ホーム > ニッキンITヘッドラインの一覧 > 信用金庫のネット支店新設が鈍化 スマホアプリで非対面サービスに対応
ニッキンITヘッドライン

信用金庫のネット支店新設が鈍化 スマホアプリで非対面サービスに対応

2020/11/10

信用金庫の間で「インターネット支店」を設ける動きが鈍っている。本紙調査では、2017年度は5信金が新設したが、18、19年度は2信金ずつだった。20年度も、現在までに鹿児島信用金庫だけにとどまっている。スマートフォン向けアプリケーションなどが普及してきたため、「課題として検討しつつ、あえて作らなくても良いという考え方が広がっている」(信金業界関係者)。〔ニッキン2020年10月30日号8面〕

ページ上部へ