ホーム > ニッキンITヘッドラインの一覧 > 信用組合が個人ローン営業にAI活用 データを分析し見込み客を順位付け
ニッキンITヘッドライン

信用組合が個人ローン営業にAI活用 データを分析し見込み客を順位付け

2021/03/04

信用組合が個人向けローンの営業に人工知能(AI)の活用を始める。口座の動きや属性を分析し、ニーズがありそうな顧客を順位付けするサービスをNTTデータが開発した。試験営業では、上位3%に入った顧客が成約案件のうち6割程度を占める結果が出ている。複数信組が導入を検討しており、4月にも関東地区信組が利用をスタートさせる。〔ニッキン2021年2月19日号9面〕

ページ上部へ