トップページ >  ニッキンITヘッドラインの一覧  > 銀行界、ステーブルコイン始動、データ流通など波及期待
2024.04.11

銀行界、ステーブルコイン始動、データ流通など波及期待

facebook twitter
記事を保存する

会員の方のみご利用になれます。

銀行界で、法定通貨を裏付けに分散台帳(ブロックチェーン)で発行される「ステーブルコイン」が始動する。北国銀行が提供を予定するほか、一部銀行は2024年度中にも手がける見通し。データ流通や新たな金融商品の利用促進など副次効果を期待する声もある。既存の決済手段では実現できないメリットを提供できるか注目される。〔ニッキン2024年3月15日号15面〕

facebook twitter
記事を保存する

会員の方のみご利用になれます。

ログイン(要会員登録)で、本文の閲覧や記事のお気に入り登録ができます。
ニッキンの購読のお申し込みはこちらから。

関連記事の一覧

カテゴリ
タグ






ホワイトペーパーの
ダウンロードは
こちらから

今すぐダウンロード





導入事例のご紹介は
こちらから

ページ上部へ TOP