ホーム > 事例紹介の一覧 > Lloyds Banking Group、ユーザーログイン時のセキュリティトークン要求を削減 詐欺被害による損害を30パーセント継続的に削減
事例紹介

Lloyds Banking Group、ユーザーログイン時のセキュリティトークン要求を削減 詐欺被害による損害を30パーセント継続的に削減

2018/09/20

ThreatMetrixソリューションは、ログイン時にリピートユーザーと潜在的な犯罪者を区別します。これによってLloyds Banking Groupは、リモートアクセス セッションを含む高リスクまたは異常なログインの試みを正確に検知しながら、ユーザーのわずらわしさを解消しました。

ご質問やご要望、お見積り依頼など
どんなことでもお気軽にご相談下さい。

ページ上部へ