ホーム > ニュースリリースの一覧 > 導入事例:北海道エリアで先陣を切って、日本通運が電子契約サービス「WAN-Sign」を導入 紙と電子の契約を一元管理することで、ペーパーレス化、テレワークを強力推進!
ニュースリリース

導入事例:北海道エリアで先陣を切って、日本通運が電子契約サービス「WAN-Sign」を導入 紙と電子の契約を一元管理することで、ペーパーレス化、テレワークを強力推進!

2020/09/17 GMOグローバルサイン・ホールディングス

1937年の創立以来、日本国内から、世界へと広範なネットワークを築き上げてきたグローバル物流企業である日本通運株式会社は、「私たちの使命 それは社会発展の原動力であること、私たちの挑戦 それは物流から新たな価値を創ること、私たちの誇り それは信頼される存在であること」をグループ企業理念として、物流事業を展開しています。日本通運は、北海道を管轄する札幌支店で電子契約サービス「WAN-Sign」を導入しています。

ご質問やご要望、お見積り依頼など
どんなことでもお気軽にご相談下さい。
この記事を書いた投稿者
GMOグローバルサイン・ホールディングス
電子契約・電子署名の要である電子認証局を日本国内発からグローバルで展開。認証局としては最高位のルート認証局になり国内およびグローバル地域でTOPシェアを獲得していますがこの度、日本通運グループのワンビシアーカイブズ社と共同開発し安心安全な電子契約・契約管理サービスWAN-Singを提供開始。
関連記事の一覧

ページ上部へ