トップページ >  ニッキンITヘッドラインの一覧  > 金融庁が共同基盤を使い海外融資を分析、2025年度に全行データ集約
2023.11.09

金融庁が共同基盤を使い海外融資を分析、2025年度に全行データ集約

facebook twitter
記事を保存する

会員の方のみご利用になれます。

金融庁は、日本銀行と共同で構築するデータ基盤を使って、銀行の海外向け融資リスクを分析する。政府内で、海外企業の財務データを分析対象に加える案が浮上しており、近く取りまとめる経済対策に方向性を盛り込む見通し。共同基盤は9月期から正式に稼働。2025年度までに、全銀行の国内外融資データを四半期ごとに集約する環境を整える計画だ。〔ニッキン2023年10月20日号1面〕

facebook twitter
記事を保存する

会員の方のみご利用になれます。

ログイン(要会員登録)で、本文の閲覧や記事のお気に入り登録ができます。
ニッキンの購読のお申し込みはこちらから。

関連記事の一覧

カテゴリ
タグ






ホワイトペーパーの
ダウンロードは
こちらから

今すぐダウンロード





導入事例のご紹介は
こちらから

ページ上部へ TOP