ホーム > ニッキンITヘッドラインの一覧 > 地域銀行がデジタル化で共同出資会社設立 共通基盤を構築しネットバンキング契約者以外にもサービス提供が可能に
ニッキンITヘッドライン

地域銀行がデジタル化で共同出資会社設立 共通基盤を構築しネットバンキング契約者以外にもサービス提供が可能に

2018/09/06

地域銀行のデジタル化対応で共同出資会社の存在感が増している。千葉銀行など6行の出資会社は4月までにオープンAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)の共通基盤を構築。池田泉州銀行など7行も6月に新会社を設立した。考えを共有する複数行が費用や知恵を出し合うことで、より質の高いサービス開発を目指している。〔2018年8月24日号6面〕

ページ上部へ