ホーム > ニッキンITヘッドラインの一覧 > 広島銀行が印鑑レス・ペーパーレスを推進 タブレット端末で手続き可能な取引拡大
ニッキンITヘッドライン

広島銀行が印鑑レス・ペーパーレスを推進 タブレット端末で手続き可能な取引拡大

2020/11/24

【広島】広島銀行は、顧客向けと内部の印鑑・ペーパーレス化を積極的に推進している。〝脱・ハンコ〟の流れが加速するなか、顧客の利便性向上と事務効率化を図るのが狙い。今後、店頭のタブレット端末で手続き可能な業務範囲を広げる考え。本部では23万枚の紙レス化を実現するなど効果も出ている。〔ニッキン2020年11月13日号6面〕

ページ上部へ