ホーム > ニッキンITヘッドラインの一覧 > スマホでの共通手続き基盤「エアポスト」への加入が拡大 メガバンクや大手証券、生損保が参加
ニッキンITヘッドライン

スマホでの共通手続き基盤「エアポスト」への加入が拡大 メガバンクや大手証券、生損保が参加

2020/09/01

銀行、証券会社、カード会社など金融業界から幅広く注目を集める共通手続きプラットフォーム「AIRPOST(エアポスト)」。各金融機関への住所・属性変更などの諸手続きを一度で行えるもので、参加を表明している金融機関は19社で、検討先も含めると約40機関と増えてきた。〔ニッキン2020年8月21日号3面〕

ログイン(要会員登録)すると本文がお読みいただけます。
関連記事の一覧

ページ上部へ