トップページ >  ニッキンITヘッドラインの一覧  > 120行が共同機構利用、マネロン対策底上げ
2024.04.23

120行が共同機構利用、マネロン対策底上げ

facebook twitter
記事を保存する

会員の方のみご利用になれます。

マネー・ローンダリング対策共同機構が4月から始める「業務高度化支援サービス」を、全地域銀行99行を含む国内銀120行が利用する見込みだ。2025年4月からのAI(人工知能)スコアリングサービスも有効性の検証段階に入り、24年度上期から本申し込みを受け付ける。25年以降に予定される金融活動作業部会(FATF)の第5次相互審査に向け、マネロン対策の底上げが本格化する。〔ニッキン2024年3月29日号1面〕

facebook twitter
記事を保存する

会員の方のみご利用になれます。

ログイン(要会員登録)で、本文の閲覧や記事のお気に入り登録ができます。
ニッキンの購読のお申し込みはこちらから。

関連記事の一覧

カテゴリ
タグ






ホワイトペーパーの
ダウンロードは
こちらから

今すぐダウンロード





導入事例のご紹介は
こちらから

ページ上部へ TOP