ホーム > ニッキンITヘッドラインの一覧 > 日銀が決済・商流データの活用を促す、財務会計業務を効率化
ニッキンITヘッドライン

日銀が決済・商流データの活用を促す、財務会計業務を効率化

2019/07/02

日本銀行はフィンテックの進展などにより、企業や金融機関の決済・商流データの活用を促している。インターネットバンキングやオープンAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)の普及で、企業は必要な決済データの迅速で効率的な入手が可能なほか、全銀EDI(ZEDI)の稼働で決済・商流データの統合的な活用への素地が整った。「財務会計の完全デジタル化は企業経営の高度化につながる」と期待している。〔2019年6月21日号2面〕

ページ上部へ