キャスター付きで移動可能、長期5年保証付。
平時も被災時も強い味方です。
標準付属品:
消費電力計付ACアダプター、USB用10ポートチャージャー2台(スマホ20台を同時に充電可能)、LEDランタン2台(強点灯で5時間、弱点等で20時間、ハザード点灯で30時間利用可能)。
定価:550,000円(税別)
リース代:9,980円/月(税別)

問い合わせ先
ケンプラス
営業部
[TEL]03-3725-3641
[URL]http://www.kenplus.co.jp
資料請求番号:1002
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

情報システムの災害対策

サーバ・PC・ATMなどを雷・地震・電源トラブルの被害から護ります。

近年、多発する落雷や大地震に対する災害対策の製品・サービスと、IT化により重要度を増した電源トラブルへの対策製品をご紹介します。

【雷リスク診断サービス】
WEBサイトからご利用いただける簡単なアンケート形式の「WEB診断(無料)」と、専門スタッフが訪問して対策のご提案を実施する「現地診断(有料)」をご用意。雷害対策機器メーカーとしてコンサルティングから対策実施までワンストップで提供します。

【免震装置(長周期地震動対応)】
地震の揺れに弱いサーバなどは免震対策することで地震対策が可能です。昭電のラック用免震装置は直下型・長周期地震動にも対応するラインナップを用意。東日本大震災でもラック破損・システム障害が発生せず、大きな効果を発揮しました。

【電源トラブル対策】
業務のシステム化、IT化の進展により、安定した電源環境の構築が業務の安定稼動に直結します。各種発電機やUPSを組み合わせた停電対策の他に、停電からの回復時など電源投入の際に発生する突入電流による機器故障を防止する自動電流調整装置や、屋外設置可能なUPSとして使用できるバックアップ電源装置などをご提案いたします。

問い合わせ先
昭電
金融営業部
[TEL]03-5819-8343
[URL]www.sdn.co.jp
資料請求番号:1003
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

SkyAgent SecurePrint Ex.

情報漏えい対策と個人情報保護に有効な
印刷セキュリティシステム

本製品は印刷履歴の収集・管理機能や出力イメージをPDF化する機能等によりセキュアな印刷を支援するもので、印刷文書からの情報漏えいを抑止・防止し、情報セキュリティ対策および内部統制強化を実現します。
認証印刷機能を追加することで文書印刷時、誤って他の文書と取り違えてしまうことや、機密情報を他人に見られてしまうといった情報漏えいのリスクを低減します。

■印刷ログ&イメージログ
「誰が、いつ、何を、どこから、何部」印刷したかをログとして記録・保存するとともに、出力イメージをPDFで記録・保存します。

■すかし強制挿入
文書印刷時、ヘッダ・フッタにすかし(印刷元情報)を強制挿入することでセキュリティ意識を高め、不正持ち出しを抑制します。

■認証印刷
個人認証しなければ印刷を開始しないので、取り違えや盗み見等を防止します。
設置しているどの複合機・プリンタからでも印刷文書の受け取りが可能(どこでも印刷)です。

■マルチベンダプリンタ対応
プリンタのメーカー・機種に依存せず、出力環境を変える必要がないため、設置済みのプリンタをそのままご利用いただけます。

問い合わせ先
スカイコム
営業本部 営業部
[TEL]03-5289-0788
[URL]https://www.skycom.jp/at/ex/
資料請求番号:1004
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

Ericom Shield

リモートブラウザで標的型攻撃対策!
インターネットと端末を分離

Ericom Shieldは脅威の根源であるインターネットWebコンテンツの実行を100%エンドポイントから分離することによってWebからのマルウェア感染を防止するリモートブラウザ分離ソリューションです。パターンマッチングや振る舞いによるマルウェアの検知は行わず、脅威の分離と封じ込めによってセキュアなWebブラウジングを可能にするだけでなく、利用者にはインターネット、イントラネットを意識することなく快適な閲覧環境を提供します。アシストではこれに加え、個別要件に応じてカスタマイズ可能なダブルブラウザ・ソリューションも提供しています。

問い合わせ先
アシスト
仮想化事業推進室
[TEL]03-5276-3475
[URL]https://www.ashisuto.co.jp/ericom/
資料請求番号:1005
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

ThreatMetrix リスクベース認証

高度化・巧妙化する不正行為をリアルタイムに
可視・識別するセキュリティソリューション

不正行為のサイバー攻撃は日々進化を遂げており、より高度化・巧妙化しています。その進化は早く個々の企業で対応を図ることは難しくなりつつあります。弊社は、多種多様な端末属性やペルソナデータなどを常時収集し、また弊社ソリューションを利用している企業と相互に情報の共有を行うことにより、最新の不正行為に対応することが可能なセキュリティソリューションを提供します。
また、アクセスしてくるユーザーの情報(個人情報に関わらない情報)を可視化することによりアクセス地域の詐称やウイルス感染した端末からのアクセスなども検知・防止することが行えます。

<<導入事例>>
■新規アカウント・口座の申し込み・開設
・詐欺目的や不正目的の申し込み・開設を防止
・同一ユーザーからの多重申し込みの検知
■アカウントへのログイン
・なりすましログインの検知
・リスト型攻撃やBotからのアクセス防止
■振込・登録情報の更新
・既存ユーザーの登録情報書き換え防止
・なりすましによる不正送金の防止

<<導入効果>>
・二要素認証やトークン利用の低減によるユーザー利便性の向上
・脅威情報の共有による高いセキュリティの実現と改善・最適化
・なりすましや不正対策の最適化による業務コストの削減
・高いユーザー識別率による誤検知の低減

問い合わせ先
ThreatMetrix
マーケティング
[TEL]03-4577-6568
[URL]https://www.threatmetrix.com/ja/
資料請求番号:1006
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

メタディフェンダーキオスク

高い検出率を誇るチェックポイントソリューション

Metadefender KIOSK (メタディフェンダーキオスク)は、高セキュリティを維持したいネットワークに外部メディアを接続する際、より高度なウィルスチェックが実行できるチェックポイントソリューションです。ゼロデイ攻撃に対して高い防御効果があり、マルウェアの感染拡大の心配なく、安心してUSBやCD/DVD、SDメモリカードなどからデータを取り込むことが可能です。
ウィルススキャンエンジンをサーバ化することで同一システムを多拠点で利用するセンター化構成をとることが可能です。
特長としては、
・ウィルススキャンには、最大30社のウィルススキャンエンジンを利用可能
・暗号化USBにも対応し、フロッピーディスクのようなレガシーメディアやBlue-rayディスクもチェック可能
・ファイルサイズやファイル形式などのポリシーに基づきブロックが可能
・リスクのあるオブジェクトはサニタイズ(無害化)し取り除くだけでなく、安全なファイル形式に変換
・需要エリアの出入り口に設置できるキオスク筐体などがあります。

問い合わせ先
昭電
金融営業部
[TEL]03-5819-8343
資料請求番号:1007
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

SecureCore Standard Edition

二要素認証によるWindowsログオン制御を実現するソフトウェア

通常のWindowsログオンからセーフモード、リモートデスクトップ接続まで、全方位でコンピュータへのアクセスをUSBキーまたはOTPを使用した二要素認証で制御します。
企業内のコンピュータで取り扱われる重要なデータを情報漏洩リスクから守り、安全なコンピュータ資源共有、個人情報保護を簡単かつ確実に実現できます。

【主な機能】
①高いセキュリティ性
USBキーとWindowsアカウントパスワードによる二要素認証のログオン制御で、より高いレベルのセキュリティを実現します。
通常のWindowsログオンに加えセーフモード、リモートデスクトップ接続にも対応しているため、不正利用を強固に防止します。
②簡単運用
USBキー1本でログイン制御ができるため、利用者の利便性が向上します。
クライアントソフト及び管理ソフトともスタンドアローンで動作するため、インターネットの接続環境がなくとも運用可能です。
万一USBキーを紛失した場合でも、管理ソフトのワンタイムパスワード発行機能により、業務への支障が最小限に抑えられます。
③安価
SecureCoreソリューション及びUSBキーを低価格で提供いたします。

問い合わせ先
飛天ジャパン
営業部
[TEL]03-3668-6668
[URL]https://ftsafe.co.jp/products/securecore/securecore_standard/
資料請求番号:1008
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

情報セキュリティーシステム FSS

ICカードと暗号技術を組み合わせたセキュリティー
サーバーレスでネットワーク分離環境にも対応

情報の漏えいを防ぐための対策として、組織内では、情報システム操作者の権限・ログの管理やデバイスの制限、ネットワークの分離など、様々な対策措置を講じるように求められております。
また、外部からの攻撃手法も年々進化しており、標的型攻撃による情報漏えい対策も急務となっております。

FSSは、クレジットカードやマイナンバーカードと同じ高セキュリティーの接触式ICカードを用いた「本人認証(生体認証)」「シングルサインオン」「暗号化」「デバイス制御」「ログ収集」など、情報セキュリティーに求められる対策を1つのパッケージにまとめてご提供しています。
また、ICチップ内で暗号鍵や権限・生体情報を管理するため、専用のサーバーを用意する必要もなく、ネットワークが分離されていてもユーザーは意識せずにご利用頂けます。

サーバーレスのため、導入は1台から始めることができ、あとで拡張することも可能で、10,000台を超える大規模ネットワークへの導入実績もあります。
現在でも、多くの金融機関・官公庁様でご導入頂いております。

また、「ICカード+指静脈」のオプションもご用意しています。

問い合わせ先
ローレルバンクマシン
営業企画部
[TEL]03-3502-3311
[URL]http://www.lbm.co.jp/
資料請求番号:1009
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

マーケティングを活性化する匿名加工情報生成ツール

改正個人情報保護法に求められる要件サポート
個人情報漏洩防止と高品質なテストを実現

2017年の個人情報保護法改正により、匿名加工情報(※)をマーケティングに活用可能になりました。一方で2018年のGDPR施行等、国内外を問わず、個人情報の取扱いは一層厳重な管理が求められる傾向にあります。個人情報保護法改正の対応に求められる個人情報対策の「匿名加工情報」に特化した個人情報漏洩対策ソリューションを提供いたします。
(※)個人が特定できる部分を完全に排除したデータ
<個人情報秘匿システムの概要>
組織内で保有する個人情報データを、本番さながらの精度を保った状態で架空のデータに変換する秘匿ツールを提供します。住所は住所、姓名は姓名といったように属性を維持したまま一定のルールに沿って変換することが可能であり、名寄せテストなども含め本番さながらのシステムテストを可能にし、個人情報漏洩防止と高品質なシステムテストの両方を実現します。
個人情報保護法の改正で、企業システムに蓄積された大量のデータから「匿名加工情報」を生成することで、性別や年代、位置情報などマーケティングやリサーチ情報として有効活用できるようになります。本製品は、個人情報の漏洩防止や高品質なシステムテストの実現だけでなく、この個人情報保護法改正後の匿名加工情報のマーケティング活用という観点でも効果を発揮します。

問い合わせ先
アグレックス
ソリューション営業第1部
[TEL]042-371-7884
資料請求番号:1010
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

FIDO/FIDO2セキュリティデバイス

パスワードの要らない世界へ
次世代認証FIDO/FIDO2

■FIDOとは
オンラインサービスが世界的に広く普及した今日、ユーザーIDとパスワードを使用しただけのWeb認証では、甚大な被害を招き得る情報漏洩やサイバー攻撃などのリスクに対処しきれません。
そこでより手軽かつ強固な認証を実現すべく、2012年に誕生したのがFIDO(Fast IDentity Online Alliance)アライアンスと呼ばれる標準規格策定団体です。
FIDOアライアンスにはGoogle、Microsoft、Yahoo、LINEといったIT業界をリードする企業が名を連ね、2019年現在加盟企業はわずか7年間で250社となり、その数はさらに増え続けています。

■FIDOの4つのメリット
1 セキュリティ性が高まる
2 誰にでも簡単に使える
3 コスト削減につながる
4 プライバシーを保護できる

■FIDOに準拠したセキュリティデバイス
①ePass FIDO-NFC(インターフェース:USB/NFC)
②ePass FIDO-Multi-Interface(インターフェース:USB/NFC/BLE)
③BioPass FIDO2-K26(インターフェース:USB-C)
④BioPass FIDO2-K27(インターフェース:USB-A)
⑤BioPass FIDO2-K29(インターフェース:USB-A/NFC)

問い合わせ先
飛天ジャパン
営業部
[TEL]03-3668-6668
[URL]https://ftsafe.co.jp/products/fido/
資料請求番号:1011
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

OCRA型ワンタイムパスワードトークン C300

OCRA仕様OTPトークンの導入で
MITB攻撃による不正送金リスクを防止!

MITB(Man In The Browser)攻撃によりネットバンキングを対象とした深刻な被害が急増しています。
MITB攻撃はターゲット(金融機関の口座所有者)のPCに感染させたマルウェアを使い、ネットバンキングの利用を監視し、ログイン等の処理が始まるとセッションを乗っ取り、不正送金などの金融詐欺を行います。
OCRA仕様OTPトークンを使ったトランザクション署名処理方式を実装することにより、MITB攻撃による不正送金などの被害を防止します。
本製品は、以下の機能が一つのトークンに搭載されています。
①ワンタイムパスワード
一定時間毎にOTPを生成し、ログイン時の二要素認証を実現します。
②チャレンジ&レスポンス
サーバ側で指定されたチャレンジ値を入力し、レスポンス値を生成します。本人認証も実現可能です。
③トランザクション署名
ネットバンキングでの振込金額等セキュアな情報を入力し、トランザクション署名を生成します。
MITB攻撃により振込情報が不正に書き換えられていないかの検証処理を実現可能です。
飛天製品は日本国内の都市銀行をはじめとした複数金融機関、その他各国の金融機関にご採用いただいております。

問い合わせ先
飛天ジャパン
営業部
[TEL]03-3668-6668
[URL]https://ftsafe.co.jp/products/otp/c300otp/
資料請求番号:1012
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

PhishWall(フィッシュウォール)

国産ベンダーであるセキュアブレインが、日本をターゲットとした脅威に迅速に対応します。

インターネット・バンキングユーザを不正送金の脅威から保護します。クライアント型のPhishWallプレミアムと、ソフトのインストールが不要でサーバ側から監視するPhishWallクライアントレスの2製品があります。「PhishWallプレミアム」は、顧客のPC側から、導入企業のWeb サイトが真正なサイトであることを証明します。真正な場合、PCのブラウザに緑のシグナルが点灯し、本物のサイトであることが確認できます。また、顧客のPCがMITB攻撃型ウイルスに感染していないかをチェックします。感染の徴候を発見した場合は、警告メッセージを表示して不正な画面への入力を防ぎます。 「PhishWallクライアントレス」は、顧客のPCに表示される情報が、MITB攻撃型ウイルスによって改ざんされていないかをサーバ側でチェックします。改ざんの徴候を発見した場合は、警告メッセージを表示し、ブラウザを終了させることで不正送金をブロックします。ソフトのインストールが不要で、導入企業のWebサイトにアクセスする全ての顧客をMITB攻撃から保護します。またWebサイトへのアクセス時に利用者PCの様々な情報を収集し、セキュアブレイン独自の判定ロジックを用いて高精度に非正規利用者を判定する「なりすまし検知サービス」をオプションで追加しました。

問い合わせ先
セキュアブレイン
営業本部
[TEL]03-3234-3001
[URL]https://www.securebrain.co.jp/products/phishwall/index.html
資料請求番号:1013
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

SX-eKYC

AI認証技術で本人確認業務のプロセスを大幅に削減

現在、各金融機関は口座開設等を行う際、マネーロンダリングや不正利用対策として、膨大な手間とコストをかけて本人確認手続き(KYC)を行っております。

セカンドサイトが独自開発したSX-eKYCは、AI技術を用いて本人照合/偽造チェック業務の大幅なコスト削減を実現します。
また「AIによる自動判断」と「人による目視判断」を並行運用することで、コスト削減だけでなく従来以上の精度で不正を検知することも可能になります。

■特徴1:本人照合
AIモデルが顧客顔画像と本人確認書類(顔写真付き)の照合を行います。AIモデルから算出される本人一致率が低いものを重点的に目視することで、不正申込を効率的に発見することができます。

■特徴2:偽造チェック
AIモデルが本人確認書類の偽造チェックを行います。お客様の偽造事例を追加学習させることで、お客様独自の偽造チェックモデルを構築することも可能です。

問い合わせ先
セカンドサイト

[TEL]03-4405-9914
資料請求番号:1014
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

クラウド認証サービス らく認

パスワードレス認証でユーザをパスワードから解放します

ワンタイムパスワード、プッシュ通知、QRコード、SMS、指紋や顔等の生体、FIDOトークンでの認証が可能です。

各認証方式は組み合わせ自由なので、例えば生体認証とワンタイムパスワードを併用することで多要素認証も実現できます。セキュリティ強化と同時にユーザ利便性を向上させます。

複数システムへの連携により認証を一括管理することも可能です。クラウドなので運用も容易です。

飛天ジャパンではISMS認定を取得し、同基準に則った安全な運用体制を構築しています。

また、生体情報(指紋データや顔データなど)はサーバーに保存せず、クライアント側の生体認証装置(Authenticator)内に保存するので、個人情報の取り扱いも安心です。

プロトコル(RADIUS/SAML)連携、API開発など、導入も簡単です。PC/タブレット/スマホのマルチデバイスにも対応しています。
SDKを利用し、既存のオリジナルスマホアプリへ組み込みが可能です。そのため、らく認アプリのダウンロードは不要となり、ユーザーの利便性も損ないません。

問い合わせ先
飛天ジャパン
営業部
[TEL]03-3668-6668
[URL]https://ftsafe.co.jp/products/rakunin/
資料請求番号:1015
業務カテゴリ→BCP・セキュリティ

ワンタイムパスワードトークン

可変パスワードによる認証強化で
ネットバンキングの不正利用を未然に防止!

ワンタイムパスワードは1回限りの使い捨てパスワードを生成する認証セキュリティデバイスです。

パスワードが盗まれたとしても再利用が出来ないため、不正アクセス等の被害を未然に防止します。

弊社のワンタイムパスワードは、日本国内・中国の各種主要金融機関をはじめ世界各国のネットバンキングで採用され、500万本以上の導入実績がございます。

【ワンタイムパスワードの特長】
①操作性
ボタンをクリックし、表示されたパスワードを入力するだけのシンプル操作のため利用が容易です。

②国際規格
「OATH規格※」に準拠し、同準拠製品と連携させ、ソリューションが実現できます。

※OATHは米国旧ベリサイン社等、国際的な認証ベンダーがまとめたユーザー認証とアクセス制御に関する規格です。

③カスタマイズ
OEM/ODMでの受注生産で承っております。オリジナルカラーやロゴ変更等にも柔軟に対応します。カード型のワンタイムパスワードトークンもございます。

問い合わせ先
飛天ジャパン
営業部
[TEL]03-3668-6668
[URL]https://ftsafe.co.jp/products/otp/
資料請求番号:1016
業務カテゴリ→監 査

Cloud Auditor by Access Check

特権ID管理ソリューションをSaaS型で利用
専門オペレータによる運用支援サービス

 本サービスは特権ID管理ソリューション「SecureCube /Access Check」のワークフロー機能やアクセス制御、ログ取得などをSaaSで提供します。
 また、IT統制の専門家がこれまでの統制ノウハウを活用し、お客様の統制要件にあわせたオーダーメイド形式で、特権IDの登録とアクセスログのモニタリングをお客様に代わって行います。
 本サービスにより、クラウド上のお客様システムでサーバーなしに特権IDを管理できるとともに、専門性が高く、高負荷な管理・運用から開放されます。

問い合わせ先
NRIセキュアテクノロジーズ
ソリューションビジネス三部
[TEL]03-6706-0500
[URL]https://www.nri-secure.co.jp/service/solution/cloud_auditor.html
資料請求番号:1017
業務カテゴリ→監 査

SecureCube / Access Check

堅牢なアクセス制御で情報漏洩を防ぐ
特権ID管理のオールインワンソリューション

 金融監査やIT全般統制はもちろん、内部不正や巧妙な標的型攻撃による情報漏洩防止には特権ID管理が重要です。金融庁、監査法人から重視されており、金融検査指摘事例集でも顧客保護等管理体制の不備として取り上げられています。「SecureCube /Access Check」は特権ID管理に必要な全ての機能を統合したオールインワンソリューションです。
①利用者・利用IDの管理
事後承認や多段承認など、きめ細かいワークフロー機能で申請・承認のプロセスをシステム化します。またパスワードの定期更新にも対応し、特権ID運用業務の負担を軽減します。
②アクセス制御
申請・承認内容に従ったアクセス制御は当然のこと、事前に設定した不正行為を検知し、通信を自動的に即時遮断するなど、強固な制御が可能です。
③ログの管理・活用
申請・承認~証跡取得~事後監査を紐づけるため、監査業務の効率化や制度の向上といった効果が期待できます。
 また、特権ID管理製品は、職務権限分離や現場の運用、稼働中のシステムへの影響を考えると対応が難しいと思われがちですが、本製品はエージェントレスのため、既存システムに影響なく、短期・低負荷・低コストで導入できます。大規模な環境ではより高い費用対効果を実現します。

問い合わせ先
NRIセキュアテクノロジーズ
ソリューションビジネス三部
[TEL]03-6706-0500
[URL]https://www.nri-secure.co.jp/service/solution/accesscheck.html
資料請求番号:1018
業務カテゴリ→監 査

クライアント操作ログ管理 MylogStar

働き方改革に向けた業務効率化と生産性向上の
改善アプローチを「ログ管理」でサポート!

情報漏えい対策を強化するため、詳細なユーザー証跡管理を行うにはクライアントの操作ログが必要不可欠です。
「誰が・いつ・どのような操作をしたのか」を正確に把握することで、従業員の情報セキュリティに対する意識レベルの向上と抑止効果を促し、操作ミスなどによる不正操作を未然に防止することが出来ます。

また、現在、各企業では働き方改革に向けて様々な取り組みが行われています。働き方改革を実現するには、ワークライフ・バランス、労働生産性の向上とともに、効率的、且つ快適に働ける環境作りを構築しなければなりません。

MylogStar(マイログスター)は、物理環境・シンクライアント環境に関わらず、精度の高いログ収集力でPC操作ログなどの取得が可能なクライアント操作ログ管理ソリューションです。

従業員すべての操作ログを取得することで、不正行為や情報漏えいの流出経路を可視化し、業務プロセスの改善に有効活用できる他、テレワークにおける在宅勤務やサテライトオフィス勤務など、管理者から目の届かない場所でも所定内・所定外労働時間や業務状況を把握することが可能で、働き方改革をサポートします。

■製品の詳細はこちら
 https://www.mylogstar.net/
 ※トライアル版のお申し込みも可能です。

問い合わせ先
ラネクシー
第2ソフトウェア事業部 営業部
[TEL]03-6261-4711
[URL]https://www.mylogstar.net/
資料請求番号:1019
業務カテゴリ→監 査

統合ログ管理製品【Logstorage】

12年連続シェアNo.1!
標的型攻撃や情報漏えい対策・PCIDSS準拠もお任せ

東京オリンピックを始めとして、大阪万博等国際的なイベントが多数開催されるこれからの日本。様々な脅威もグローバル化の一途を辿っています。

標的型攻撃を始めとする外部からのサイバー攻撃や、情報漏えい等の内部脅威への対策を進めていく必要があるものの、一方でAWS、Azure、Office365といったパブリッククラウドサービスの利用も進み、セキュリティ対策を行うべき対象のシステムは日々多様かつ複雑に進化を続けています。
Logstorage(ログストレージ)は企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品です。

本製品は今までに官公庁/自治体/金融機関等様々なお客様にセキュリティ対策を始めPCI DSS/各ガイドライン準拠等を目的に導入頂いております。

純国産だからこそ、国内の情報システム部門にフィットした製品となっております。

製品の詳細は下記よりご確認ください。
https://www.logstorage.com/

問い合わせ先
インフォサイエンス
プロダクト事業部
[TEL]03-5427-3503
[URL]https://www.logstorage.com/
資料請求番号:1020
業務カテゴリ→監 査

特権ID&証跡管理ソリューション

150以上の金融機関で採用。セキュリティ対策
内部不正対策・サイバー攻撃対策の要

銀行、証券、生損保など150以上の金融機関で採用実績のある、コンピュータシステムが持つ特別なアカウント「特権ID」の適切な管理を行うためのソリューションです。システム規模に応じて、2つのラインナップをご提供しています。

【ESS REC/ESS AdminControl】
大規模なシステムまでをカバーできる特権ID管理および証跡管理ソリューションです。
・Windows/UNIX、データベースなど様々なシステムの特権IDを包括的に管理可能
・要件に合わせて設定・カスタマイズが容易
・豊富な監査レポートが標準で装備されておりFISC安全対策基準にも対応

【ESS AdminGate】
比較的小規模なシステムに最適な特権ID&証跡管理のオールインワン製品です。単一のサーバーで、特権ID管理のための必要十分な機能をすべて網羅しています。
・Windows/Linuxのシステムに対し、IDやパスワードの管理、操作内容の記録、ファイルの受け渡しといった機能を提供
・要件に応じて最適なエディション、価格体系を選択可能

問い合わせ先
エンカレッジ・テクノロジ
ソリューション営業部
[TEL]03-3527-2624
[URL]https://www.et-x.jp/
資料請求番号:1021
業務カテゴリ→基幹業務

金融インフラプラットフォーム「MT LINK」

国内約2,700社以上の金融データを集約
金融APIとして様々なサービスに連携可能

MT LINKは、国内2,700社以上の銀行口座、クレジットカード、電子マネー、マイル・ ポイントカード、証券口座の金融データを集約するAPIを提供しています。マネーツリーのコアバリューはサービスにおける業界最高水準のセキュリティ、プライバシー保護、透明性の実現です。個人・法人問わず、銀行のスマートバンキング化をサポート。エンゲージメント強化から業務改善など、様々な施策に金融データを活用できます。みずほ銀行、三井住友銀行、弥生、TKC、地方銀行、信用金庫など合計45社に提供しています。

問い合わせ先
マネーツリー
Product Marketing
[TEL]03-4588-0621
[URL]https://moneytree.jp/
資料請求番号:1022
業務カテゴリ→基幹業務

IT監査ソリューション Netwrix Auditor

IT環境の構成・変更・アクセスを見える化
IT監査ソリューション

近年、企業には様々な情報セキュリティ対策が求められています。中でも注目されるのがコンプライアンス(法令遵守)への対応です。組織の信頼性を向上させるためには組織内のネットワークやシステムの管理を厳正に行い、コンプライアンスへの対応を示す必要があります。

Netwrix Auditor(ネットリックス オーディター)は、Active Directory、ファイルサーバーなどの各種サーバーシステムにおける変更、構成、アクセスの履歴をレポート出力し、見える化することが可能です。これにより、内部要因による不正行為や外部攻撃によるデータ改ざんなど、セキュリティ脅威を検出します。

また、200種類以上の定義済みレポートには、GDPR、PCI DSS、ISO27001(ISMS)などに準拠したレポートも用意されており、お客様のニーズに合致した監査レポートを即時にご利用いただけます。

IT管理者の負荷を最小限に抑制しながら、迅速かつ効果的なIT統制、セキュリティ監視の体制を低コストで実現します。
Netwrix Auditorは全世界で8,000以上の顧客に導入されています。

■製品の詳細はこちら
 https://www.netwrix.jp/

問い合わせ先
ラネクシー
第1ソフトウェア事業部 営業部
[TEL]03-6261-4711
[URL]https://www.netwrix.jp/
資料請求番号:1023
業務カテゴリ→基幹業務

Progress Corticon

審査業務等に有効!
意思決定を加速するビジネスルール管理システム(BRMS)

Progress Corticonは、世界各国500社以上で利用されているビジネスルール管理システム(BRMS)です。ビジネスルールとアプリケーションを分離することで、ビジネスルールを独立して管理可能な状態にし、システムの柔軟性、見える化と開発のスピードアップを実現します。ビジネスルールの変更もコーディングレスでシステムに反映可能です。金融機関なら、融資審査業務、コンプライアンス、手数料計算、アップ/クロスセルなどに、保険業界なら、医療査定業務、保全システム全般、保険料計算、加入申出書類不備チェックなどに最適です。

問い合わせ先
アシスト
東日本技術本部 情報基盤技術統括部
[TEL]03-5276-3653
[URL]https://www.ashisuto.co.jp/corticon/
資料請求番号:1024
業務カテゴリ→基幹業務

SkyFox

機械学習モデルの作成を自動化し、アナリティクス業務を支援するツール

モデル作成にはデータ変換やアルゴリズムの選定などに時間がかかり、プログラミングや統計知識も必要になってきます。そのようなアナリティクス担当者の課題解決・負荷低減を実現します。
SkyFoxは、データが可視化でき、クリックするだけで様々な機械学習モデルの作成ができます。
<お客様の声>
・これまでの作業が一体何だったのか、と思うほど簡単にできてすごい(決済代行)
・データ更新の度、パラメータ調整に時間がかかっていたが、随分と業務時間が短縮できた(銀行)
・変数を入れ替えながら何度でも作り直せる(生保)

問い合わせ先
セカンドサイト

[TEL]03-4405-9914
資料請求番号:1025
業務カテゴリ→基幹業務

データ統合分析ツール DynaTrek

分散したデータを即座に集約しグラフ化
高頻度・きめ細やかな経営情報の分析やBPRに

近年、金融機関における「生産性革新」の中で、日々の帳票作成などにかかる労力を削減することが急務となっています。DynaTrekは多くの金融機関(30年末で18行)で利用されており、データの抽出から報告資料の作成、営業店との共有までを一括してシステム化することができます。
DynaTrekの導入により、収益・残高情報を即座に分析し経営会議資料の大幅なスリム化を実現、また渉外支援システムのデータを可視化し営業プロセス管理に活用できます。その他、預り資産の分析や事業性評価といった、金融機関の多様なデータ分析シーンで利用することが可能です。

問い合わせ先
ダイナトレック
経営企画部
[TEL]03-3539-1561
[URL]http://www.dynatrek.co.jp
資料請求番号:1026
業務カテゴリ→基幹業務

導入実績No1. データを最大活用する名寄せを提供

顧客情報管理業務を強力にバックアップ
名寄せ・クレンジングエンジンの決定版!

「トリリアム」は、データクレンジングと名寄せを行うエンジンで1999年から日本において販売を開始しております。現在200社以上の実績があり、主に金融機関に導入いただいております。昨今の銀行合併におけるHD、FGの名寄せをはじめ、CRM構築、バーゼル、LCR、ペイオフ、AMLなど多様なニーズに対応し課題解決を実現します。

<主な活用事例>
1.システムごとに分散管理された顧客情報の統合…各種業務システム間の顧客データの統合、HD間、FG間の名寄せなど、統合における多様なニーズを実現
2.顧客照会業務でのリアルタイムマッチング…コールセンター・窓口・WEB等より、業務別に分断された顧客のコンタクト履歴のリアルタイムマッチングを実現
3.マーケティング高度化…様々な外部情報(企業情報、市場情報、銘柄情報、格付情報)と顧客情報のマッチングが可能
4.アンチマネーロンダリング対応…反社会的勢力、凍結口座リスト、資金凍結者リスト、その他各種ブラックリストとの柔軟なあいまいマッチング機能の提供により、フィルタリングの精度を最適化
5.預金保険機構規定(ペイオフ)対応業務…きめ細かな点検単位にデータ分類し、効率的なペイオフ対応業務を支援

問い合わせ先
アグレックス
ソリューション営業第1部
[TEL]042-371-7884
資料請求番号:1027
業務カテゴリ→財務・会計

Fusion 財務統合管理

財務業務データの一元管理を実現するシステム
クラウドシステムによりTCOを削減

資金管理に応じた財務データを一元管理し業務の継続運用を実現します。株式・債券・投資信託等の有価証券と借入金・貸付金等の金融取引を対象に様々な資金移動に対応した伝票の起票と仕訳出力を行います。承認機能によるガバナンス強化、有価証券における管理台帳、グループ企業を含む金融取引のキャッシュフロー情報を出力します。蓄積されたデータを抽出し財務業務の意思決定における情報として活用することが可能です。クラウドシステム及び導入・保守サービスの充実により、導入期間の短縮とリモート接続環境によるサポートを実現しました。

問い合わせ先
Profit Cube
ソリュ―ション営業部 Fusion担当
[TEL]03-4330-3042
資料請求番号:1028
業務カテゴリ→人事・コミュニケーション

遠隔窓口相談システム LiveOnコール機能

相続やローンなどの「遠隔窓口相談システム」
本部の専門スタッフによる遠隔対応が可能に!

「LiveOn コール機能」は、各支店窓口・ローカウンターなどにPC端末を設置することにより、相続やローンなどの相談を遠隔で行うことができる遠隔窓口相談システムです。

支店に来店されたお客様が画面のメニューを選択するだけで簡単に本部の専門スタッフを呼び出すことができ、遠方の支店にいながら対面で本部の専門スタッフと相談を行うことができます。

相続相談やローン・投資信託業務などは手続きが複雑であり、高度な知識や経験が求められるため、特定の行員に業務が集中するという問題が発生します。「LiveOnコール機能」を使用すれば、本部で一括して支店からの相続などの相談業務に対応することができ、行員の負荷軽減と業務効率化が実現できます。

また、これまで営業店で行っていた業務を本部に集中化させることで、個々人のスキルによって生まれていた差異をなくし均質なサービスをお客様に提供することが可能となります。
 
<主な機能>
■ワンクリックでの呼出
■着信の自動振分け
■資料共有機能(描画も可能)
■保留・転送・複数拠点間通話
■着信予約機能

問い合わせ先
ジャパンメディアシステム
東京営業部
[TEL]03-5297-5511
[URL]https://www.liveon.ne.jp/
資料請求番号:1029
業務カテゴリ→人事・コミュニケーション

働く、が変わるテレワークソリューション LiveOn×PacketiX

テレワークに最適な環境をワンストップで
ご提供いたします。

【1: いつでもどこでも打ち合わせ 「Web会議システムLiveOn」】
テレワーク(在宅勤務)に欠かせないインターネットを使った打ち合わせや、サテライトオフィスとの会議ならLiveOnにおまかせ。

音声遅延と音切れを極力回避する独自の技術で、クリアな音声と軽快な動画映像を実現します。
視覚的に操作ができるインターフェイスなので、パソコン操作に不慣れな方でも簡単にご利用いただけます。

【2: いつでもどこでもデータアクセス 「リモートVPNアクセスPacketiX」】
公衆回線を専用回線であるかのように利用できるようにするVPN(Virtual Private Network)技術です。
社外から企業内のネットワークにアクセスし、どこにいても業務が続行できる環境を実現するリモートアクセスVPNです。

【3: テレワークを導入すると…】
「ワークライフバランスの実現」「BCP対策」「オフィスのコスト削減」「労働人口の確保」「就業機会の拡大」「生産性の拡大」「環境負荷の軽減」など、社会的にも大きな効果を生み出すことになります!

問い合わせ先
ジャパンメディアシステム
東京営業部
[TEL]03-5297-5511
[URL]https://www.bias.jp/
資料請求番号:1030
業務カテゴリ→人事・コミュニケーション

ビジュアルコミュニケーションシステム(Web会議) LiveOn

研修配信・経費削減・BCP対策に最適な高品質Web会議システム

LiveOn(ライブオン)は完全自社開発のWeb会議システムです。

パソコンとインターネット回線を用いて接続し、Webカメラやマイクスピーカーなどの簡易な機器で接続ができるため、手軽に安価な費用で全国の支店を繋ぐ会議システムを導入することが可能です。それにより、従来のように会議や研修の度に一ヶ所に集まる必要がなくなるため、移動に伴う出張経費や時間の削減、業務効率化を実現します。
LiveOnは金融機関様で非常に多く導入されているシステムであり、金融機関様への豊富な実績をもとに、お客様のご要望に合わせたカスタマイズなど、最適なご提案を行うことが可能です。

また、LiveOnでは最大150画面の同時表示が可能な大型会議室や、資料を画面上で共有できる資料共有機能・ホワイトボード、メディア(動画)再生、録音録画機能など、幅広い利用シーンに対応できる多彩な機能を標準搭載しています。

無償のトライアルも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

<金融機関様でのご利用用途>
■社内研修の配信
■相続やローンなどの相談窓口
■BCP対策
■社内会議

問い合わせ先
ジャパンメディアシステム
東京営業部
[TEL]03-5297-5511
[URL]https://www.liveon.ne.jp/
資料請求番号:1031
業務カテゴリ→人事・コミュニケーション

カスタムメイド型 業務アプリ作成ツール「AppSuite」

現場のニーズに応えるアプリの作成・活用で、あなたの会社をもっと働きやすい環境に

AppSuite(アップスイート)は、紙・メール・表計算ソフト主体の業務を、特別なITの知識を用いずにアプリ作成等によってシステム化できるツールです。データベース構築、フォーム作成、関数計算、リレーション、クロス集計、アクセス制御など、豊富な機能で全社的なシステムも作れます。投資信託の報告や支店―本店間の報告業務も再現できる他、クラウドだけでなくオンプレミスにも対応しているため、独自のネットワークで顧客情報を管理したい等の要望にも応えます。アプリはグループウェアdesknet's NEO(デスクネッツ ネオ)の機能として運用できます。

問い合わせ先
ネオジャパン
プロダクト事業本部 営業部
[TEL]045-640-5910
[URL]https://www.desknets.com/neo/appsuite/
資料請求番号:1032
業務カテゴリ→人事・コミュニケーション

グループウェア「desknet's NEO」

スケジュール管理、本格ワークフローからウェブ会議まで。
組織力を上げる業務支援ツール

desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)は「使いやすさ」と「機能の充実」にこだわったグループウェアです。行内の情報共有や業務効率化に役立つ25の機能を標準搭載。日本のワークススタイルや商習慣に合わせた設計で、コミュニケーションの促進、行内の組織力、人のつながりを強化します。安心・安全が求められる金融機関での利用に不可欠なセキュリティやオンライン会議が行える「ウェブ会議」などのオプションも豊富で、中小企業から大企業、学校、病院、公共団体、官公庁などをはじめ、銀行、信金、各種組合等の金融機関での導入実績も数多くあります。

問い合わせ先
ネオジャパン
プロダクト事業本部 営業部
[TEL]045-640-5910
[URL]https://www.desknets.com/
資料請求番号:1033
業務カテゴリ→人事・コミュニケーション

AIチャットボットハブサービス:Chai

ディープラーニングで本格的な自然対話を無料で実現するAIチャットクラウドサービス

Chai(チャイ)は、無料で始められるディープラーニングをコアエンジンとする本格的なAIチャットクラウドサービスです。
従来のパターン化されたAIチャットにとどまらず、意図解釈、シナリオ連携、品詞の置き換え、FAQの自動取り込み、設問に対する回答や連続会話のシナリオ自動生成などAIチャットが自然に対応できる機能が豊富です。加えて、外部APIやWEBページ、グラフと連動して利用者に新しいユーザー体験を提供します。さらに、チャットと会話する利用者のアクセス状況や属性分析、対話分析などマーケティング機能でお客様との対話を見える化します。

問い合わせ先
デフィデ
営業企画部
[TEL]03-6551-2921
[URL]https://www.chatbothub.ai/lp/
資料請求番号:1034
業務カテゴリ→人事・コミュニケーション

ビジネスチャット「ChatLuck」

メールより速く、無料ツールより安全で、会議よりも手軽な情報共有を実現します

メールや電話に代わる業務の連携手段として注目されるチャット。ChatLuck(チャットラック)はそんな一般向けチャットツールの使いやすさはそのままに、ビジネス用に特化した管理・セキュリティ機能を備え、情報共有の速度と確度を高めます。部署情報が管理できるため、行員の異動や組織再編時に柔軟なユーザーメンテナンスが可能。利用端末の制限も行えるため、管理外端末からの不正アクセスを防いだり、端末紛失時の利用停止措置も取ることができます。行内ネットワークのみに利用を限定することもでき、金融機関に必要な高いセキュリティ環境下での動作を実現できます。

問い合わせ先
ネオジャパン
プロダクト事業本部 営業部
[TEL]045-640-5910
[URL]https://www.chatluck.com/
資料請求番号:1035
業務カテゴリ→リスク管理

経営支援ソリューション Vivaldiシリーズ

ALM・収益管理に加え、営業戦略も提供可能な統合型ソリューション

金融機関の競争が激化してきているなかにおいて、金融機関が収益を拡充していくためには、営業戦略の部門間連携を適切に実施して、戦略の分析および課題の把握による運用の改善を実施し続けていくことが求められています。ProfitCubeでは、統合経営管理データベースに明細データを持つことに加え、ひとつのデータベース上で、ALM、収益管理に加えて営業戦略立案システム(マーケティング)等様々なアプリケーションを動かし、アプリケーション相互間の情報連携を自由に行えるソリューションを提供します。

問い合わせ先
Profit Cube
ソリューション営業部
[TEL]03-4330-3042
資料請求番号:1036
業務カテゴリ→リスク管理

保証・求償債権管理システム

保証債権の受付から管理、求償債権の回収、償却までをトータルで管理します。

「保証管理システム」、「求償債権管理システム」にて、保証会社における保証・求償債権の管理業務を大幅に精緻化・効率化します。

【保証管理システム】
保証会社向けの保証業務の受付・管理システムです。母体行からの保証依頼の受付から保証契約成立後の保証料の計算・管理、自己査定までを行い、保証業務全般の効率化を実現します。前受保証料などのシミュレーション機能や、各種統計・管理資料も充実しています。

【求償債権管理システム】
保証債権に関して、母体行からの代位弁済請求を受けて、求償債権の請求・回収から償却処理までを管理するシステムです。債務者の状態別の債権残高などを把握する機能に加え、各状態における業務を支援・管理する文書の作成や、回収・償却を支援する機能、個信登録用データ作成機能などを保有しています。

問い合わせ先
アイティフォー
フィナンシャルシステム事業部
[TEL]03-5275-7905
[URL]https://www.itfor.co.jp/solutions/finance/gms/
資料請求番号:1037
スペース