ホーム > ニッキンITヘッドラインの一覧 > 地域銀行がアプリ使い保険活用 証券情報から保障の過不足を可視化
ニッキンITヘッドライン

地域銀行がアプリ使い保険活用 証券情報から保障の過不足を可視化

2020/06/02

地域銀行がアプリを活用した保険提案に関心を寄せている。健康増進アプリを提供するSOMPOひまわり生命保険は4月、アイリックコーポレーション(IRC)の保険提案システムとAPI(データ連携の接続仕様)連携を開始。保障額の過不足を簡単に可視化できるようになり、「銀行はスムーズな保険見直し提案につなげられる」(ひまわり生命・金融機関推進部)という。今夏にも第1号の導入行が決まる見通しだ。〔ニッキン2020年5月22日号7面〕

ページ上部へ