ホーム > 事例紹介の一覧 > 【金融×Webサイト改善】事例紹介:プライスリーダーからゲームチェンジャーへ。SBI損保の新たな挑戦
事例紹介

【金融×Webサイト改善】事例紹介:プライスリーダーからゲームチェンジャーへ。SBI損保の新たな挑戦

2021/10/07 Kaizen Platform

1999年の創業以来、「お客様にとって、今本当に必要なサービスは何か」を常に考え、金融の分野においてさまざまな挑戦を続けてきたSBIグループ。

なかでも、保険部門の中核企業であるSBI損害保険株式会社(以下、SBI損保)では、テクノロジーを活用した新たなサービスやスマホアプリの開発にも注力しています。

2020年より「プライスリーダーからゲームチェンジャーへ」をコーポレートスローガンに掲げる同社。Kaizen Platformとの取り組みを通し、自社サイトのUI・UX改善施策にどのように向き合ったのか探っていきます。

ご質問やご要望、お見積り依頼など
どんなことでもお気軽にご相談下さい。
この記事を書いた投稿者
Kaizen Platform facebook twitter
累計取引企業500社以上、累計施策数30,000回以上。DXからUXまで顧客体験をカイゼンするKAIZEN PLATFORMでは、DXやUXの領域における戦略立案と、それを実施するサービスを提供しています
関連記事の一覧

ページ上部へ