トップページ > FIT事例ウェビナー・その他イベント > 地域金融機関のデジタル化トピックの先取り紹介
2024.07.09

地域金融機関のデジタル化トピックの先取り紹介

7月31日(水)開催 
2025年 ここまで進む!地域金融機関のデジタル化
~“つながり”を生み出すオープンファイナンス~

金融オープンシステムが動き始めています。クラウドやAPIを利用し、新たなサービスを創り出す―そんな未来がすぐそこまで来ています。
2025年は、預金・貸付・為替など全ての金融サービスに関わる情報が、業界を超えて活用される社会として第一歩を踏み出す年になるかもしれません。いま地域金融機関を中心に何が起きているのか、そして2025年は何が起きるのでしょうか。 本イベントでは講師に、勘定系システムのパブリッククラウドへの移行を果たした紀陽銀行IT戦略室 シニアアドバイザー兼紀陽情報システム株式会社 代表取締役副社長 大西 徹 氏を迎え、金融界のDX化をリードする紀陽銀行の現場から見たクラウドとBaaSへの取り組みを伺います。
また海外と比較した国内金融機関のデジタル化の現実を弊社特別顧問 小俣 修一よりお話させていただきます。

※オンライン配信はありません

スポンサー会員ではセミナー登録できません。FIT個人会員として再登録願います。

カテゴリ
FIT事例ウェビナー・その他イベント
受講資格
OPEN
どなたでもご受講いただけます
※競合企業など一部の方はご受講をお断りする場合があります
イベント開催日
2024年07月31日 (水)
開始時間
開始時刻:13:30(受付13:00~)
終了時刻:15:10
会場
第2ニッキンホール
東京都千代田区九段南4丁目4−1



JR市ヶ谷駅から徒歩5分
申込締切
2024年07月29日 (月)23:59
受講料
無料
募集人数
50人 (先着順・事前登録制、定員になり次第締め切り)
主催
日本金融通信社
共催
申し込み
イベントに申し込む

会員の方のみご利用になれます。

新規会員登録

セミナースケジュール

※講演タイトル、講師等は予告なく変更する場合があります。予めご了承下さい。

13:00
受付開始
13:30
|
14:00
地域金融機関におけるDX戦略の取り組み

紀陽銀行 
IT戦略室 シニアアドバイザー兼
紀陽情報システム株式会社 代表取締役副社長
大西 徹

1985年、紀陽銀行に入行。2012年から事務システム部長、2018年からIT戦略室長を歴任、2022年からシニアアドバイザーに就任。また、2022年から紀陽情報システム代表取締役副社長を兼務。銀行合併のシステム統合、勘定系システムの導入など、数十億円から百億円規模のプロジェクトを統括。銀行業の高度化、地域のDX推進の売上数千億円規模の企業のITコンサルや、大学のデータインテリジェンス部門のアドバイザーにも従事。

14:00
|
14:40
デジタルバンキング最新事情~2024年 欧米の動向~

日本金融通信社
特別顧問
小俣 修一

1979年慶応大大学院工学研究科修了。地域金融機関の企画部門に勤務。その後コンパックコンピュータ、NTTソフトウェア等を経て、2005年にアカマイ・テクノロジーズ代表取締役、米国本社バイスプレジデント、日本法人会長を歴任。16年から日本金融通信社(ニッキン)特別顧問。20年からみんなの銀行 取締役 監査等委員 兼務。

14:45
|
15:00
デジタルバンキング展(DBX2025)について

15:00
|
15:10
Q&A

申し込み
イベントに申し込む

会員の方のみご利用になれます。

新規会員登録
カテゴリ






ホワイトペーパーの
ダウンロードは
こちらから

今すぐダウンロード





導入事例のご紹介は
こちらから

ページ上部へ TOP