ホーム > ニッキンITヘッドラインの一覧 > 地方銀行が地方自治体に「スマートフォン税金収納」推進、CNS(地銀ネットワークサービス)のスキーム活用
ニッキンITヘッドライン

地方銀行が地方自治体に「スマートフォン税金収納」推進、CNS(地銀ネットワークサービス)のスキーム活用

2019/11/14

地方銀行は地方自治体に対し、住民が手軽に税金を支払える「スマートフォン収納」の導入提案を強化している。これまでに46行が240自治体の導入を支援。2020年4月までに、さらに27先が利用を始める。地銀が活用する地銀ネットワークサービス(CNS)の収納スキームに9月からPayPay(ペイペイ)が対応したことで、今後は収納件数も大幅に増える見通しだ。〔ニッキン2019年11月1日号6面〕

ページ上部へ