ホーム > ニュースリリースの一覧 > 城南信用金庫、『POWER EGG』を導入 -「城南働き方大改革」に向け、役職員一人ひとりの生産性を向上 -
ニュースリリース

城南信用金庫、『POWER EGG』を導入 -「城南働き方大改革」に向け、役職員一人ひとりの生産性を向上 -

2019/08/07 ディサークル

ディサークル株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:西岡 毅、以下 ディサークル)と三谷産業株式会社(本社:石川県金沢市/代表取締役社長:三谷 忠照)は、城南信用金庫へ、統合型コラボレーションツール「POWER EGG(パワーエッグ)」を提案し、採用の決定を受けました。本稼働は2019年10月を予定しています。
「POWER EGG」は、グループウエア、汎用申請ワークフロー、Webデータベース等の機能を保有しており、「POWER EGG」の導入により業務プロセスが可視化され、既存業務のペーパーレス化および大幅な業務の効率化を実現します。
近年は特に金融機関における導入が急増しており、2016年3月末の12行庫から2019年7月末には41行庫と約3年間で3倍以上に増加しています。(※金融機関以外を含む全体の導入実績は補足情報【POWER EGGについて】をご覧ください。)
今後もディサークルは、金融機関への豊富な導入実績をもとに、さまざまな業種へ「POWER EGG」の展開を加速していきます。

ご質問やご要望、お見積り依頼など
どんなことでもお気軽にご相談下さい。
この記事を書いた投稿者
ディサークル
POWER EGG3.0 ─仕事のあり方を再定義する統合型コラボレーションツール
関連記事の一覧

ページ上部へ