ホーム > 事例紹介の一覧 > 【DX人材育成】自ら問いを立て答えをつくる人材教育研修を実施。戦略実行までも見据えた伴走支援の裏側
事例紹介

【DX人材育成】自ら問いを立て答えをつくる人材教育研修を実施。戦略実行までも見据えた伴走支援の裏側

2022/04/26 Kaizen Platform

ECの普及に伴い、物流のニーズが高まる一方で、人口減少などによる人手不足が社会問題にまでなっている物流業界。ロジスティクスサービスを事業の中核として展開するセンコーグループホールディングス株式会社においても同様の課題を抱えていました。

そこで同社ではヒトの業務やノウハウをデジタル化すべく、センコー株式会社に2020年にDX推進部が発足。デジタルを用いた事業変革に取り組んでいます。

そしてこの度、Kaizen PlatformではDXコンサルティングの一環として、社内大学であるセンコーユニバーシティとセンコー㈱DX推進部とともに、DX人材育成のためのワークショップの企画・実行を支援させていただきました。

今回はセンコーユニバーシティ部長 南里様、DX推進部 部長 吉田様、そしてワークショップに参加された畑様、段坂様に、取り組みの背景から実際にワークショップを受講してみての感想や気づき、また今後の展望について伺いました。

ご質問やご要望、お見積り依頼など
どんなことでもお気軽にご相談下さい。
この記事を書いた投稿者
Kaizen Platform facebook twitter
累計取引企業500社以上、累計施策数30,000回以上。DXからUXまで顧客体験をカイゼンするKAIZEN PLATFORMでは、DXやUXの領域における戦略立案と、それを実施するサービスを提供しています
関連記事の一覧

ページ上部へ