経営分野へ営業分野事務分野へ

営業分野スペース営業分野

[業務カテゴリー]
スペース製品紹介スペース
業務カテゴリ→渉外・営業支援

CAP資産管理SaaSソリューション

SaaSによる資産管理機能を提供
─顧客管理・活動管理とのAPI連携を実現─

〇概要
弊社資産管理ソリューションは、金融機関のコンサルティング営業で利用する「顧客管理システム(CRM)」や「活動管理・営業支援システム(SFA)」とお客さまの資産管理機能を有する本ソリューションをAPIでデータを相互に連携することにより、詳細で的確な顧客ニーズの把握を支援します。
〇サービス内容
資産管理ソリューションで活用できる情報(世帯情報・自社預かり金融資産等)をAPIで連携し、入力負担を大幅に軽減させます。
ライフプランシミュレーションのヒアリングと結果で得た情報(ライフイベントやニーズ等)をAPIで顧客管理情報システムに連携することで、コンサルティング営業を充実させ、顧客満足度を向上させます。
提供予定機能:生涯資金繰り試算、ライフイベント実現可能性試算、将来運用可能性試算、ロボアドバイザー機能、相続贈与試算、必要保障額試算
〇導入の効果
・オンプレミスでの導入と比較し、短期間・低価格でのソリューション利用が可能です。
・税制、公的年金制度、社会保険制度や統計値の更新を自動で実施するため、最新の情報を利用することができます。

問い合わせ先
キャピタル・アセット・プランニング
マーケティング
[TEL]03-6433-9150
[URL]https://www.cap-net.co.jp/
資料請求番号:2001
業務カテゴリ→渉外・営業支援

事業用建物オーナー情報提供サービス

共同住宅・複合ビルなどの事業用施設に特化したアパートローン等の借換ターゲットデータ!

お客様が指定した地域にあるマンションやアパートなどの共同住宅、テナントビル等の複合建物など事業用施設の所在、物件概要から所有者、債権者情報までをリスト化し営業支援データとしてご提供いたします。
これらの情報から、抵当権の設定があれば、与信や審査基準が住宅ローンより難しい反面、融資金額が大きいアパマンの借換を効率よく進めることが可能になり、アパートローン等の借換ターゲット情報としてご活用できます。
また、借入がない物件でも、収益物件の所有オーナーとして、富裕層や地主と想定されます。
よって投資信託等の金融商品や、節税対策、耐震対策、リフォーム等の新規融資先の営業ターゲットに繋がるなど、様々な場面で無駄のないマーケティングが可能になります。

【導入効果】
ご提供のデータからは、物件所在≠オーナー居住地の物件の抽出や築年数、建物の構造、大きさ、抵当権の金額などの絞り込みによる優先的渉外活動等、従来は発見ができなかった角度からのアプローチが可能になります。また、借換の成約以外に法人オーナーへの事業性融資などの見込み客にも利用できます。

【導入実績】
ターゲットを絞り込んでの効率的営業によるアパートローンシェアの拡大・事業性融資の新規顧客獲得が行えたとのご評価を頂いております。

問い合わせ先
JON
東京第三
[TEL]03-3269-1220
資料請求番号:2002
業務カテゴリ→渉外・営業支援

住宅ローン借換支援サービス

高確度な情報活用で営業効率を大幅アップ!
借換営業先候補をピンポイントで捕捉

住宅ローンの借換については、現状では収益が確保しにくい金利情勢下にあります。さらに働き方改革にスポットが当たり始めた昨今では、今までよりも借換活動の効率化が必要になってきます。
本製品は、住宅ローンが設定されている物件を抽出し、いつ・どこで・誰が・いくら借りたかが分かるサービスです。提供データ内には、住宅ローンの設定年や物件所在地、債権額等の債権者情報などが記載されています。さらにオプションとして債務者情報などもご提供することができます。

【導入効果】
ご提供データから、「営業エリア内で数年前に住宅ローンを組んだ物件」や「他金融機関の債権情報(債権者・物件など)」を網羅することができます。さらに、住宅ローンの借換えの可能性が高い物件所有者を高精度かつ速やかに捕捉することが可能です。従来の謄本取得調査やローラー営業に比べ、見込み客発掘の費用対効果も高く、営業先の探索・整理が容易になることでターゲットを絞った効率的・効果的な住宅ローンの借換提案が可能になります。

【導入実績】
地方銀行様を中心に90 を超える金融機関に導入されています。住宅ローン借換支援データに基づく、残高表やシミュレーションの早期提出で成約期間の大幅短縮や有効面談率、成約率のアップの成果が出ています。さらに、新規開設支店のエリアにおいては、借換えによる新規顧客の獲得に威力を発揮しています。

問い合わせ先
JON
東京第三
[TEL]03-3269-1220
資料請求番号:2003
業務カテゴリ→渉外・営業支援

将来の資金繰りが一目で分かるサービス

取引先の未来を創る営業活動をサポートします!
~金融機関での導入実績あり~

「ICAROS-V」は、取引先の決算データ等から資金繰り予想とP/L及びB/S予想を自動で作成します。稟議書作成や審査等の業務の効率化を実現するとともに、営業活動における様々なシーンで活用することが可能です。

◆取引先との接点が強化できる
営業活動における新たなコミュニケーションを創出します。資金繰りを経営課題の一つと位置付ける中小企業は数多く、毎月の予想を算出することで定期的な訪問ツールとして活用いただけます。

◆融資機会が分かる
資金繰り予想から「いつ・いくら資金が必要になるのか?」が一目で分かり、融資機会を予測することが可能になります。先手先手の営業活動により、取引先との更なる関係強化を実現します。

◆経営支援ができる
資金繰りをベースとした経営者目線が身に付き、取引先へのコンサルティングを可能にします。例えば、事業承継のシーンでは後継者の資金繰りに対する理解を深めることで、円滑な事業承継を行うことに成功しています。このようにコンサルティングによる新たな収益機会を創出することも可能です。

問い合わせ先
竹橋経営コンサルティング
営業部
[TEL]03ー6407-8799
[URL]https://ai-shikin.com/
資料請求番号:2004
業務カテゴリ→渉外・営業支援

相続案内

営業エリア内の相続情報が地図上で閲覧可能に!

Web 配信サービス『相続案内』では、地図上で相続情報の閲覧ができ、相続登記が行われた場所が一目で分かります。また地図上にあるポイントをクリックすると、物件情報と全部事項のPDF ファイル、地番の分かる図面が閲覧可能です。
さらに、地積での検索や名寄せ検索も可能です。どのような物件が誰から誰に相続されたか全体の内容を把握するのに最適です。営業エリア周辺で起きている相続情報を網羅的に知ることができます。

問い合わせ先
JON
東京第三
[TEL]03-3269-1220
資料請求番号:2005
業務カテゴリ→渉外・営業支援

SMS送信システム「e-SMS」

SMS(ショート・メッセージ・サービス)の個別・一括送信が可能です。

SMS(ショート・メッセージ・サービス)は、顧客の携帯電話番号に対して、返電依頼やキャンペーン告知などの簡易なメッセージ送信が可能です。メールや架電、文書に比べて、即時性や視認性に優れ、新たな顧客コンタクト手段としての活用が広がっています。SMS送信システム「e-SMS」は、自行顧客に対して、システム上からSMSを個別・一括送信することが可能です。ブラウザ画面から直接入力またはファイルのアップロードにて、簡易にSMSの一括送信を実現します。

《SMS送信》
①SMSの個別送信および大量一括送信が可能。
②メッセージのテンプレートを保持し、自社でメンテナンスが可能。
③顧客からのメッセージ受信が双方向で可能。
④オンプレミス型で、セキュアな環境下(自社内)からのSMS送信が可能。

《アプリ連携》
⑤債権管理システムとの連携。
⑥送信対象先の条件抽出および送信結果の自動書き込みが可能。
⑦反応率や入金率の統計資料。
⑧URL連携にて入金約束の取得が可能。

※本システムはセキュアな仕組みが認められ特許を取得しています(特許番号:第6202877号)

問い合わせ先
アイティフォー
フィナンシャルシステム事業部
[TEL]03-5275-7905
[URL]https://www.itfor.co.jp/solutions/finance/e-sms.html
資料請求番号:2006
業務カテゴリ→渉外・営業支援

不動産インデックス

最新の不動産異動データから不動産の動きと個人のイベントに合わせたマーケティングが可能

不動産インデックスは、所在地番、登記処理年月、登記目的などの項目で構築されたデータベースで作られており、いつ、どこで、どのような不動産に、どのような登記が行われたかを、簡単に閲覧・検索できるWEB サービスです。
毎月、様々な登記の変化が起こった物件情報を配信しますので、「相続」、「差押」、「所有権移転・売買」、「抵当権の設定」等、多様なイベントを発見できるビジネスチャンスの源となります。新規顧客開拓、顧客のライフサイクルに合わせた提案が可能となります。

【活用方法】
各種ターゲットの発見やEBM として活用することができます。
融資対象となる潜在顧客の抽出、財産の評価額を圧縮する節税対策、投資商品や金融商品の専門的な運用アドバイス、遺産分割協議を複雑にさせないための対策、納税資金を作るための対策等の提案が可能となります。

問い合わせ先
JON
東京第三
[TEL]03-3269-1220
資料請求番号:2007
業務カテゴリ→渉外・営業支援

モバイルプリンター MWシリーズ / RJシリーズ

渉外支援に最適なカット紙/ロール紙タイプのモバイルプリンター

『MWシリーズ』は、カット紙印刷に対応したA6/A7用紙の感熱モバイルプリンターです。薄型(最小17.5㎜)、軽量(最小300g)が特徴で、タブレットやスマホなどのモバイル端末と組合せて、渉外支援業務時の預り証や領収証印刷等にお使いいただけるプリンターです。A6/A7用紙プリンターそれぞれが、紙カセット給紙方式を採用することにより、用紙の交換操作が簡単で、どなたでも安心してお使いいただけます。特にA7用紙タイプのモバイルプリンターは、非常に小さく持ち運びしやすいこともあり、全国の金融機関さまにご好評いただいております。ブラザーのホームページ上でも、導入事例をご紹介しておりますので、是非ご覧ください。
また『RJシリーズ』は、ロール紙印刷に対応した4インチ/3インチ/2インチ用紙の感熱モバイルプリンターです。持ち運びに最適なコンパクト性は維持しつつも、堅牢性に優れた設計で、防塵・防滴性能や高速印刷にも対応しており、外出先でも安心してプリンターをお使いいただけます。
MWシリーズ/RJシリーズともに、評価機のご用意がございます。是非、お気軽にお問合せください。

問い合わせ先
ブラザー販売
ビジネスソリューション事業部ソリューション推進部プレセールスG 金融担当宛
[TEL]03-3274-7607
[URL]https://www.brother.co.jp/product/mwprinter/index.aspx
資料請求番号:2008
業務カテゴリ→渉外・営業支援

モバイルプリンター PJ-773/763MFi/763

A4サイズまで印刷できる、折り畳み傘サイズの小型モバイルプリンターです。

USBおよびBluetoothのインターフェイスを持つPJ-763と、BluetoothでiPhone/iPadとも接続できるPJ-763MFi、USBまたはWi-Fiのインターフェイスを持つPJ-773と、幅広いラインアップを持っています。A4サイズの用紙に印刷が可能で、小型、軽量(約620g)です。

PJ-763は、Androidのスマホ、タブレット、Windows のタブレットなどの機器と組み合わせてご利用いただけます。PJ-763MFiは、iPhone/iPadとのBluetooth接続も可能です。PJ-773は、Android、Windows、iPhone/iPadでご利用いただけます。

タブレットを活用した営業を強化している金融機関様では、ローンのシミュレーション、投資信託のご案内をタブレットの画面を使って説明されています。プリンターがあれば、その結果や、申込書、目論見書などをその場でお客様のご要望に応じて印刷することが可能です。

導入事例としてご紹介している東邦銀行様をはじめ、A4サイズまで印刷できるPocketJetシリーズをご検討いただく金融機関様が増えています。

評価機のご用意もございますので、ぜひお気軽にお尋ねください。

問い合わせ先
ブラザー販売
ビジネスソリューション事業部ソリューション推進部プレセールスG 金融担当宛
[TEL]03-3274-7607
[URL]https://www.brother.co.jp/product/mwprinter/index.aspx
資料請求番号:2009
業務カテゴリ→チャネル

KAL 海外クレジットカード対応ソリューション

ATM 代替機「RTM」でEMV 準拠の外国クレジットカード対応をローコストで実現

年々、訪日外国人数が過去最高を記録し、今後に迫るオリンピックや様々な国際イベントに向けて、ますますこの数は増えていくと想定されております。
その中で各金融機関様は海外クレジットカードの対応を引き続き検討をしていかなければならない状況と考えております。

KAL のATM 代替機『RTM』は、EMV に準拠しておりVISA、MasterCard を使用するインターナショナルカードに対して現金引き出しを可能にする端末です。

RTM は現金装填部分を持たないATM となり、現金の代わりにチケットを発券し、それを現金と交換する仕組みです。
現金装填が不要なことと、メカニカルなメンテナンスを削減できることから、従来のATM と比較して最大で10 分の1 程度のコストで運用することも可能になります。銀行店舗だけでなく、キャッシュアウトが解禁になった現在、ホテル、駅などの様々な場所に設置も容易になると思います。

問い合わせ先
KAL
日本事務所
[TEL]03-6890-0611
資料請求番号:2010
業務カテゴリ→チャネル

KAL マルチベンダーATM ソフトウェア

80 ヶ各国以上で稼働実績を誇るATM ソフトウェア
運営費用を削減し収益向上を実現

KAL は、グローバルに活動するマルチベンダー、マルチプラットフォームATM ソフトウェアのリーディング企業です。
KAL の包括的な製品は、各々のベンダーより提供されるATM のハードウェア、ソフトウェア、サービスに完全な共存性をもたらします。KAL のATM ソフトウェアは、ソフトウェアの供給化を実現し、銀行主導によるコスト削減を可能にします。この結果、より大きな競争優位をもたらし、さらに質の高い顧客体験を実現して頂くことができます。
KAL のソフトウェアは、30 ヶ国語以上の言語で動作認証されており、80 ヶ国以上のATM で使われております。

◆マルチベンダーにより、単一ベンダーに囲い込まれることなく、最適なベンダー選択をできるためATM 購入費用の削減が可能
◆統一ソフトでATM を運用できるため、ATM ソフトの更新を迅速・低価格に実現
◆ EMV など、日本のATM ソフトにはないセキュリティ技術の採用が容易なため、高い安全性確保が可能

問い合わせ先
KAL
日本事務所
[TEL]03-6890-0611
資料請求番号:2011
業務カテゴリ→チャネル

KAL リテール向け現金預け払い機 RTM

キャッシュアウトサービス解禁
現金装填不要の現金自動預け払い機でローコストに対応

欧米では、小売店でのキャッシュアウトによる現金入手はすでにスタンダードな手法となっています。日本におきましても、キャッシュアウトが解禁になり、様々な実サービスの展開が検討されております。
KAL のRTM は、現金装填部分が不要なATM です。現金の代わりにチケットを発行し、それを小売店などのレジ(キャッシュポイント)へ持参して現金と交換する仕組みになります。
現金装填部分がないので、本体費用の低減、および現金装填コストやメカニカルなメンテナンスの削減が可能となり通常のATM と比較しても最大で10 分の1 の費用で運営が可能になります。このため、1 日の処理件数が少ないエリアには最適なソリューションです。
また、KAL はATM ソフトウェア開発がメイン業務ですので、このRTM にはATM と同じソフトウェアを採用しております。出金(出金はレジにて)のみならず、振込等の通常のATM と同等の機能も備えています。さらに、海外クレジットカード対応に関してもハードウェア、ソフトウェアともグローバルベースの認証をサポートしているので問題なく対応可能です。 
すでに海外市場では、小売店を始め様々な店舗へのRTM の設置が進んでおり、ATM 機能だけでなく、KIOSK 端末との融合も可能になることで、新たな金融サービス端末として活躍し始めています。

問い合わせ先
KAL
日本事務所
[TEL]03-6890-0611
資料請求番号:2012
業務カテゴリ→チャネル

磁気パターンが見えるカード「マグミエカ・プロ」

通帳や磁気カードの上に置けば磁気パターンが、磁石に近づければ磁石の強さが分かります。

近年、スマホケースの止め磁石により通帳やキャッシュカードの磁気飛びが頻発し、大きな問題になっています。
●マグミエカ・プロを磁気ストライプ上に置いて軽くこすると磁気パターンが浮かび上がり、消磁状態を目視出来ます。
●マグミエカ・プロを磁石に近づけると黒く変色するので、悪影響を与える磁石がどこにあるかがすぐに分かります。
●マグミエカ・クリアの上にマグミエカ・プロをのせて滑らせると、磁気パターンや変色はクリアされて初期状態に戻ります。
●低価格なので、各店舗設置やノベルティ用に最適です。

問い合わせ先
ケンプラス
営業部
[TEL]03-3725-3641
[URL]http://www.kenplus.co.jp
資料請求番号:2013
業務カテゴリ→チャネル

帳票電子交付サービス 「インフォメーラー」

インターネットバンキングと連携したデジタル閲覧でコスト削減・CS向上

お客さまよりお預かりした通知状データからPDF帳票を作成し、デジタル閲覧が可能な帳票電子交付サービスです。
電子化による各種帳票の郵便料金などのコスト削減や、インターネットバンキングと連携したシングルサインオンにより、FISC安全対策基準のセキュアな環境でのサービス提供が可能です。
紙×デジタルによる顧客満足度向上を実現するため、さまざまなニーズに応え、通知状作成や発送などのBPO業務にも対応します。スピーディーな通知状の交付、非対面チャネルでの顧客接点の強化を実現し、金融機関のCS向上を後押しします。

問い合わせ先
イセトー
営業企画部
[TEL]03-5644-1855
[URL]https://www.iseto.co.jp/
資料請求番号:2014
業務カテゴリ→チャネル

パーソナライズド動画 「individeo」

非対面チャネル強化に、業務効率改善に、アンケートにも!金融機関での実績多数

individeoは、お客さま一人ひとりにパーソナライズされた情報を動画でご案内できます。

【individeoが選ばれる理由】
●お客さまごとに最適なご案内
自分に必要な情報のみが案内されるため、ストレスなく情報取得が可能となり、コンバージョン率向上や顧客満足度向上につながります。
●セキュアな運用基盤
専用のセキュアプラットフォームは、金融機関に求められる安全対策基準に対応しています。

●顧客本位の業務運営を後押し
顧客満足度アンケートを簡単に実施可能です。渉外用タブレットでの活用例が多数あります。

【書類手続き解説動画】
●書類不備率30%改善の実績
individeoなら、お客さまによって異なる書類の記入箇所・記入内容・添付書類等を、お客さまのペースや理解に沿ってわかりやすくご案内します。
書類不備の削減だけでなく、コールセンターの問合せ減少にも貢献します。

<導入実績>
・年金移換案内
・ポイント移行案内
・顧客満足度アンケート
◆特設サイト
https://individeo.jp/

問い合わせ先
イセトー
営業企画部
[TEL]03-5644-1855
[URL]https://www.iseto.co.jp/
資料請求番号:2015
業務カテゴリ→チャネル

ビジュアルIVR「VisualMenu」

銀行・損保など大手金融機関様の導入実績多数
問合せ入電をデジタルチャネルへ誘導します

KDDIエボルバが提供する「VisualMenu」は、問合せメニューやチャネルをお客さまのスマートフォン上に可視化するプラットフォームです。
顧客接点の起点として、問合せ入電をデジタルチャネルに誘導することで、呼量の最適化、お客さまの自己解決を促進します。
WebベースのビジュアルIVRのため、お客さま側で専用アプリのインストールは不要。コールバック予約などコンタクトセンターでの活用を想定したさまざまな機能を搭載しています。
導線設計から導入後の効果検証・サポートまでワンストップで提供します。

問い合わせ先
KDDIエボルバ
法人のお客さまお問合せ窓口
[TEL]0120-926-736
[URL]https://www.k-evolva.com/
資料請求番号:2016
業務カテゴリ→チャネル

メガバンク、地銀で多数採用「RemoteOperator Enterprise」

【 金融業界で選ばれる安心の実績 】
非対面チャネル強化の画面共有ソリューション

「RemoteOperator Enterprise」は双方向の画面共有で非対面チャネル強化を実現します。アプリダウンロード不要、遠隔操作機能不搭載のサービスです。
 ■非対面の資産運用相談
お客様にご来店いただかずに、PC・タブレットにPDFやPPT資料を提示し営業ができます。従来郵送で行っていた営業活動をスピーディにし、お客様とのリレーションを大幅に強化します。
 ■お客様サポート・操作支援
お客様からのお問い合わせ対応の際、一目でお客様の状況を把握し、ポインターで操作案内ができるため、オペレーターの負担軽減、CS向上に繋がります。

問い合わせ先
インターコム
営業本部 CSグループ
[TEL]03-3839-6307
[URL]https://www.intercom.co.jp/remoteoperator/enterprise/
資料請求番号:2017
業務カテゴリ→チャネル

音声マイニングで顧客の真の声を見抜く!

コンタクトセンターの通話音声をテキスト化・分析し、様々な用途に活用可能!

マーケティング活用や業務効率化など貴社の目的に合わせて通話音声データを効果的に活用することができます。

1.音声認識・会話分析
⇒手入力の対応履歴では拾い切れなかった顧客の声をあますことなく抽出し分析できます。

2.自動要約
⇒音声から対応内容を自動で要約します。対応履歴を入力していた時間を短縮し、生産性向上を支援します。

3.FAQリコメンド
⇒会話内容を自動で判別して対応中に適したFAQを表示させます。オペレーターの自己回答を支援することで生産性向上だけでなく、回答までの時間を短縮し、CSの向上を図ることができます。

4.FAQメンテナンスの効率化・AI教師データの作成
⇒会話分析機能により、FAQの構築やメンテナンスの効率化が可能となります。この機能を応用することでチャットボット等のAI向け教師データの作成にも活用いただけます。

5.導入コンサルティングサービス
⇒当社センターでの運用実績を基に導入から運用まで貴社に合わせたコンサルティングサービスを提供し、導入効果をより高めます。

問い合わせ先
アグレックス
ソリューション営業第1部
[TEL]042-371-7884
資料請求番号:2018
業務カテゴリ→チャネル

回収業務の奥の手「ロボティックコール」

ローンやクレジットの利用者拡大に伴う回収業務の生産性向上とコスト削減のために!!

ローンやクレジットなどの信用取引利用者拡大に伴い、回収業務における顧客とのコンタクトや架電量は今後確実に増え、そこに労働人口減少が追い打ちとなり深刻な問題となるでしょう。そのような状況となる前にロボティックコールを活用しませんか?

ロボティックコールは、「延滞債権管理システム」をはじめとした当社のノウハウを注入した“ロボットオペレーター”です。人間に代わりシステムが自動架電(※SMSにも対応)し、手続完了や既存システムへの反映までを全自動で行う「夢のシステム」です。
架電だけではありません。利用者からの折り返しの電話に対してもロボットオペレーターが本人確認から手続き完了までを全自動で行います。有人対応が必要な場合は、担当者に取次いでくれます。

しかも生産性向上や人員コスト削減だけが効果ではありません。多くの副次効果があります。精度向上(ミス削減)やコンプライアンス、オペレーターのストレス緩和のほか、トレーニングコストの削減、労働力不足対策、テナントや設備の削減も可能です。
金融業界において経験を長年積み重ねてきたアイティフォーだからこそ、高いセキュリティーや拡張性、柔軟なシステムをご提供し、総合的に金融機関様の業務を支援致します。

問い合わせ先
アイティフォー
CTI・通信システム事業部
[TEL]03-5275-7919
[URL]https://www.itfor.co.jp/cti/robotic-call.html
資料請求番号:2019
業務カテゴリ→チャネル

コンタクトセンターシステム

コンタクトセンターにおけるイン・アウトバウンド業務を支援するシステムです。

コンタクトセンターシステムは、インバウンドとアウトバウンド、営業店とコンタクトセンターなど様々なチャネル・業務を統合するシステムです。SIPベースにより短納期、低価格のシステム構築を実現します。インバウンド、受電集中、アウトバウンド、BLOCS(法人テレマ)などのアプリケーションにより構成されています。音声認識やテキスト化、FAQなどのご提案も可能です。
【インバウンド】
テレバン、資料請求、ローン受付などのインバウンド業務全般を支援します。
【受電集中】
営業店の受電をセンターに転送し、営業店負荷の軽減、応対品質の標準化を図ります。

【アウトバウンド】
DMフォロー、年金口座獲得などのテレマ業務など、アウトバウンド全般を支援します。

【BLOCS(法人テレマ)】
センターから行うビジネスローンのアウトバウンド業務の推進を支援します。

問い合わせ先
アイティフォー
フィナンシャルシステム事業部
[TEL]03-5275-7905
[URL]https://www.itfor.co.jp/solutions/finance/tcc/
資料請求番号:2020
業務カテゴリ→チャネル

店舗軽量化ソリューション

店舗と重要物保管設備の新しいカタチ
店舗軽量化をワンストップで実現

コンテナサイズのフレームユニットで、高いクオリティと最短50日という短工期を両立し、店舗計画の簡略化を実現する建築モジュール「モバイル店舗」。
組立式のコンパクトな構造に可動性と堅牢性を両立させたユニット型金庫室「モバイル金庫」、ユニット型書庫室「モバイル書庫」。
防盗・耐火金庫を備え、ICカードや暗証番号による認証制御でアクセス管理を実現するスマートな壁面収納庫「セキュアユニストレッジ2」。
計画調査から設計施工、運用後のサポートまでお客様の店舗戦略をワンストップでサポートします。

問い合わせ先
クマヒラ
企画部 企画室
[TEL]03-3270-4388
[URL]http://www.kumahira.co.jp/
資料請求番号:2021
業務カテゴリ→チャネル

受付番号呼出システム INC-300

見やすさ、わかりやすさが進化した受付システム

大きく操作しやすいタッチディスプレイで、ご来店されたお客様をストレス無くご案内。
順番が来たらどなたにも見やすくわかりやすい白色LEDの番号表示とともに、音声でお呼び出しいたします。

ホスピタリティーを損なうことなく、窓口業務を効率化できるシステムです。

発券機・アナウンス表示器・操作器の3点で構成され、発券機複数台の接続も可能。

お客様に合わせたフレキシブルな運用が可能です。

またオプションとして、設置の自由度が広がる発券機の無線LAN接続や窓口・業務ごとの待ち時間、処理時間などのデータを本部で一括管理し、窓口業務効率化、サービス向上にお役立ていただける機能。お呼び出し状況の大型ディスプレイ表示などもご利用いただけます。

ご来店されたお客様へのおもてなしに、ぜひご利用ください。

問い合わせ先
ローレルバンクマシン
営業企画部
[TEL]03-3502-3311
[URL]http://www.lbm.co.jp/
資料請求番号:2022
業務カテゴリ→チャネル

店舗向けインフォメーションシステム INC-SV

お客様と店舗、顧客情報と窓口をつなぐインフォメーションシステム

お客様の待ち時間を緩和したい、ご来店されたお客様の情報をサービス向上に活用したいなどのご要望はございませんでしょうか?

ぜひ、店舗向けインフォメーションシステム「INC-SV」をご検討ください。

発券機はスタイリッシュな形状で、どんな店舗でもインテリアを邪魔することなく設置できます。また視認性に優れたタッチディスプレイを搭載し、どのようなお客様も操作・発券しやすい画面デザインを採用しています。
取得したお客様情報は本部サーバーに集約、一括での集計が可能。各支店で報告を行う手間を削減します。各支店の発券機設定も、本部から一括変更が可能です。

さらに外部システムと連携させることにより、各支店の混雑状況をお客様ご自身で確認し混雑時を避けてご来店いただくことや、ご来店の事前予約によりスムーズなご案内が可能になるなど、顧客満足度を高める機能も幅広く備えております(オプション)。

ご来店前の予約から、ご来店後の待ち時間短縮、顧客情報に基づく窓口業務の効率化まで。
ネットワークや顧客情報との連携で、ご来店されたお客様のスムーズなご案内と、窓口業務の効率化を実現します。

問い合わせ先
ローレルバンクマシン
営業企画部
[TEL]03-3502-3311
[URL]http://www.lbm.co.jp/
資料請求番号:2023
業務カテゴリ→融資支援

債権管理システム CMS V5

個人・事業性融資の正常、初期延滞から代弁および償却までを一元管理するシステムです。

誰もがプロフェッショナルになるシステムとして、専門的な知識が無くとも、深い回収業務を実現します。顧客ごとの延滞傾向や注意事項をガイダンスで表示するほか、SMSやRPAとの連携により生産性を向上させます。個人に加え法人融資債権の管理が可能です。本システムは地方銀行様の7割超で導入されています。

【豊富な機能】
効果的な債権振分や、オートコール機能の活用、本人ヒット予測、再コール機能などにより、ヒット率や回収率の向上を実現します。督促状や住民票請求、事故報告書、代位弁済請求などの文書発行・期日管理を正確に実施し、督促漏れ・代弁漏れを防ぎます。

【営業店連携】
営業店と同じシステムを共有し、本部から営業店への面談・現調などの指示管理や情報共有が、ペーパーレスで可能です。

問い合わせ先
アイティフォー
フィナンシャルシステム事業部
[TEL]03-5275-7905
[URL]https://www.itfor.co.jp/solutions/finance/cms/
資料請求番号:2024
業務カテゴリ→融資支援

信用情報照会e-Acris(イーアクリス)シリーズ

個人信用情報を取扱うパイオニア
支えられて30年

個人信用情報を審査に有効活用するには、まず各信用情報機関毎の「独特」なデータ定義から、本人の債務情報を正確に把握し、さらに審査基準に則った個人信用力の判定が欠かせません。当システムは、個人信用情報機関毎の「独特な」回答フォーマットに替わり、誰が読んでも分かり易く統一化されたフォーマットにし、加えて信用力の判定結果を出力します。審査担当者に「優しく」、「属人性を排除した」システムです。また、自動化することにより審査スピードの向上と正確性に寄与し、個人ローンのように件数が多い商品の審査を行う際、大いに力を発揮します。

問い合わせ先
Profit Cube
信用情報ソリューション部
[TEL]03-4330-3034
資料請求番号:2025
業務カテゴリ→融資支援

SCOPE 個人ローン業務支援システム

個人ローン業務の申込受付から契約実行までをトータルに管理します。

【個人ローン業務支援システム】
融資審査業務のスピードアップや標準化を目的としたシステムです。
インターネットやFAX、タブレット経由での申込受付から、外信照会結果との連携、審査判定、契約書印刷までをトータルで管理します。自動審査チェックロジックの実装により、審査判定業務の高度化と審査業務の負担軽減を実現し、金融機関で110を超える導入実績を有します。
【各種審査に対応】
無担保ローン審査、住宅ローン審査、途上与信などの各モジュールで構成されており、本部集中化や保証会社、営業店との各種連携が可能です。
【最新のソリューションを提供】
RPAやAI-OCR、電子契約などの最新ソリューションを取り入れ、審査業務の高度化を実現します。反社情報の照会業務や自主規制などの制度変更にも迅速に対応します。
【審査モデルサービス】
審査のスコアリングモデルを構築し、初期審査から途上管理、住宅ローンの収益管理などを実現します。また、アラームシステムは、顧客の属性や取引内容に現れた変動から延滞が発生する可能性を事前に把握し、顧客への適正な対策を早期に行うことで、延滞を未然に防ぎます。

問い合わせ先
アイティフォー
フィナンシャルシステム事業部
[TEL]03-5275-7905
[URL]https://www.itfor.co.jp/solutions/finance/scope/index.html
資料請求番号:2026
業務カテゴリ→融資支援

自動ローン審査システム QUANTUM(クオンタム)

個人信用情報照会システムと連携
金融機関が蓄積しているデータを活用

本システムは住宅ローン、カードローン等の個人向け融資業務において、当社の個人信用情報照会システムe-Acrisシリーズと連携して金融機関が審査を行えるよう、審査業務を支援するものです。金融機関が保有する申込者の情報量や条件に応じて、自動的に最適な審査モデルを選択し、適正な審査を進めることができます。また、申込時の情報と取引実行後の情報を紐づけてデータベースに格納することができるため、審査モデルの構築やその見直しにも活用が可能です。更に操作面では、ワークフローを実現、申込入力が完了すると、「ワンクリック」で自動的に審査判定を実行します。

問い合わせ先
Profit Cube
信用情報ソリューション部
[TEL]03-4330-3034
資料請求番号:2027
業務カテゴリ→融資支援

タブレット、Web申込受付システム

個人ローン業務の申込受付を自動化・効率化します。

【タブレット、Web申込受付】
PC、スマートフォン、タブレットなどの非対面チャネルからのローン受付が可能です。審査支援システムとの自動連携により、行内の事務コストをかけない個人ローン受付が可能となります。 申込に必要な申込内容データと付属資料は、携帯・スマホ・タブレットからの写真撮影で申込データに連携された形で、審査支援システムにリアルタイムに連携されます。入力サポート、入力不備チェックやマイページ機能を有します。

【個人ローンWeb完結システム】
個人ローンの申込から契約締結までをWeb完結で処理します。最新の申込・受付機能を有するWeb申込受付システムと、電子契約手続き機能を有する電子契約モジュールをベースに、Web完結を実現します。

【電子契約】
審査支援システムなどから出力されたローン契約書のPDFファイル上に、金融機関、顧客の双方が電子署名を行うことで契約を実現するシステムです。

問い合わせ先
アイティフォー
フィナンシャルシステム事業部
[TEL]03-5275-7905
[URL]https://www.itfor.co.jp/solutions/finance/scope/index.html#tablet
資料請求番号:2028
業務カテゴリ→融資支援

統合融資管理ソリューション FinnOne Neo

販売数世界No.1の融資ソリューション
融資業務の全てのライフサイクルをサポート

ヌークレアス・ソフトウェアのFinnOne Neoは、Neutrinoフレームワークに基づいて構築された次世代の融資ソリューションです。Neutrinoはお客様に必要なIT基盤を提供する独自の高度なテクノロジ・フレームワークです。
FinnOne Neoは、融資案件の獲得から、正確で迅速な与信判断、総合的なローンサービス、および高度な延滞管理に至るまで、ローンのライフサイクル全体をデジタル化するのに役立ちます。
FinnOne Neoは英国IBS誌によって10年以上にわたり世界で最も売れた融資ソリューションとして認められてきました。

問い合わせ先
日本ヌークレアス・ソフトウェア
営業部
[TEL]03-6269-9990
資料請求番号:2029
業務カテゴリ→融資支援

モバイル融資 FinnOne Neo Mobility

場所と時間を選ばない融資業務の効率化
顧客セルフサービスによる顧客満足度の向上

FinnOne Neo Mobilityを利用する事によって、金融機関は時間と場所を選ばない効率的でタイムリーな融資業務の運用が可能になりコスト削減、収益向上が可能になります。
顧客はセルフサービス機能を使うことでタイムリーに幅広いサービスを享受でき新たな顧客獲得の機会が生まれます。
与信審査のためのmCAS、延滞債権回収のためのmCollect、顧客によるセルフ・アプリケーションのためのmApply、顧客セルフ・ローンサービスのためのmServeなど、FinnOne Neo Mobilityには多くのサブモジュールが用意されております。

問い合わせ先
日本ヌークレアス・ソフトウェア
営業部
[TEL]03-6269-9990
資料請求番号:2030
業務カテゴリ→融資支援

融資予測分析ソリューション Lending Analytics

データドリブンな融資予測分析ツール
専門家を必要としない直感的で容易なオペレーション

Lending Analyticsを使用することで、融資業務全体でデータドリブンの意思決定をシームレスに実行でき、効果的な信用リスク管理、案件化率の向上、顧客経験の向上、延滞率の削減のための早期対処などが可能になります。
機械学習とテキストマイニングの最先端技術により構築された意思決定モデル、ビジネス戦略マップを通じた情報に基づくビジネス意思決定を可能にする強力なソリューションです。
また、ソーシャルメディアや顧客との対話履歴など複数チャネルから得られた定性的で非構造化データからAIを活用する事で顧客動向の洞察を可能にします。

問い合わせ先
日本ヌークレアス・ソフトウェア
営業部
[TEL]03-6269-9990
資料請求番号:2031
スペース