ホーム > ニッキンITヘッドラインの一覧 > コロナ禍で米銀行界がバーチャル支店に関心
ニッキンITヘッドライン

コロナ禍で米銀行界がバーチャル支店に関心

2020/11/10

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、米銀行界でバーチャル支店への関心が高まっている。同支店は銀行アプリなどに搭載されたチャットや電話、ビデオ通話が一体となったコミュニケーションツールで、顧客は適した手段を選び行員に相談ができる。シティグループ(G)では試験導入を始めている。〔ニッキン2020年10月30日号5面〕

ページ上部へ