ホーム > 事例紹介の一覧 > 地銀DX先駆者「伊予銀行」がデジタルタッチポイントの一つにHelpfeelを採用。非対面での顧客接点の中核を担う
事例紹介

地銀DX先駆者「伊予銀行」がデジタルタッチポイントの一つにHelpfeelを採用。非対面での顧客接点の中核を担う

2021/10/13 Nota

愛媛県松山市に本店を置く株式会社伊予銀行。近年は「伊予銀行はD-H-D Bank(Digital - Human - Digital Bank)へ」をスローガンにデジタル化を積極的に推進しています。そんな同行がウェブ上での顧客体験の向上を目指して2021年に検索型FAQ「Helpfeel」を導入いただきました。今回は、同行 営業本部 ビジネスマーケティング部 課長の高橋 竜平様と橋本 理絵様に、Helpfeel導入の経緯や効果についてお話を伺いました。

ご質問やご要望、お見積り依頼など
どんなことでもお気軽にご相談下さい。
この記事を書いた投稿者
Nota facebook twitter
どんな質問にも答えられる本当に役立つFAQシステム
Helpfeelがお客様の質問になんでも答え、CS担当者やコールセンターの負担を減らします。
慶應義塾大学の増井俊之教授によって研究された世界初のアルゴリズム「意図予測検索」を搭載し、人ごとに微妙に違ってくる曖昧な言葉の表現や、感覚的な言葉の表現、スペルミスなどにも対応します。
Helpfeelの導入企業ではユーザーの自己解決力が向上し、高い満足度とサービスに対する信頼感へ繋がっています。
関連記事の一覧

ページ上部へ