ホーム > ニッキンITヘッドラインの一覧 > 金融サービス仲介業が誕生 変革迫る“新たな担い手”
ニッキンITヘッドライン

金融サービス仲介業が誕生 変革迫る“新たな担い手”

2020/10/27

2021年後半にも、銀行、証券会社、生損保会社の商品を、業態をまたいで取り扱うことができる金融サービス仲介業がスタートする。金融庁が想定するのは、家計簿アプリやクラウド会計ソフトなど、一定の顧客基盤を持つオンライン型のサービスを手掛ける事業会社の参入だ。デジタル化に足踏みする金融機関にとっては、これまで接点を持つことができなかった顧客にアプローチする機会の創出につながる。その半面、顧客接点が“新たな担い手”にシフトすることで、営業戦略の変革を迫られそうだ。〔ニッキン2020年10月16日号1面、ニッキンプラザ「フォーカス+(プラス)」〕
《写真:コロナ禍で金融分野でも非対面取引への移行が加速している。》

ページ上部へ