ホーム > ニッキンITヘッドラインの一覧 > 不適切な保険請求をAI利用して自動検知
ニッキンITヘッドライン

不適切な保険請求をAI利用して自動検知

2022/01/04

日本損害保険協会は、悪質な住宅修理業者の関与が疑われる保険金請求事案を検知するツールの開発を進めている。2021年度下期から、一部の会員損保会社によるトライアルテストを実施。将来的に、人工知能(AI)で不適切な請求を検知できる仕組みの構築を目指す。〔ニッキン2021年12月24日号16面〕

ページ上部へ