ホーム > ニッキンITヘッドラインの一覧 > [特集フロントライン]「脱ハンコ」で業務のあり方見直しへ
ニッキンITヘッドライン

[特集フロントライン]「脱ハンコ」で業務のあり方見直しへ

2020/08/11

押印に関わる業務の見直しが、金融界でも本格化している。金融庁は6月25日に検討会を設置し、手続きの電子化やテレワーク推進について協議していく。本特集では「脱ハンコ」を支援する先進2社を紹介する。
銀行界は、官公庁とならんで「ハンコ文化」の象徴といわれてきた。しかし、生産性向上を目指した業務改革への取り組みは、着実に進められている。大手行では、印鑑を使わない口座開設や、電子署名で融資の契約を完結できるようにするなど、サービスの高度化を図っている。〔ニッキン2020年7月31日13号面〕

ページ上部へ