ホーム > ニッキンITヘッドラインの一覧 > 地域銀行や信用金庫がスマホ学習のプラットフォームを整備
ニッキンITヘッドライン

地域銀行や信用金庫がスマホ学習のプラットフォームを整備

2021/06/15

地域銀行や信用金庫の行職員がスマートフォンなどで自主学習できる教育プラットフォームの整備が進んできた。NTTデータは5月24日、地域銀行の全行員約2万5千人を対象に学習サイトの提供を始めた。信金界では、信金中央金庫が提供するeラーニング「Sels」(セルズ)の受講登録者が半年で8万人を超え、金融界最大規模になった。コロナ禍の影響で、教育分野のデジタル化が急加速している。〔ニッキン2021年6月4日号1面〕

ページ上部へ